水をよく飲む人の特徴って?!水をたくさん飲む効果や注意点

水をよく飲む人の特徴って?!水をたくさん飲む効果や注意点

ヒトの身体はほとんどが水分、だから水を飲むのことは良いとされていて、意識して水をたくさん飲む人は多いです。そもそも水を飲むと、私たちの身体にどのような効果があるのでしょうか。この記事では水をよく飲む人の特徴から、その効果や注意点についてご説明します。

水をよく飲む人の特徴

まず勘違いをしてはいけない部分は「水分」ではなく「WATER」をよく飲む人ということ、水をよく飲む人には一定の特徴があります。ご自身に照らしてメリット・デメリットを考えながらチェックしてみてください。

水をよく飲む人の特徴①痩せている

水をよく飲む人の特徴

水を飲んだからといって必ずスリムになるわけではありませんが、水をよく飲む人に痩せている人が多いです。水はノーカロリーで脂質も糖質もなくお腹を膨れさせることができます。痩せている人は朝起きてから白湯を飲み胃腸の働きを活発に(排便を促す)させたり食前に飲んで少しお腹を満たし食欲を抑えたりしています。

水をよく飲む人の特徴②むくまない

水をよく飲む人はむくみ知らずという特徴があります。身体がむくむ理由は老廃物が溜まってしまうから、血流もリンパも、水分が足りないと流れが悪くなりますが、それを放置しているとセルライトのもとになります。水をたくさん飲んで老廃物の流れをよくしたり排出したりすることでむくみのない身体になれます。

水をよく飲む人の特徴③肌や髪がきれい

水をよく飲む人は毛穴がきれいでニキビがない、顔色がよいなどの特徴があります。前の項目でもご説明しましたが、水をたくさん飲むと老廃物の排出がスムーズになります。体内に水分がじゅうぶんに行き届いているため血流もスムーズです。
肌や髪の潤いは外から塗るだけではキープできません。消化器官を通して水を取り込み、細胞を保護したり血液中に栄養分を溶かしたりして届けることで潤いある血色のよい肌や弾力ある髪を保てるのです。さらに、水を飲むと新陳代謝が活発になるため肌のターンオーバーを促進させることができます。

水をよく飲む人の特徴④集中力がある

水をよく飲む人の特徴-2

水をよく飲む人は集中力が高いという特徴があります。スポーツにおいて水分補給がパフォーマンス向上につながるというのは有名な話ですが、日常生活においても同じです。実は脳の水分量は約80%もあり、水をよく飲むことで脳の機能を活性化させることができるのです。

水をよく飲む人の特徴⑤トイレにいく回数が多い

水をよく飲むのですからトイレへ行く(尿を出す)回数が必然的に多くなります。胃腸の働きがよくなるため1日に数回便が出るという人もいます。こちらは排出するというメリットはありますが、仕事や外出においてはデメリットにもなります。

水をよく飲む人の特徴⑥水をお守りにしている人もいる

なかには水をお守りに持っている、または持たなくてはいられないという人もいます。

  • 過度のダイエット
  • 口臭予防
  • 緊張の緩和

水で摂取カロリー制限をしたり過度に口臭を気にしたり緊張を緩和させたりするために、考えられないくらい頻繁に、しかも大量に水を飲みます。

水をたくさん飲む効果とは?

水をよく飲む人の特徴を踏まえて、水をたくさん飲む効果についてご説明します。

水をたくさん飲む効果とは?

  • 食欲の抑制
  • 老廃物を排出
  • 代謝アップ

水をたくさん飲むと食欲の抑制につながるので余計な物を食べなくなります。水はカロリーがないため続けていると自然にスリム体型になるのです。体内の水分量が豊富なので血液とリンパの流れがよいため不要なものはどんどん体外に排出されます。血行がよく不要な物が身体から出て必要な酸素と栄養が体中に行きわたるので頭がすっきり、美肌・美髪も得られるのです。

水中毒って何?どれくらい飲んだらNG?

水中毒という言葉を耳にしたことはありますか?水をよく飲む人の特徴で最後の項目、水をお守りにしている人がいる(大量に飲まなくてはならないと思っている人)とご説明しましたが、なかには精神疾患を患っている人もいます。ちょっとした執着がエスカレートし「〇L飲まなくては悪いことが起こる(太るなど)」勝手にルールを作り自分を縛ってしまうのです。

水中毒って何?どれくらい飲んだらNG?

水中毒とは、水をどれくらい飲んだらNGなのでしょうか?人間が1日に必要な水分は体重1kgあたり40mlとされています。例えば50kgの人なら2Lで必要量に達しています。そもそも水は身体に害がないものですが、必要以上に飲んでしまうと身体がむくんだり疲労感を覚えたりするので、適量を飲むようにしましょう。

水をよく飲む人のルール

適度に水を飲みダイエットや仕事に活用している人のルールを真似して、あなたも健やかな毎日をおくりましょう。

水をよく飲む人のルール

  • 適量を守る
  • 30分に1口
  • 体温と同じくらいの温度の水を飲む

体型に合った水分量を守り、水は一気に飲みません。また、冷水は内臓を冷やし消化器官などの働きを悪くしてしまうので、体温と同じくらいの温度にした水を飲むのが理想です。

水をあまり飲まない人の体質とは?

逆に、水をあまり飲まない人の体質を見ることで水を飲む大切さがわかります。

水をあまり飲まない人の体質とは?

  • 太り気味
  • むくんでいる
  • 乾燥肌
  • ニキビ肌
  • 髪がパサついている
  • 薄毛
  • 便秘
  • 疲れやすい

水の代わりにジュースを飲む人は必然的に肥満傾向、またむくみやすくなります。お茶やコーヒーはダイエットによいと言われていますが、カフェインが含まれる飲み物は水よりも利尿作用が強いため、かくれ脱水を引き起こす可能性があります。水分が足りていないので血流が悪くなりますし、血液に栄養が溶けず栄養が身体に行きわたらなくなるため肌や髪に潤いや張りがなくなります。薄毛で悩んでいる人は水分不足で栄養が髪に届いていないからかもしれません。食物繊維を摂っても、水分が足りていないと腸内に老廃物が溜まってしまい便秘を引き起こします。むくみはもちろん、疲れやすくなります。
体内に水分が足りていないと血流や消化器官の働きが悪くなり代謝が落ちるため身体のあちこちに支障をきたすのです。つまり適度に水を飲み代謝を上げるのが健やかな毎日を送るためのポイントということです。

最後に

水をよく飲む人の特徴や、水をたくさん飲む効果についてご紹介してきました。肥満や肌荒れで悩んでいる人は水を飲む習慣を作ってみてください。合わせてバランスよい食生活をすることで、その悩みが解決する可能性は大いにあります。水は体型に合った量を飲むようにしましょう。

関連記事

赤ちゃんに必要な外気浴とは?どのようなことをする?...

セリアのダブルガーゼで「キッズ用プリーツマスク」を手作り!...

【コミックエッセイ】漫画家を目指したキッカケは数字だけしか見られない世...

津波の夢は宝くじが当たるって本当?夢占いではどんな意味?...

鯖の栄養は?話題の鯖缶や鯖の味噌煮!その栄養とおすすめレシピをご紹介...