新エデン(3)エデンの園は何箇所もあって人間を造る遺伝子実験場だった【辛口オネエ】

新エデン(3)エデンの園は何箇所もあって人間を造る遺伝子実験場だった【辛口オネエ】

新エデン(3)エデンの園は何箇所もあって人間を造る遺伝子実験場だった

実はこれも『おしゃべり隕石』に聞いた話がメインではあるんだけど、別のスピ的な諸々で知ったことや亡き師匠が昔言ってたことでもあるから、別のシリーズにしておくわ。

タイトルは(1)(2)でもすでに話した『新エデン』にしてあるけど、今回は新エデンについて話すためにも、先にそもそものエデンの園、旧約聖書に出てきてアダムとイヴがいたエデンの話もしなきゃと思って。

※新エデン(1)(2)はおしゃべり隕石シリーズに入ってるわ↓
おしゃべり隕石バックナンバー

ということで。新エデンと分けるためにここでは単なる「エデン」「聖書のエデン」と呼ぶわね。

■聖書のエデンはたくさんあるエデンのうちの1つの話

★旧約聖書『創世記』のエデンとは?

エデンの園

※細かいところはうろおぼえだし、アタシの適当な解釈も入ってるけど大目に見てね。

『エデン(Eden)』は、旧約聖書の『創世記』に出てくる、神様が人類の始祖になる男性のアダム、女性のイヴを住ませていた楽園のことよね。いろんな果物のなる樹があって、エデンの中央には生命の樹と知恵の樹が生えていたそう。エデンには川が流れていて、エデンの外にも通じていたんですって。

ここからはアタシ、知らなかったんだけど実はメソポタミア文明発祥の地、メソポタミア……。今のイラクに流れてるチグリス川とユーフラテス川は、かつてはエデンの園から流れていた川なんですって。ほかに2つ川があったらしいけど、そのあたりは今は割愛。

で、アダムとイヴは幸せに暮らしていたんだけど、あるとき楽園に侵入したヘビ(サタンの化身)がイヴを唆して(そそのかして)イヴは知恵の実を食べてしまう。すると知恵がついて、裸でいるのが恥ずかしくなったし、神様に禁じられたことをやってしまったのが怖くて、アダムにも知恵の実を食べさせて共犯者にしたてる。アダムも知恵がついて裸でいるのが恥ずかしくなる。

ここからちょっと細かいことは忘れたけど、神が怒って2人をエデンから追放する。この「神の言いつけに背いた」ことが「原罪」だっけ。

ちなみに、神様がアダムとイヴをエデンから追放したのは知恵の実を食べた『原罪を背負った状態』で、『命の樹の実まで食べて永遠の命を得たら困る』からで、追放した後、彼らが命の樹に近づけないようにエデンの東に『ケルビム』という特別な天使を配置して、さらに回転する炎の剣も配置したんですって。

ケルビム

エデンを追放されたアダムとイヴは、神によって永遠の命を取り上げた。だから人間には寿命ができて、いつか必ず死ぬ存在になった。イヴがヘビに唆されてさらにアダムまで巻き込んだから、イヴは罰として子供を産むときに苦しむようになり、アダムは労働で苦しむことになった、と。

エデンを追放された2人は、神が言ったとおりにアダムは労働で苦しみながら日々の糧を得るようになって、イヴは子供を産むときに激痛で苦しんで、それでも子供を産んで。

・・・全ての人間はアダムとイヴの子孫だから、生まれながらに原罪を背負っている、というのが確かキリスト教だっけ?

聖書

■旧約聖書のエデンの神話は複数あるエデンのうちの1つの話

で、ようやくタイトルの話になるけど、実は旧約聖書のエデンの神話は、いくつもあったエデンのうちの1つの話で『エデンの園』に等しい場所は、アダムとイヴが造られた頃にも、それ以前にもそれ以後にも、地球上に複数存在してたんですって。

並行世界

たまたま、今の人間のルーツになったアダムとイヴがメソポタミア地方に近いエデンにいたけど、他にも場所はさすがに特定できないけど、5箇所くらいあったそうよ。

エデンを造った『神=宇宙の一なる意識』は、まずは光と闇を分けて宇宙を造って、いろんな銀河系も造って、いろんな星を造って、自分の意識を分散というかコピーというか、大元のプログラムとは違う、独自に動くプログラム的な意識体を造って、それらがあとは自動で何を生み出してどう進化するか見守っていった。このあたりは前に「この世のすべて」シリーズで話したっけ。

↓これとか。
この世の全て(10)地球の現代文明以前の話【『それ』の創世記】

■神による三次元世界の実験場がこの地球

最初の頃のいわゆる宇宙人と言われる存在は肉体を持たない『意識体』だった。でも、どこかの時点で神が三次元の世界を、物質界を造ってみたわけね。そして、そこに意識体を配置してみたときに、意識体のままだとたぶん物質に影響を与える度合いが物足りなかったのと(念力で動かす的なことしかできなかった)物質的な肉体を持って、知性を持って動く存在を造ってみたのね。

・・・と、このあたりはすでに話済みだから割愛。

で、いろいろ他の星で試したものの、ぶっちゃけ「三次元の世界で知的生命体を増やすこと」の成果が神的にイマイチだったのね。で、何度かリセットも繰り返した。放置した星もあって、そこは管理者がいなくなったSNSみたいに荒れたままになったり、なんだかんだで自律的に続いていたり、いくつもあるらしいけどその全部は把握できないわ。

★世界線の話になるけど『シナリオの違う地球』もいくつもある

そうして、何度目なのか何千回目なのか何億……。とにかく三次元の実験星として、あるとき『地球』を造ったのね。そして、地球に物質的な肉体を持った生命体を置くにあたって、どんな生命体にするか、なるのか試すために『生命体の実験場』を複数造って、それぞれで人間を造ってあれこれ実験してたらしいのね。

続く。

関連記事

新エデン(7)アメリカ南西部に残った部族は宇宙人に連れ去られた【辛口オ...

おしゃべり地球の石(2)滅びた文明の話。人間がキメラを造って神の怒りに...

新エデン(4)人間の超能力の有無とエデンでの遺伝子操作の話【辛口オネエ...

おしゃべり地球の石(1)フリーエネルギーを使っていた文明の話【辛口オネ...

新エデン(1)地球創造後で初めての新たな『物理次元』の星【辛スピ】おし...