ヨーグルトの糖質は?糖質制限中にも食べてもいい?おすすめの食べ方

ヨーグルトの糖質は?糖質制限中にも食べてもいい?おすすめの食べ方

ヨーグルトの糖質量はどれくらいかご存知でしょうか?健康やダイエットのお供にヨーグルトを食べる方も多いのではないでしょうか。ヨーグルトはダイエット中の大敵である便秘を改善するのに役立ちますし、不足しがちなカルシウムを摂るのにも良いですよね。しかし、糖質制限中でもヨーグルトは食べても良いのか気になりませんか?そこで今回はヨーグルトの糖質量とおすすめの食べ方についてご紹介していきます。

ヨーグルトの糖質は?加糖とプレーンを比較してみよう

ヨーグルトは牛乳を原材料として、乳酸菌を発酵させて作られています。一般的に知られているヨーグルトは、加糖ヨーグルトとプレーンヨーグルトではないでしょうか。加糖ヨーグルトは脂肪分ゼロと書かれているものを選ぶ人も多いと思いますが、砂糖が使われているのもあって、糖質量は100gあたり11.7gあります。糖質量が高くなるのはもちろん、カロリー自体も砂糖分高くなってしまいます。
対してプレーンヨーグルトは砂糖が加えられずに作られたヨーグルトで、乳脂肪分を全て取り除いたものや、乳脂肪分を少なめにしたものなど種類があるのをご存知でしょうか。加糖ヨーグルトとは違い、プレーンヨーグルトの糖質量は100gあたり全脂肪ヨーグルトは3.9g、低脂肪ヨーグルトは4.1g、無脂肪ヨーグルトは4.3gとなっています。脂肪分が少なくなる分、ヨーグルトはカロリーが低くなるのですが、糖質量はカロリーが減る分少しずつ増えていきます。糖質制限をするのであれば、全脂肪ヨーグルトを選ぶと良いでしょう。

ギリシャヨーグルの糖質は?糖質制限中は食べ方を考えた方が良い?

ギリシャヨーグルトは別名「水切りヨーグルト」と呼ばれ、ヨーグルトの水気を切ったものです。ダイエット中には水切りをされたギリシャヨーグルトを食べている人もいるのではないでしょうか。通常のヨーグルトよりも水分量が少なくなるので、濃厚な味わいになるのですが、実はギリシャヨーグルトは水切りヨーグルトであるにも関わらず、糖質は変わらないと言われています。しかも、ヨーグルトの水である乳清は身体に吸収しやすいタンパク質。タンパク質はダイエットには必須なもので、脂肪が少なく、タンパク質をとれる乳清は糖質制限中では大事な要素とも言えるのです。ですから、糖質制限中はなるべく水切りのされたギリシャヨーグルトよりも、プレーンヨーグルトの方が好ましいと言えます。

アロエヨーグルトの糖質は?間食に食べてもいい?

ヨーグルトを食べる方の中には、アロエヨーグルトを好んで食べる方もいるのではないでしょうか。プレーンヨーグルトは低糖質であるのに対し、アロエヨーグルトは砂糖を使っているため、糖質量が高くなってしまいます。

アロエヨーグルトの糖質は?間食に食べてもいい?

しかも、ただの加糖ヨーグルトではなく、アロエの分まで加わってしまいますから、100gあたりの糖質量は13.5g程度。普通の加糖ヨーグルトは11.7gの糖質量になりますから、やや高くなってしまうことが分かります。間食で食べるのであれば、アロエヨーグルトは糖質量が高め。アロエヨーグルトを食べるのであれば、エネルギーとして消費しやすい朝のうちに食べる方が良いでしょう。

豆乳ヨーグルトの糖質は?カロリーも低いの?

ヨーグルトというと牛乳のイメージが強いですが、豆乳ヨーグルトがあることをご存知でしょうか。豆乳ヨーグルトは牛乳の代わりに豆乳を乳酸菌で発酵させて作られたものです。一般的なヨーグルトのカロリーが100gあたり62kcalであるのに対し、豆乳ヨーグルトは46kcalと低カロリーとなっています。また、豆乳ヨーグルトの糖質は100gあたり1.6gと非常に低糖質。そのため、糖質制限ダイエットをするのであれば、牛乳で作られたヨーグルトよりも圧倒的に糖質の低い豆乳ヨーグルトを食べるのが好ましいと言えるでしょう。しかも、ダイエット中はホルモンバランスが乱れがちなので、女性ホルモンに似た大豆イソフラボンは摂っておきたいところですよね。

飲むヨーグルトの糖質はどれくらい?糖質制限中は飲んでも良いの?

飲むヨーグルトは牛乳の代わりにスムージーに用いたりと、牛乳が苦手な人でも飲みやすいですよね。そんな飲むヨーグルトは100mlあたりカロリーが65kcalあり、糖質量に関しては12.2gあります。通常、飲むヨーグルトは1パック200mlで販売されているので、糖質は24.4gあると言えるでしょう。飲むヨーグルトは無糖ではないため、どうしても糖質量が多くなってしまいます。普通のヨーグルトに比べて、飲むヨーグルトは量を摂りやすい分、糖質制限中にはついつい飲みすぎてしまわないように注意をする必要があります。

糖質制限中はヨーグルトにはちみつを入れても大丈夫なの?

糖質制限をしているときは、ヨーグルトの中にはちみつを入れるのは我慢した方がいいのかな?と考える人もいるでしょう。しかし、無糖のヨーグルトは食べづらいというのであれば、砂糖を加えるよりもはちみつを入れた方が良いといわれています。なぜなら、はちみつは血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあるので、太りにくい食べ物と言われているからです。しかも、はちみつは砂糖に比べて少量で甘味がでてきますから、糖質制限中にどうしてもヨーグルトに甘味が欲しいときははちみつを加えてみてくださいね。

糖質制限中のヨーグルトレシピ:いちごのムース

糖質制限中でも間食したい…!と思う方も多いのではないでしょうか。そこで続いては低糖質のヨーグルトレシピであるいちごのムースについてご紹介します。

糖質制限中のヨーグルトレシピ:いちごのムース

材料(4個分)
・生クリーム 150ml
・顆粒低カロリー甘味料 大さじ1(生クリーム用)
・いちご 50g
・顆粒低カロリー甘味料 大さじ1
・無糖ヨーグルト 60g
・粉ゼラチン 5g
・水 大さじ1
・お湯 大さじ1

粉ゼラチンに水を入れてふやかしたら、10分以上おいておく。耐熱容器に細かく切ったいちごと低カロリー甘味料を入れて混ぜ合わせ、ラップで500wの電子レンジで2分50秒加熱。ボウルに生クリーム、低カロリー甘味料を入れて8分立てになるまで泡立てる。次に置いていた粉ゼラチンにお湯を入れて溶かす。別のボウルに加熱したいちご、無糖ヨーグルト、ゼラチンを入れて混ぜわせ、泡立てた生クリームを加えて軽く混ぜ合わせる。器に入れて冷蔵庫で2時間以上冷やし固めたら完成。ヘルシーなので、ぜひ試してみてくださいね。

最後に

糖質制限中にヨーグルトを食べるときは、加糖タイプのヨーグルトではなく、無糖ヨーグルトや豆乳ヨーグルトを選ぶようにしましょう。無糖のヨーグルトでは食べにくいという方は少量のはちみつを加えるだけで、グッと食べやすくなるのでぜひ加えてみてくださいね。また、糖質制限中は便秘になりやすいですが、ヨーグルトを食べることで便通効果が期待できます。ヨーグルトを適度に食べながら、糖質ダイエットに取り組んでいきたいですね。

関連記事

お支度ボードDIY!1人でお支度できる幼稚園グッズ収納法...

妊娠中は腰痛がつらい?!妊娠中の腰痛対策と注意点まとめ...

レバーの栄養成分って?鉄分やビタミンA!牛・豚・鶏でレバーの栄養に違い...

自分を変える方法は?出会いが無い人が自分を変えて幸せになる方法...

スピリチュアルな時代の到来!これからは自由に幸せに生きる!スピリチュア...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る