イーロンvs.サムアルトマン(1)イーロンからの訴訟にブチ切れ!本気の公式『抗議ブログ』はこれだ【文系のためのAI時事ネタ】

イーロンvs.サムアルトマン(1)イーロンからの訴訟にブチ切れ!本気の公式『抗議ブログ』はこれだ【文系のためのAI時事ネタ】

※2024年3月6日時点

先日、イーロンマスクがOpenAIを訴えたよね

イーロン・マスクはなぜオープンAIに法的措置を取るのか?

2024年3月4日の記事より。
イーロン・マスクは、人工知能(AI)企業であるオープンAIとその責任者であるサム・アルトマンに対して訴訟を起こしている。

彼は、オープンAIは世界を助けることよりも利益を増やそうとしており、創業者の目的を裏切っていると述べた。

マスクはサンフランシスコ上級裁判所に訴訟を起こした。彼は当初、AIツールChatGPTのメーカーであるOpenAIを財政的に支援していたという。社長のアルトマンとグレッグ・ブロックマンとは合意していたという。その合意とは、人工知能企業を非営利組織として維持するというものだった。マスクは、一般大衆を助けるテクノロジーを開発することが目標だと語った。

設立時の合意では、オープンAIはコードを会社の私有財産とする代わりに一般公開することになっていた、と訴訟は述べている。マスクは訴訟の中で、OpenAIはマイクロソフトと密接な関係を持つことで合意に反したと主張している。

OpenAIは先週、この訴訟についてコメントしていない。

マスクの訴訟では、オープンAIは契約を破り、財務的責任を怠り、不公正なビジネス手法を用いたとしている。マスクはまた、マイクロソフトを含む誰であれ、OpenAIの技術から利益を得ることを阻止したいと考えている。

翻訳元:
Why Is Elon Musk Bringing Legal Action Against OpenAI?

OpenAIが公式ブログで『猛抗議』イーロンから送られたメールもブログで公開してる!

そして今日、そんなイーロンマスクからの訴訟に対して、OpenAIは公式ブログで『抗議』をしている。それも、イーロンマスクから送られたメールを貼り付けている!

ふつうの個人同士の喧嘩でも個人宛のメールやDMを公開するのは憚れることだけど、ビジネスの関係でこうして訴訟に関わるメールを公開してしまうなんて、かなり激昂してるんだろうな、なんて思ってしまうよね。

その内容はざっと以下のような感じ。長いから2回に分けるね。

翻訳:
2024年3月5日
タイトル:

OpenAIとイーロン・マスク/私たちはOpenAIのミッションに専念し、あらゆるステップを追求してきました

OpenAIの使命は、AGIが全人類に利益をもたらすようにすることです。これは、安全で有益なAGIを構築し、広く分散された利益を生み出す手助けをすることを意味します。私たちは今、私たちのミッションを達成するために学んだこと、そして私たちとイーロンの関係についていくつかの事実を共有します。私たちは、イーロンの主張をすべて退けるために動くつもりです。

私たちは、AGIを構築するためには当初想像していたよりもはるかに多くのリソースが必要になると気づきました

イーロンは、OpenAIへの当初の10億ドルの資金コミットメントを発表すべきだと言いました。合計で、この非営利団体はイーロンから4500万ドル未満、他のドナーから9000万ドル以上を調達しています。2015年末にOpenAIを立ち上げた際、グレッグとサムは当初1億ドルを調達する計画でした。

イーロンはメールで次のように述べています。「100Mドルという数字よりもはるかに大きな数字を出す必要があります。それがなければ希望がないように聞こえます…私たちは10億ドルの資金コミットメントから始めると言うべきだと思います…他の誰も提供しない部分は私がカバーします。」

私たちは、AGIへの現実的な道筋を描くために多くの時間を費やしました。2017年初頭には、AGIを構築するためには膨大な量の計算能力が必要になるということに気づきました。私たちは、AGIが合理的に必要とするであろう計算能力の量を計算し始めました。私たちは皆、私たちの使命を成功させるためには、特にイーロンが非営利団体として調達できると思っていた以上に、年間数十億ドルの資本が必要になることを理解しました。

我々とイーロンは、これらのリソースを獲得するためには営利事業体が必要であると認識していた

★イーロンマスクはOpenAIとテスラを合併させるか、完全に彼がコントロールするつもりだった!

私たちがミッションをさらに推進するために営利構造について話し合っていたとき、イーロンは私たちがテスラと合併するか、彼が完全なコントロールを持つことを望んでいました。イーロンはOpenAIを去り、Google/DeepMindに対抗する関連する競争相手が必要だと述べ、自分でそれを行うつもりだと言いました。彼は私たちが自分たちの道を見つけることを支援すると言いました。

2017年後半、私たちとイーロンは、ミッションの次のステップは営利企業を作ることだと決めました。イーロンは多数の株式、初期の取締役会のコントロール、そしてCEOになることを望んでいました。これらの議論の最中、彼は資金提供を保留しました。リード・ホフマンが給与と運営のためのギャップを埋めるために前進しました。

私たちはイーロンとの営利目的での条件に同意することができませんでした。なぜなら、OpenAIに対してどんな個人も絶対的なコントロールを持つことはミッションに反すると感じたからです。その後、彼は代わりにOpenAIをテスラに合併させることを提案しました。

2018年2月初旬、イーロンはOpenAIが「テスラの稼ぎ頭として合併すべきだ」と示唆するメールを転送し、「それはまさに正しい…テスラはGoogleに対抗することを望むことができる唯一の道です。それでも、Googleに対抗する確率は小さいです。ただ、ゼロではありません」とコメントしました。

★イーロンマスクは自分の提案が受け入れられないとOpenAIを去りテスラ内にAGIの競争相手を作る計画だと言った

イーロンはすぐにOpenAIを去ることを選び、私たちの成功の確率は0だと言い、テスラ内でAGIの競争相手を作る計画だと述べました。彼が2018年2月後半に去ったとき、彼は私たちのチームに数十億ドルを調達するための自分たちの道を見つけることを支援すると伝えました。2018年12月、イーロンは私たちにメールを送り、「数億ドルを調達するだけでは十分ではありません。これはすぐに年間数十億ドルが必要です。さもなければ忘れてください」と言いました。

翻訳元:OpenAI and Elon Musk

後編に続く。

AGIの噂 | cyuncore (キュンコレ)

関連記事

知ってた?スイカはパレスチナ連帯のシンボルだって。ところがイスラエルが...

パンデミック条約(1)ワクチン義務化に?2024年5月採択予定の『パン...

Gemini(3)GPT-4を超えた!?Googleの生成AIモデルG...

イーロンvs.サムアルトマン(2)OpenAI本気の公式『抗議ブログ』...

(3)銀行編【迷惑メール】『銀行系』フィッシング詐欺の迷惑メールを集め...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。