モテる秘訣は「品」にあり!上品な色気の作り方

品のある女性って素敵ですよね。多くの大御所と呼ばれる女優さんたちがそうであるように、ゆったりした動作やそこにいるだけで瑞々しい色気を感じられる女性は年齢を問わず誰からも愛されるものです。

しかし、一口に色気と言っても一歩間違えれば下品な色気になってしまうことも・・・。本当にモテる女性の色気には「品」がなくてはなりません。一旦「下品な女性」という印象を与えてしまうと、そのイメージを払拭するには多大な労力と時間を要します。

今回は上品な色気のある女性になるために、抑えておくべき3つのポインをご紹介します。

露出は最小限に

上品な色気と下品な色気の最もわかりやすい違い、それは「露出度の高さ」です。下品な色気というのはすなわち「プレイボーイ」の表紙のような、大胆な露出のことを指します。もちろん世の中の大半の男性は露出度の高い女性は好きなもの。ですが、常日頃から大胆な露出をしている女性を「品がある」とは呼べませんね。

逆に上品な色気とは最小限の露出から醸し出されるものです。手首・足首・首の3首の露出さえ押さえておけば、女性は色っぽく見えるもの。それ以外の場所は隠しておくのが得策でしょう。胸の谷間や太ももなどを大胆に露出するのは確かにセクシーですが、セクシーは必ずしも上品な色気とは結び付かないのです。

特に、本当にモテる上品な女性というのは追いかけられるもの。男性の「隠されている部分を暴きたい」という欲求を上手く駆り立てることで大胆な露出をせずとも色気を醸し出すことができるのです。

例えばシャツの袖をまくる、髪をアップにしてうなじを見せる、ストラップ付のハイヒールを履くなど普段のお洋服を少しアレンジするだけで上品な色気のある女性に変身することは意外と簡単。まずは憧れの女優さんやモデルさんなどの衣装を参考に、お手持ちの服装を見直してみましょう。

大切なのは「しっとり感」

人間大切なのは性格・・・とはいえ、先ほどのお洋服の例のように外見も印象を左右する大切な要因です。上品な色気のある女性には、他の女性にはない「しっとり感」があります。古来より、女性は髪・爪・肌が美しいと美人に見えると言われています。その3点を上手く抑えることで上品な色気のある女性に見えるのです。

では、上品な色気のある女性の「しっとり感」とは一体なんなのでしょうか。健康的に妬けた小麦色の肌も素敵ですが、やはり色白でたっぷりと水分を含んだハリのある肌こそが上品さを醸し出していると言えるでしょう。きれいにカラーリングされた髪も素敵ですが、それよりもパサついておらずまとまりのある髪の方が上品に見えるのは誰の目から見ても明白です。

つまり、上品な色気のある女性の「しっとり感」とは「潤い」に他なりません。お肌や髪の潤いは毎日の食生活や睡眠から生まれるもの。一朝一夕に手に入るものではないからこそ周囲の人々の羨望の的になることができるのです。

野菜やお肉、炭水化物をバランスよく摂り、十分な睡眠を摂って健康的ながらも上品なしっとり感を手に入れましょう。美容院やエステなどの力を借りるのも良いですし、今使っている化粧品やシャンプーなどを見直すのも大切です。また、お酒やたばこなどもお肌と髪の大敵。無理に辞めろとは申しませんが、フルーツなどを食べるようにしたりとしっかり補給することを忘れないようにしましょう。

 

関連する記事


傍から見るとこんなにイタい!アラサー女性のNG行動4つ

モテない理由はこれだった?!男性が「女に見れない」非モテ女性の特徴4つ

外国人男性にモテる「彼女にしたい日本人女性」の特徴

モテたいなら守られ上手になろう!男性が守りたくなる女性の特徴4つ

【モテ?非モテ!?】男性があの子良いなと意識する女性の行動

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

ヨルダ

関西出身のアラサー主婦。元ホステスの経験を活かして恋愛ノウハウから人間関係まで幅広く役立つ情報をお届けします。特技は料理とお酒をたくさん吞めること。現在は一児の母として日々邁進中。