【脂肪溶解注射】体験レポ(1)デオキシコール酸メインなのに腫れにくい『kabelline』第一回目

【脂肪溶解注射】体験レポ(1)デオキシコール酸メインなのに腫れにくい『kabelline』第一回目

2018年現在、日本で受けられる顔用の脂肪溶解注射のざっくりラインナップはこちら


■脂肪溶解注射kabellineに出会うまで

カベリーネ

経緯・kabellineの説明を飛ばして今すぐkabelline体験レポを読む

輪郭注射®︎は変化が実感できず

BNLSがブームになった数年前、BNLSと近い成分で安心安全のスペイン製という触れ込みのあったMLM注射(輪郭注射®︎)を受けてみました。しかし、肌はちょっと引き締まった感はあったものの、残念ながら脂肪が減ったと感じるほどではなく……。

SAGONI MELTは「フェイスラインがスッキリした」

その後も脂肪溶解注射の情報を収集し続けたところ『デオキシコール酸』が入ったもののほうが結果が出ていることを知って、昨年ひさびさに『SAGONI MELT(サゴニメルト)』というデオキシコール酸配合でなおかつ腫れにくいと話題の脂肪溶解注射を発見。

当時、まだ取り扱いクリニックは少なかったのですが、都内一等地にある美容クリニックに比べると、かなりお手頃価格を提示していた『あらなみクリニック』の千葉院で施術を受けることに決めました。

当時、4ccを小分けして顔の下半分とあご下に打っていただいたのですが本当にほとんど腫れず、口横やフェイスラインが少しスッキリ。満足したのと、その後さまざまな事情で2回目以降は受けなかったのですが、今年に入って4kgほど太ってしまいフェイスラインもまた緩んできたので、今一度SAGONIを受けるか、SAGONIよりも新しく出た製剤を試すか迷っていたところ……。

SAGONI MELTでお世話になった『あらなみクリニック』で、新しくサゴニメルトの約3倍デオキシコール酸が入った『kabelline(カベリーネ/カベリン)』なる脂肪溶解注射を導入したとのこと、さっそく受けてきました。

麻酔や針のオプション料金なし・圧倒的良心価格でkabellineが受けられる『あらなみクリニック』はこちら↓

あらなみクリニック公式サイト

【脂肪溶解注射】体験レポ(1)デオキシコール酸メインなのに腫れにくい『kabelline』第一回目

あらなみクリニックスマホサイト

脂肪溶解注射について(ページ下段。価格詳細あり)


■kabellineとは?

kabelline(カベリーネ/カベリン)は「デオキシコール酸」を主成分とする脂肪溶解注射の製剤です。

kabelline

デオキシコール酸は人間の胆汁などにもともと存在する胆汁酸で、

脂肪組織に注射した場合は脂肪細胞を破壊するため、注射した箇所の脂肪細胞そのものを減少させられます。

2015年にアメリカ食品医薬品局(FDA)があご下脂肪(二重あご)の治療薬として承認した『Kybella(カイベラ)』はこのデオキシコール酸の単剤。日本でもかなり話題になりましたが、当時も2018年6月時点でも、日本では手に入れることができません。

また、カイベラはデオキシコール酸の単剤で細胞破壊による痛みや腫れなどが強く出るそうですが、kabellineはデオキシコール酸だけでなく痛みや腫れを抑える成分が配合されているため、ダウンタイムを考慮した長期のお休みが取得できない人でも安心して受けられます。(後述しますが、実際にほとんど腫れませんでした)

関連記事

お姫様抱っこしてくれる彼が好き!男性がお姫様抱っこする心理5つ...

今年のハロウィンは何をする?彼氏とのハロウィンの楽しみ方...

チャクラとは?7つのチャクラの基礎知識・チャクラの場所と働き...

【脂肪溶解注射】頬とフェイスラインがかなりスッキリ!kabelline...

婚活がうまくいかない人の原因とは?婚活パーティーでモテる方法...

デリケートゾーンのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けな...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る