結婚前提のお付き合いとは?同棲や体の関係、交際を実らせるコツ

結婚前提のお付き合いとは?同棲や体の関係、交際を実らせるコツ

目次開く

結婚前提にお付き合いするカップルは、多くいます。しかし、結婚前提の交際と言っても、契約書を交わしたわけではないので、どういう付き合い方をすればよいのか不安な気持ちが芽生えることはありませんか?今回は、結婚前提のお付き合いについて知りたいこと思うこと、そして結婚前提の交際を実らせるコツについてまとめてご紹介します。

結婚前提で付き合いたいと告白する男性心理

男性から結婚前提で付き合いたいと告白された!という方。結婚前提とは、結婚をすることを予定した交際です。普通の交際とは違って、「いつか結婚する」という不確定な状態ではなく、現実的に「いずれ結婚する」という認識が芽生えます。しかし、結婚前提で付き合ったとしても、結婚する約束をしたというわけではないので、油断はできません。ただ普通に交際する時とは、お互いの接し方や、付き合い方にも違いが生まれます。結婚前提に付き合いたいと思うのは、男性も女性も同じですが、ここでは結婚前提にと告白する、男性の心理をピックアップしましょう。

結婚前提で付き合いたいと告白する男性心理

結婚前提で告白する男性心理①幸せになれるという確信

男性が結婚を前提に告白をする心理には、「この人と一緒だったら幸せになれる」という確信があったからという声も多いようです。自分の中に、「結婚したい」と思う結婚願望も持ち合わせていますが、何よりも相手を見た時に、今までの相手と違う特別感を感じた人もいます。

雷に打たれたようにビビッと来たという話を耳にしますが、これは、男性にも存在し、瞬間的に「この人と結婚するのだ」という直感が働くこともあるようです。

結婚前提で告白する男性心理②相手に誇りを持っている

結婚前提の交際を申し込む男性の心理には、相手のことを心から信頼して、誇りを持っているという思いがあります。結婚は、今までの独身生活に別れを告げて、誰かと共に生きると決意すること。男性にとっても、女性にとっても、大きな決断なのです。

男性は、心から愛している人、未来を共に生きたいと思える人でない限り、結婚という決断をすることはほとんどありません。男性の中では、相手を尊敬して、一生添い遂げたいと思う気持ちがあるということが言えます。

結婚前提で告白する男性心理③ずっと一緒にいたい

結婚前提で付き合いたいと告白する男性心理-2

結婚は、愛する人と一緒になって最後まで添い遂げることです。結婚前提にと言って、告白してきた男性の心理の中には、この人とずっと一緒にいたいという思いが芽生えています。女性は、男性よりも結婚に敏感な人が多く、年齢を重ねれば重ねるほどデリケートな話題です。

そんな女性に向かって、男性から結婚という言葉が出ることは、永遠に一緒にいたいと思えるほど大切な存在ということになります。

結婚前提で告白する男性心理④落ち着きたい

若いうちの恋愛は、気軽な気持ちで楽しめるものという思いがありますが、年齢を重ねると軽い恋愛や駆け引きが、疲れるという男性もいます。いつもは、気軽な恋愛をしてきたのに、気持ちが落ち着いて、そろそろ安心感を得たいと思い始めるのはごく自然なこと。

男性はそこで、結婚したいと思うようになるそうです。

結婚前提で付き合いたいと思われる女性の特徴

次は、男性が結婚前提で付き合いたいと思う女性の特徴をご紹介します。男性が女性に対して、結婚したいと思う瞬間は、どこにあるのでしょうか。

結婚前提で付き合いたい女性の特徴①安心する

結婚前提で付き合いたいと思われる女性の特徴

恋愛は、ドキドキしたり、ときめきのような出来事の繰り返し。しかし、いつしかそういった恋愛よりも、一緒にいて落ち着く相手を選びたくなるものです。仕事から疲れて帰って来た時に、「おかえり」と言って癒してくれる女性が男性にとっては、理想です。

結婚前提にと告白してくる男性の中には、キレイでスタイルの良いモテる女性よりも、安心させてくれる女性がいいと思いますよね。

結婚前提で付き合いたい女性の特徴②家庭的な一面がある

結婚前提で付き合いたいと思われる女性の特徴-2

結婚をしたいと考える女性の特徴は、家庭的であることです。料理や掃除、洗濯など家事ができる家庭的な女性は、男性の中でもポイントがUP。朝起きた時、仕事から帰って来た時、食卓に美味しそうな料理が並んでたら、それだけで疲れが吹っ飛びます。

胃袋を掴むという言葉があるように、男性の心を掴むためのポイントの1つは、元気が出て、癒されるようなおいしい料理が作れるような家庭的な女性のようです。

結婚前提で付き合いたい女性の特徴③自立している

たまに甘える女性は、男性にとって嬉しく思えますが、結婚ともなるとしっかりしていて、物事を冷静に判断し、乗り越えて行ける女性に惹かれるもの。男性に依存することなく、一人の時間や友達、家族との時間を楽しむことができる、自立した女性に魅力を感じます。

いざという時に、覚悟を決めて、自分を信じ、一緒に寄り添いながら進んでくれる女性は、男性にとってかけがえのない存在です。

結婚前提で付き合いたい女性の特徴④価値観が合う

結婚を意識した時、価値観が合うという点は、とても大きな要因になります。好みや考え方、金銭感覚などにおいて、同じ価値観を持った異性に出会うと、それだけで運命だと感じることも。結婚生活は、男女で協力し合いながら一緒に歩んで行くものです。

人と人なので、少しの意見の食い違いによって、お互いに譲り合ったり、話し合いを経て解決することがあります。しかし、価値観が大きく違うと対立してしまう可能性が大。男性も女性も、自分の価値観の合う異性に出会うと、それだけで、相手の見え方が変わります。

結婚前提で同棲はあり?なし?

結婚前提の付き合いで、同棲をしているカップルも少なくありません。同棲をしながら付き合っているカップルは、別々に暮らしているカップルとは違ったメリット、デメリットが発生します。結婚前提の同棲は「あり」か、「なし」かを判断する前に、メリットとデメリットをご紹介しましょう。

結婚前に同棲をするメリット

結婚前提で同棲はあり?なし?

結婚前提のお付き合いで、結婚前に同棲をすることで、お互いのことを知るための良い機会になります。ただ付き合っているだけでは、見えなかったことが、同棲することによって見えるので、結婚前から対応することが可能。

1つ屋根の下で一緒に過ごすことで、相手がどんな人なのかを、しっかりと見極めることができるのです。さらに、同棲すれば家賃や、生活費などが半々になるので、お互いの負担が少なく、節約に繋がるところも同棲のメリットと言えます。

結婚前に同棲をするデメリット

結婚前に同棲をすると相手のことが見えすぎてしまって、別れてしまうというカップルもいます。相手のことがしっかりと知れるという点はいいことですが、あまりにも違うと、それがストレスになることもゼロではありません。

さらに、同棲を長くしてしまうと「このままでもいいのではないか」という変な安心感が生まれてしまって、同棲関係のまま、ズルズル長引いてしまうケースもあります。特に男性がこういった考えをする傾向に。同棲には、いい点も悪い点も両方あるので、一概におすすめとは言えませんが、同棲を決める時は、メリハリをつける必要がありそうです。

結婚前提の交際で体の関係はどうすべき?

結婚前提の交際で、体の関係に関しては、関係を持つべきという人と持たない方がいいという人で別れます。体の関係を持つべきだと考えている人は、体の相性が結婚をする時にも重要になるからです。体の関係を持つ際には、相手のことをしっかり見極めた交際3ヶ月くらいのタイミングがいいと言われています。

逆に、体の関係を持たない方がいいと考える人は、結婚前提の交差では確実に結婚することが決まっていないので、体の関係を持つとお互いの予期しないタイミングで子供ができることがあるからです。相手をじっくり見極めるためにも、体の関係を控えておくのも1つの手かもしれません。

結婚前提の交際で別れる理由って何?

結婚前提と言っても実際に結婚しているわけではないので、お互いの思いがすれ違えば別れる場合も。結婚前提の交際をしていて別れる理由には色々考えられます。

結婚前提の交際で別れる理由①価値観の不一致

結婚前提の交際で別れる理由って何?

結婚前提でも、普通に付き合っている場合でも、別れる理由として多いのは、性格や価値観の不一致です。性格や価値観が合った2人は、不思議とシンクロを感じて一緒にいたいと思うものですが、そこが合わないと窮屈さを感じて、別れることに繋がります。

結婚する上で、お互いの価値観が合うという点は、とても貴重なのです。

結婚前提の交際で別れる理由②交際期間が長過ぎた

結婚前提の交際で、別れる理由には、交際期間が長過ぎたことも挙げられます。いくら結婚前提のお付き合いでも、結婚するタイミングを逃してしまうと、そのままズルズル行ってしまって、気持ちが冷めることも。女性は、結婚に対して積極的な人が多いですが、男性にとって「結婚」は、大きな覚悟をするべき場所です。

そのため、交際期間が長くなると「このままでもいいや」という脱力感のような気持ちが生まれて、3年、4年と長引いて、結局別れてしまう結末に。

結婚前提の交際で別れる理由③隠し事が発覚した

結婚前提のカップルが別れる理由の中に、隠していたことが明るみになったことがあります。例えば、異性関係、借金、家事が苦手などを、相手に隠していたことがバレて、別れたしまったというカップルも比較的多数。結婚は、気軽な気持ちでできるものではなく、お互いがお互いを認めて、協力し合いながら乗り越える気持ちがあってこそです。

そんな相手がトラブルを抱えていて、それを隠していたとなれば、相手が怒るのも無理ありません。結婚前提で交際をする時はもちろん、ずっと一緒にいたいと考えているのならば、包み隠さずにさらけ出せるようにしておきましょう。

結婚前提の交際を実らせるコツ

最後は、結婚前提のお付き合いがうまくいくコツをピックアップします。結婚前提のカップルが、全て別れるというわけではありません。相手と一緒にいて、結婚をしたいと考えるのであれば、交際がうまくいくコツも覚えておきましょう。

結婚前提の交際を実らせるコツ

結婚前提の交際を実らせるコツ①素の自分を見せる

結婚前提の交際がうまくいくコツには、素の自分を見せ合うことがポイントです。大好きな人には、自分が一番かっこ良くて、可愛い姿を見せたいと思いますが、結婚をしたら、それが難しいこともありますよね。24時間、365日化粧しているわけにはいかないですし、自分を偽っていると自分が苦しくなるのです。

一緒にいて一番楽な相手は、自分のことを全て受け入れて、丸ごと愛してくれる異性。自分を良い人に見せなくても、可愛く見せなくてもいいので、気持ちが楽なのです。

結婚前提の交際を実らせるコツ②お互いを尊重する

結婚前提の交際を実らせるコツ-2

交際がうまくいくコツは、お互いを尊重し合うことです。お互いの考え方などを尊重することは、相手を理解しようとすることの1つ。人は、それぞれ違う道を歩みながら、あるタイミングで大切な人と出会います。歩んでいる道が違っているので、考え方や性格などが違うのは当たり前。

愛している人だからこそ、ありのままを受け入れて、自分を偽らずに向き合って行くことが大切です。

結婚前提の交際を実らせるコツ③交際の状態を長引かせない

結婚を前提に交際する際は、4年以上は長引かせないことがポイントです。この4年という数字には理由があります。結婚前提で、4年以上交際しているカップルは、破局の確立が上がると言われているんです。これも、交際している間に、お互いの気持ちが冷めてしまったり、満足してしまうことにあります。

そこで、結婚前提のお付き合いをうまくいかせたいという方は、交際から結婚に至るまで、1年〜2年と決めておき、しっかりと約束しましょう。

結婚前提の交際を実らせるコツ④両親に挨拶に行く

結婚前提の交際がうまくいくためのポイントは、お互いの両親に挨拶に行くことです。敢えてお互いの両親に挨拶しにいくことで、緊張することもありますが、お互いの新たな一面を見ることもできます。両親に向かって「結婚前提にお付き合いさせて頂いています。」と言うと公言すれば、それも約束に。

生半可な覚悟では、その言葉はなかなか言えません。そのため、両親に挨拶して、家族ぐるみでお付き合いすることも、結婚前提のお付き合いをうまく進めるためだけでなく、結婚後にも役に立ちます。

最後に

結婚前提の交際は、気持ちの面でも違う面がありますが、負担に思う必要がありません。結婚は、マイナスなイメージがあって、負担に思ってしまうかもしれませんが、よくよく考えてみると結婚は素敵なことです。どうしても自分のことだけしか見えず、イライラしたり、理不尽に思えてしまうこともあります。

そんな時は、一度立ち止まってみることが大切です。とりあえず、結婚のことを置いて、お互いのことを見ながら面と向かって話したり、お互いに干渉せず、尊重しながら結婚前提の付き合いをしていきましょう。

関連記事

にんにくの効果とは?効果的な食べ方やにんにくの作用について...

奥手男子の脈ありサインを逃すな!特徴や落とし方について...

プルーンの効果とは?効果的な食べ方やプルーンエキスの効能も...

30代の婚活は結婚相談所?結婚相談所で婚活を進めるポイント...

しらたきダイエットの方法や効果は?人気レシピもご紹介...