【辛口オネエ】3月後半◆蟹座・蠍座・魚座【星占い】

【辛口オネエ】3月後半◆蟹座・蠍座・魚座【星占い】

<2018年3月後半の月運 by辛口オネエ>

こちらは蟹座・蠍座・魚座ね。

【蟹座】

蠍座木星と、18日に真向かいにくる山羊座火星の粘り強い情熱の炎にアチアチ!ってなる、松岡修造に囲まれるような時期。(そういえば彼、太陽は蠍座だけど山羊座の影響が強いんだった)

この時期、いい意味で焚き付けられることが多そうね。「貴方ならやれる」「諦めるな」って叱咤激励があって、自分の限界を超えていくんじゃないかしら。他人に言われなくたって「勝ってやる!」って闘志を燃やす出来事や、青春漫画の良きライバル的な相手も出てくるかも。

水星逆行の影響で全てが思い通りには進まないけど、17日の新月には自分にまだ未開拓の才能があって活かせる世界があると信じられるし、満月を迎える月末頃にはそれが確信に変わることもありそう。ついでに、叱咤激励してくる人にせよライバルにせよ蟹座の人の大切な仲間だし、異性なら恋人候補よん。

【蠍座】

先に転ばぬ先の杖的な話。水星逆行の影響が出始める20日頃からは(10/25-11/5生まれの蠍座の人は18日頃から出るかも)体調注意。「まだ大丈夫」がいきなりバタン、とかならないよう、くれぐれも無理はしないことね。「奥歯や肩、背中が広範囲で痛い」は、心臓からの放散痛だったりもするそうよ。

あとは楽しい話。17日の新月から月末まで、水星逆行の影響でモタつきはあるけど大きな流れで見れば運気的な上昇スパイラルが起きてるわ。うまく乗っかればふだんと同じ力で倍のものが動かせるし、わらしべ長者的に嬉しいことのスケールも大きくなっていくんじゃないかしら。物質的なことはともかくとして、心が深く満たされるようなことみたいよ。もちろん恋愛関係もねん。(貧乏男と愛があれば幸せ、って意味じゃないけど恋愛でもやっぱり「物質的」な部分では測らないほうがいいみたいよ)

【魚座】

17日の新月は魚座26度で起きて、しかも小惑星キロンとも合。新月はいつも終わりと始まりのタイミングだけど、魚座の人にとってこの新月は特別な意味があるわ。3月後半は、心の深い部分からの癒しが起きるかもしれない。これまでの人生で起きたいろんな出来事で、いつのまにか傷付いて臆病になってた自分を見つめ直して乗り越えられるような。

23日からの水星逆行の影響が魚座の場合は18日頃から出るかもだけど、世の中的な恒例のゴタゴタはともかく今期は逆行期の「再開・再会」が癒しに繋がってるみたいね。

たとえ終わってしまったことでも、時間が経ってから今一度その意味を考えたり話し合ったりしたら「ああ、そうだったのか!」ってなることあるじゃない?それでドロドロした想いが昇華することもあるし、誰かとの関係や何かとの関わりを、また新たな気持ちで始められるかもしれないわ。

関連記事

【辛口オネエ】4月前半:双子座・天秤座・水瓶座【星占い】...

【辛口オネエ】5月後半の運勢◆牡羊座・獅子座・射手座...

【辛口オネエ】7月前半の世の中:水星座のグラトラで広がる愛の輪、そして...

【辛口オネエ】8月後半の世の中:水星順行・地のグラトラは26日にカイト...

【辛口オネエ】10月前半の運勢◆牡羊座・獅子座・射手座...