【新月直前】11月20日~22日「欠けゆく月」の時期の運気と過ごし方【辛口オネエの月占い】

【新月直前】11月20日~22日「欠けゆく月」の時期の運気と過ごし方【辛口オネエの月占い】

新月や満月のときの運気については色々話してきてるけど、今回は「新月直前」の話ね。他の天体の配置の良し悪しとは別に、「星座に関わらず」これはこれでちょっとばかり影響があるかもしれないの。

「新月や満月の前に、色々調子が狂うわ」って思ってる人は、この月齢の影響かも!?

■11月20日~22日の新月までは「欠けゆく月」の時期

20日くらいから、22日の新月(21:32)まで、月齢で言うと26日目以降の話。

満月から、新月に向かって月が欠けていくこの期間は、

心も身体も、溜まっているものを出そうとする

浄化作用が強まる時期なのね。

だから、掃除をしたくなったり、モノを捨てたくなったり、ダイエットしたくなったり、してないのになんとなく痩せたり・・・。ってことがあるかもしれないわ。

■欠けゆく月の時期は気持ちも落ち込みやすい

その一方で、気持ち的には欠けていく月のように、

・情熱が消えていく
・執着心が薄れていく
・結果にこだわらなくなる
・欲しいものが欲しくなくなる
・何もやる気がしなくなる

ようなことも起きやすいのよ。

執着心が薄れたり、結果にこだわらなくなったり、物欲が収まったりならいいけど、何か目標に向けて邁進してるときに情熱がなくなるとか、恋心が沈静化しちゃうとかもあるのよね。

あとは、月の光が消えていく空と同じように、「気持ちが暗くなる」「希望の光が見えなくなる」とか。

「溜めていたものが出ていく」から、感情の浄化的なこと、つまり心に知らない間に降り積もってた怒りや悲しみが浮き上がってくることもあるんじゃないかしら。

「新月前に、気持ちが不安になって泣きたくなる」なんてのは、ホルモンのバランスとかもあるかもだけど、こういう占いとかスピリチュアル的な「月の影響」も考えられるのよ。

■新月になればまた、気持ちは回復する

でも、それって一過性のことで、ジャスト新月になっちゃえば吹っ切れるはず。

だから、今回の20日~22日も、今後の新月の2~3日前も

「なんだか苦しい、悲しい、虚しい」

って思っても、ずっと続くわけじゃないし、何か特別な行動を起こさなきゃいけないわけじゃないから、気分が晴れるようなことをして、気楽に過ごすといいんじゃないかしらね。自暴自棄になったり、逆に何もする気が起きない自分を責めたりしないでね。

☆☆☆☆☆

関連記事

【6月の月運(2)】11日から14日の運勢「ワールドカップ!」そして「...

【辛口オネエの星占い】2015年の水星逆行スケジュール【星座・期間】...

2015年上半期の運勢◆双子座【辛口オネエの星占い】耐久テストの開始...

9月後半の12星座の注意点◆乙女・天秤・蠍・射手・山羊・水瓶・魚【辛口...

9月の月運(2)【辛口オネエの月間占い】前半は乙女座と山羊座の真面目が...

ABOUTこの記事をかいた人

※辛口オネエおよび開運占い軍団/事務所は各種思想団体や勢力、宗教等とは一切無縁ですのでご安心ください☆☆☆占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。