【お詫び】配信スタート★2020年下半期+2021年1月・12星座別の全体運★

辛口オネエの星占いをいつもご愛顧いただきありがとうございます。2020年下半期の恋愛運はすでにアプリおよび電子書籍にて好評配信中。全体運は12星座セットの全体運テーマの配信に加えて、上半期版と同じ形式で「全体運テーマ+時期別運勢」の星座別『2020年下半期+2021年1月☆全体運転機予報』も配信がスタートいたしました。

【お詫びとお願い】

今回、全体運転機予報の配信時期が遅れましたこと、楽しみにお待ちいただいていた方々に深くお詫び申し上げます。7月前半はすでに過ぎてしまいますので、代わりに占い期間に2021年1月前半分を含めております。2021年分についてはまた年内に配信できるよう尽力いたします。

2020年下半期については、一部星座で注意喚起系の内容が多く、また全星座共通の時期別運勢のところで「天変地異・事件事故」「きな臭い」「特に男性がキレやすい」時期などの記述がございます。辛口オネエの「備えあれば憂いなし」「大難は小難に、小難は無難に」の方針によるものですのでご理解いただければ光栄です。


占いアプリ『辛口オネエの開運占い』

辛口オネエの2020年下半期の全体運

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)


恋愛運の電子書籍はこちら☆

【電子書籍版】辛口オネエの星占い 2020年下半期:あなたの恋のすべて

**. **. **. **. **. **. **.

2020年上半期の12星座占い末尾で触れておりました『来年(2021年)お正月まで続く『火星牡羊座期』の運勢の引用を含む、各星座の2020年下半期占いの冒頭部分をこちらに掲載いたします。12星座分の全体運テーマ全文はアプリにてご購読くださいませ。

 

チョイ出し!2020年下半期・12星座の全体運

2020年下半期 牡羊座

—上半期の転機予報より—

28日:火星牡羊座入り/火星土星セクスタイル(牡羊座×水瓶座0度)守護星の火星はここから2021年1月6日まで牡羊座を運行。土星も友好的で、とてもパワフルで成功の予感に満ちたスタート。下半期に何度も軌道修正の時期はやってくるので、この時点では先を考え過ぎて動けなくなるより、情熱に従いたいところ。

「何をすればいいのか」「何をしてはいけないのか」などの質問はこの時期からは他人に聞いても結局心に入ってこないかも。でも、それでいい。下半期の世の中は穏やかとはいえない時期になるかもしれない。そんなときだからこそ、牡羊座の持って生まれた真っ直ぐにひた走る情熱、負けん気の強さ、勘の鋭さ、即断即決できる思い切りの良さが生存競争を勝ち抜く最高の武器になる。

—引用ここまで—

2020年下半期は牡羊座の神話で幼い兄妹を背中に乗せて天を駆け抜けた黄金の羊さながら、目的地に向けてひた走れる時期。もし牡羊座に回帰する守護星・火星の影響を受けるだけなら、この下半期はあなたにとってごくシンプルに「勝負期」で全力を出し切って勝つか負けるかだけの時期になる。だけど……。

2020年下半期 牡牛座

—上半期の転機予報より—

28日:火星牡羊座入り(中略)火星はここから2021年1月までという長期間、牡羊座を運行。火星が牡牛座に入る「2年半に一度の勝負期」は、2021年1月6日から。それまで約半年間は、自分の内側に深く降りていく自己探求、メンテナンス期間に。それまでたくさんの人と会ってワイワイ過ごしていたとしても、この期間はなんとなく一人で過ごしたくなるかもしれない。

過去のことを思い返して、後悔や心残りがあればそれらを解消していく。牡牛座がこの2020年に人生の大きな転換期にいて、通常はどの星座にも1.5ヶ月程度しか回ってこないこの振り返り・メンテナンス期が6ヶ月もあるのは、それなりの意味があるはず。

—引用ここまで—

2020年の上半期、特に3月から6月にそれまで順調だったのに急に困難な状況に置かれたり不本意な方向転換を迫られて先行きを案じていた人も、7月に入ると「杞憂だった。私はこれからも大丈夫!」と思えるようになるはず。

世の中がどうあれ、あなたの日常に関わる物事は全方位で流れが良くなって、方向転換も「右向け右!」と命令されるのではなく、自分でじっくり考えて……。

2020年下半期 双子座

—上半期の転機予報より—

28日:火星牡羊座入り(中略)ここから2021年1月まで約半年、とても賑やかで楽しい時期。短いスパンで見ればいろいろあるにしても、大きな流れでは「みんなが味方」で、あなたらしく楽しく日々を送っていれば、物事は概ねうまくいく。1人で考えて1人で実現しなければと思っていたことが、実は他の人達も思っていて「一緒に実現しよう」と励まし合い協力し合えることが増えていく。世界をより良くするための第一歩を踏み出す。

—引用ここまで—

あまりにも楽観的過ぎて、もし2020年上半期を終える時点で特に対人関係で苦労してしまった人は「信用できない」「しょせん占い。いいこと書いておけば喜ぶと思って内容盛ってるんでしょ」なんて思うかもしれないわね。

2012年に魚座入りした海王星はかれこれ8年に渡って双子座の運命に少なからず「何を言ってるか分からねーと思うがオレも何をされたのか分からなかった」(偉大な双子座の漫画家・荒木飛呂彦先生のJOJOの有名なセリフね)状況をもたらしてるんじゃないかと……。

2020年下半期 蟹座

—上半期の転機予報より—

2021年1月まで「社会的に打って出る」勝負期。それまで内輪では「ぜったい、イケる!」と盛り上がっていたネタを一般客に披露するような、誇らしさと緊張感を伴う節目。他人に自分の価値を決められることはないものの、やはり人間社会で生きていくうえで、あなた自身が恐らく必要としている「社会からの承認・支持」を得るための挑戦。まったく知らない人達の反応がどうあれ、過去約2年半の間のあなたの成長や身につけた強さを、あなた自身とあなたのパートナーや仲間達は確実に称賛してくれるはず。

—引用ここまで—

この2020年の下半期は、繰り返しになっちゃうけど一言で言うなら「勝負期」で、だからこそ闘う対象もやっぱり存在する。6月から7月12日生まれの人は、これまでの闘いに勝ってきたからこそたどり着いた、上位ランクの強敵と対峙することになるかもしれない。7月13日以降の生まれの人はあなた自身が敗者復活戦で復活するかもだし、相手が復活してきて再戦になるかもしれない。

だけどこの下半期に起きる闘いは実は本気で避けようと思うなら避けられる。ゲームに……。

**. **. **. **. **. **. **.

2020年下半期の恋愛運☆全体運テーマ・時期別転機予報も配信開始☆

占いアプリ『辛口オネエの開運占い』

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)

関連記事

2020年下半期【辛口オネエ】(1)夏至から秋分の世の中:情報統制を受...

2020年下半期【辛口オネエ】(4)冬至からの世の中:木星土星の大会合...

【辛口オネエ】12月の木星土星合が『200年に一度の転換期』と言われる...

2020年下半期の恋愛運☆電子書籍の配信スタート☆【辛口オネエ】...

2020年下半期【辛口オネエ】(3)秋分から冬至の世の中:混迷する政局...

ABOUTこの記事をかいた人

※辛口オネエおよび開運占い軍団/事務所は各種思想団体や勢力、宗教等とは一切無縁ですのでご安心ください☆☆☆占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。