「高嶺の花」が恋愛でやりがちな5つの「〇〇すぎる」こと

すれ違った人が思わず振り向いてしまうくらい美人で、それなのにいつでも自然体で性格も素敵な人。それなのに、なぜか恋愛では「ダメ男」に振り回されてばかりな人はいませんか?

かといって、「私に恋愛運がないのは、きっと私にぴったりの男性がまだ現れていないだけ」と極度に信じ込んでしまっている場合、それが裏目に出てしまったり、ロマンスをさらに遠ざけてしまったりすることにもなりかねません。

 

1:自分の感情に素直すぎる

人によっては、「面白くもない話に対して、どうして愛想笑いをしなくちゃいけないの?」などと、本当に自分が面白いと感じるとき以外には笑えないというタイプの女性がいるかと思います。

もちろん、面白くもないのに愛想笑いなんてしたくないという本音は理解できます。けれど、とくに恋愛の初期段階では気になる女性のことをたくさん笑わせたいという気持ちが強く働きます。ですから、そのような彼らの話に対して、ほとんど表情に変化が見られない場合、彼らは自信をなくしてしまい、「俺じゃダメなのかな」と、恋愛に発展させることが難しくなってしまいます。

不自然な笑顔をずっと浮かべることもエレガントではありませんが、そんな男心をくみ取って笑顔を見せてあげることも大切です。

 

2:興味のある時とそうでない時の差が激しすぎる

「私はこんなタイプの男性がいい!」「私は、スタバではこのラテしか飲まない!」などと、こだわりが強いタイプの女性ほど好き嫌いが非常にはっきりとしているような気がします。好き嫌いがはっきりとしているからこそ、気の進まないことや話題にはあまり積極的ではないという傾向があります。

自分の好みをきちんと理解していれば、失敗することは少ないのでそれはそれで賢いのかもしれません。けれど恋愛は、本来自分の持っていないものを持っている相手に心惹かれたり、興味関心を持ったりするところからスタートするものではないでしょうか。

はじめの頃はあまり気乗りしなかったとしても、「とりあえず」試してみる。すると、思いがけずあなたのツボにはまることだってあるはずです。

「好きじゃない男性とはデートしない」と頑なになる必要なんてありません。デートはもっと気軽にしていいもの。1回デートをしてみて合わなければ、もうしなければいいだけのことです。

 

3:良くも悪くも正直すぎる

嘘をつくことはもちろんいけませんが、恋愛を楽しむためには大げさなリアクションやちょっとしたユーモアが必要になります。彼の発言や行動に対して、「それって、変じゃない?」「そんなのやめたほうがいいよ」などと、素直すぎる反応は控えたほうがいいでしょう。それは、あなたが男性から言われてムッとするように、男性も彼女からそのような反応を取られてしまうと気持ちが萎えてしまうので注意が必要です。

どうしても「これだけは言いたい!」と思うのならば、相手の話を「そうなんだね」「すごいじゃん」などとワンクッションおいてから切り出すようにしましょう。

Pocket
LINEで送る