月面着陸は捏造?(1)月面着陸に関する『陰謀論』と呼ばれてきた噂をまずはざっと挙げておくよ【久賀原鷹彦】

月面着陸は捏造?(1)月面着陸に関する『陰謀論』と呼ばれてきた噂をまずはざっと挙げておくよ【久賀原鷹彦】

月面着陸の捏造説はおおまかに2つある

月面着陸は嘘だとする陰謀論とは、アメリカが1960年代から1970年代にかけて行ったアポロ計画(人類の月面着陸計画)に関して、NASAが公式に発表したこととは異なる真実があった、アメリカ政府がソビエト連邦との宇宙開発競争に勝つために捏造したとする説。

この陰謀論には大きく分けて2つの種類がある。

(1)捏造説・ムーンホークス説

月面着陸の捏造説はおおまかに2つある

人類が月面着陸したというのは、アメリカの嘘(でっち上げ)であるという説。

ムーンホークス説とは、人類が月面着陸したというのはアメリカの嘘であるという陰謀説。この説は1974年にビル・ケイシングという人物が本を出版して広まった。ムーンホークスとは「月のインチキ」という意味。

この説の支持者は、アポロ計画の写真や映像に不自然な点が多いと主張し、当時の技術では月に到達することが不可能だったことなどを根拠に、月面着陸は地球上のスタジオで撮影されたと信じている。

(2)宇宙人・文明存在との遭遇隠蔽説

月面着陸した際、宇宙飛行士が一般的に公表されていないもの(宇宙人やUFOなど)を見たが、それをアメリカが隠蔽しているとする説。

以下は噂とそれに対する政府の反論。

★月面には宇宙人の基地がある。これは、月の裏側にある秘密基地で、宇宙人とNASAが共同で研究を行っているところだ。

(反論)月の裏側に秘密基地があるという証拠はなく、月面探査車や衛星の画像にもそのような基地は写っていない。また、月の裏側には地球との通信ができないため、宇宙人とNASAが連絡を取ることも不可能。

★月面には宇宙人の建造物がある。これは、月の表面にある正方形や円形、ピラミッドなどの形をした物体で、宇宙人が作ったものだ。

(反論)月面にある正方形や円形、ピラミッドなどの形をした物体は、自然にできた岩やクレーターであり、宇宙人が作ったものではない。これらの物体は、光の反射や影の効果で、人間の目には不自然に見えることがあるが、それは錯覚や認知バイアスによるもの。

★月面には宇宙人の乗り物がある。これは、月の表面にある円盤型や三角形などの形をした物体で、宇宙人が使っているものだ。

(反論)月面にある円盤型や三角形などの形をした物体は、アポロ計画で使われた人工物や宇宙ゴミであり、宇宙人が使っているものではない。これらの物体は、NASAが公開した月面の地図やインベントリに記録されている。

久賀原鷹彦の世界の動向 | cyuncore (キュンコレ)

関連記事

ハマスはパレスチナ樹立阻止のために造られた組織?【Ku】イスラエルとパ...

【OpenAI】chatGPTを使っていた『潜在的なサイバー犯罪者』5...

闇の未来年表(1)昨今の物価高は『私有財産の廃止』を目指すWEFのシナ...

通貨リセット(5)BRICS共通通貨の開発が始まる?【久賀原鷹彦】...

パンデミック条約(1)ワクチン義務化に?2024年5月採択予定の『パン...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。