彼氏が欲しいのに!彼氏ができない原因は○○○がブスだから

「ブスって失礼な!」と思うかもしれませんが世の中の約7割の女性が自分は可愛くないと思っています。
しかし、すべての女性が彼氏なしというわけではなく、自分よりブスだと思う人が素敵な男性をつかまえるケースも多々ありますよね。

その違いって何か?!今回はどうして彼氏ができないのか、客観的に自分を見つめてみましょう。

自分のどこをブスと思うか?!

■顔

目が細い小さい、しも膨れ、鼻が大きい歯並びが悪いニキビ面など、ルックスのコンプレックスを挙げればきりがありません。

■体型

脚が太い短い、お腹が出ている背が高い低い、貧乳など体型のコンプレックスも挙げればきりがありません。

 ■声

活舌が悪い、ガラガラ声や笑い声にコンプレックスを抱えている方も少なくありません。

■センス

雑誌のモデルやタレントのファッションや髪型を真似しても何故かダサい、流行りのファッションが似合わないことってありますよね。

多くの方が外見をコンプレックスに感じておられますが平安時代にさかのぼると、しも膨れで目が細いのはモテ顔の典型、またある国ではふくよかさは富の象徴でありモテます。

 

外見のおブスは工夫次第!

■医学の力を活用

ニキビ面などお肌の悩みは皮膚科を受診すれば改善します。

■メイクを工夫

目が小さい場合はメイクを工夫すればいくらでも大きく見せることができます。いまは整形手術ではなくメイクの技術で顔のパーツのコンプレックスはいくらでも解消可能です。

■自分磨き

ぽっちゃり体型が気になるならウオーキングをしたりスポーツクラブに通ったり、間食を少し我慢し運動すれば健康的にダイエットができます。また声も工夫次第、笑い声が下品と思うならば意識すれば改善できます。

少し前と違って女性が何でも自由にできる時代です。だからなりたい自分に簡単になれる、外見に関しては自身の工夫次第なのです。その術がわからないときはプロに委ねる、例えば美容師さんに似合う髪型にしてもらったりショップのスタイリストさんにコンプレックスを解消するファッションを選んでもらったりするとよいでしょう。

また「美しい」の基準は人それぞれ、目が細いアジアンな顔つきの女性が好みの男性もいればぽっちゃり体型の女性が好みの男性もいます。自分のコンプレックスを自信に変え活かすという手段もアリです。

Pocket
LINEで送る