コルセットダイエットとは?おすすめ?やり方や効果、危険性をチェック!

コルセットダイエットとは?おすすめ?やり方や効果、危険性をチェック!

目次

コルセットダイエットがジワジワと流行しているのをご存知ですか?着けるだけで痩せ効果があると噂のコルセットダイエット、気になりますね。今回はコルセットを着用する効果や注意点についてまとめます。

コルセットダイエットとは

コルセットダイエットとは、コルセットを巻いて生活をするダイエットです。コルセットというとヨーロッパのお姫様たちがドレスの下に着ていたり、部活などスポーツで腰を痛めた人が腰痛対策として着用していたりするというイメージでしたが、最近は前者のように美容目的で日常的に着用している女子が増加傾向です。
ここでご紹介するコルセットは女性用で、ひもを用いて背中でギュッと締めるものです。

コルセットは通販で簡単に手に入る

コルセットダイエットとは

コルセットはブラジャーのように下着店に行ってサイズを測る必要がないので通販でも気軽に手に入れることができます。
徐々に締め上げることができるタイプのコルセットは2,000円台から販売されていますよ。検索するととても安価なコルセットもありますが、安価には理由があります。後ほどご説明しますが、縫製がしっかりとしていないとコルセットの効果が半減、購入する際はサイトの説明をきちんと読んでご自身で納得したものにしましょう。

コルセットダイエット男性にもジワジワきている

腰痛対策用に男性用コルセットはこれまでも販売されていましたが、最近は男性も美容目的のものも見かけるようになりました。美の市場は男性にも広がっていますよ。

コルセットダイエット効果とは?

はじめにお伝えしますが、コルセットダイエットは着けたからといってすぐに痩せるというものではありません。体重が減るのではなくスタイルが良く見えるのです。つまりコルセットはボディメイクするために着けるもの、合わせて運動やバランス良い食事などでダイエットをしましょう。それではコルセットの効果についてご紹介します。

コルセットダイエットのビフォーアフター

コルセットを装着して撮った画像とこれまでの自分とを比べると、ウエスト部分が大きくくびれていることに驚く方が多いです。縫製の良いコルセットはシルエットがきれいですよ。またひもでギュッと締めるのですが、ひもも丈夫なので簡単に切れることがありません。
装着するとまさにビフォーアフター、私たちが日ごろゴムのパンツやスカートで楽をしていることがよくわかります。この大きな変化はコルセットで開いた肋骨を締めたからです。多くの方の肋骨は開いた状態なのだそうです。くびれに快感を覚えた方はハマるタイプ、コルセットを着けないと出かけられなくなります。

コルセットにダイエット効果があると言われるのは姿勢が良くなるから

コルセットを着けると背筋を正していないと骨組みが邪魔をして大変つらいです。強制的に姿勢が良くなるので、特に猫背気味だった方はきれいな立ち姿・座り姿になります。
姿勢を強制するだけで血行促進効果があり基礎代謝がアップするという話を聞いたことがありませんか?見た目が良くなるだけでなく血行が促進されると代謝も上がりますよ。

コルセットにダイエット効果があると言われるのは食事量を抑えられるから

コルセットを着けたからといって痩せるわけではないとお伝えしましたが、装着している間は食事の量を減らすことができます。コルセットを着けた状態で食事をしていると、どんどん圧迫感を覚えるので、きついと感じた時点で食事を止めることができるからです。
無理は禁物ですが、食事量が減ると体重は緩やかに減少しますね。

コルセットダイエットのやり方

コルセットダイエットのやり方について解説していきます。

コルセットダイエットのやり方

コルセットは市販品でOK

まずはコルセットを手に入れましょう。特別高価なものを購入する必要はなく、予算に合わせて(2,000円くらいから)、ご自身のサイズよりワンサイズ小さめを購入します。

コルセットをはめる

バスクと呼ばれる金具部分を前にして背中側にある(×になって編みあがっている)ひもをギュッと締めます。そのひもを前に持って行って蝶結びをします。はじめはいちばんゆるい状態でもきつく感じますが次第に慣れていきます。
ブログなどではコルセットをせっかく購入したのに窮屈や面倒に感じて装着しなくなった人も見かけました。これまで何もしていなかった部分を締めるのですからはじめはみんな辛いもの、身体に負担がない範囲でしばらく着けてみましょう。

コルセットの装着時間

1日3~6時間を目安に着けます。装着タイミングは生活スタイルによって異なります。ブログなどでは出勤前に着けて昼休み(ランチを終えてから)外す、主婦の方は午前中だけ着けるといった工夫をされていました。毎日決まった時間に着けるのをルーティンにすると着け忘れてそのままタンスに入ることはありません。
細見え効果を知ると、着けて出かけるのが楽しくなりますよ。

コルセットダイエット1カ月でフルクローズを目指そう

毎日コルセットを装着し、少しずつ締め上げていきます。背中にあるひもがこれ以上締めあがらない状態をフルクローズといいます。1カ月かけてフルクローズを目指しましょう。フルクローズしたらワンサイズ小さいコルセットを購入します。
シルエットがきれいになると欲を出して1週間でフルクローズしようとがんばる人のブログを見かけますが、無理に内臓を圧迫するのはおすすめしません。身体が悲鳴をあげているなら少し緩める、身体と相談しながらゆっくりと締めていきましょう。

コルセットダイエットブログをチェック!おすすめできないのはこんな人

挫折した方のブログから、コルセットをボディメイクに活用するのに向いていない方はこんなタイプであることがわかります。

 生活に追われ余裕がない方
 面倒くさがり
 脱着のタイミングがない方

数日間はコルセットの装着に多少時間がかかるので、日ごろから生活に追われ余裕がない方はコルセットを購入しても3日坊主になります。また面倒くさがりの方も着けるのはおそらく購入したその日だけでしょう。徐々に締め上げるという作業が面倒だから初日でタンスに納まってしまう可能性が高いです。また職場に更衣室がないなど、脱着するタイミングがないとコルセットダイエットは毎日できません。

コルセットダイエットの危険性は?

コルセットは慣れたら下着と同じ、着けていないと恥ずかしいくらいになる人もいるようです。しかし、長時間の着用はおすすめしません。

 長時間の締め付けすぎによって内臓に負担を与える
 長時間の締め付けすぎによって血液やリンパの流れが滞る
コルセットを購入したらメーカーの説明書や注意点が明記されているので、きちんと読んで正しく装着しましょう。

よほど高級品でない限りコルセットは洗濯機で洗うことができます。長く使用するために、洗濯ネットに入れましょう。ダイエットは楽しくないと続かないので、コルセット装着初日、中間、1カ月後などの画像を撮って比べると励みになりますよ。

最後に

コルセットダイエットについて、ご紹介してきました。いかがでしたか?自分のウエストを締めるとどれくらい細く見えるか?気になりますよね。コルセットは思っているよりお手頃価格、ぜひお試しください。

関連記事

転職するなら慎重に!20代・30代で転職するときのポイント3選...

酢だこのカロリーってどれくらい?たこのカロリーや栄養、酢だこさんやかこ...

ルイボスティーのダイエット効果って?飲み過ぎは太る!飲む時間や回数...

私嫌われてるかも?職場で嫌われる女性の特徴7選!対処法はある?...

食事制限なしダイエット?!運動なし食事制限もしないダイエット方法とは...