生理中デートの女性心理とは?生理中デートの過ごし方や彼氏にできることとは

生理中デートの女性心理とは?生理中デートの過ごし方や彼氏にできることとは

男女の違いで分かり合えない永遠のテーマの一つである生理。女性でも人によって生理痛の症状は全く違ってきます。生理中に痛みや体調不良がほとんど無い人もいれば、学校や仕事に行くのも支障をきたす人だっていますので、いちがいにはこうだと言えないのです。生理中のデートが辛いという女性がいるということを今回は男性にも分かって貰うために、症状の重い人を例にして話を進めたいと思います。

生理だからとデートを断られた!これってどういう女性心理?

生理中の女性は、思いのほか体調に影響が出ます。おなかが痛いのは当然のことながら、腰痛・貧血・倦怠感など症状は人によって様々です。特に生理が始まってから3日目あたりまでが生理痛の症状は重く感じます。
生理だからという理由でデートを断られた彼氏は、デートを断られた=嫌われたということではないということを理解してあげましょう。彼女だって好きな彼氏とデートしたいのです。生理中の体調不良は、気をつけていてもよくなるものではなく、無理をして彼氏とデートをする彼女よりは、生理だからとデートを断られた彼氏の方が、彼女に信頼されていると考えていいでしょう。彼女に生理の時は無理しなくていいのを普段から伝えておきましょう。

彼女が生理のときにデートした場合、彼女がいつもと違うことを理解して

生理中は体調もそうですが、メンタル面でも変わりやすくなります。彼女が生理中にデートをしたという場合、彼氏から見るとイライラしてヒステリーのように見えるかもしれませんが、これも生理中の特徴の一つです。普段は穏やでイライラしたりしない彼女の様子がいつもと違っても、生理特有のもので、一時的だと理解してあげてください。

生理中デートの過ごし方

女性の生理期間に個人差はありますが、だいたい3日から1週間ほどです。1ヶ月のうちの1週間がデートに重なるなんて…とは思わないで下さい。自然現象ですので、自分で日にちを決める訳でもありませんし、何より生理があるのが正常なのです。

生理中デートの過ごし方①自宅でゆっくり過ごす

心身ともに不調の生理中のデートは、負担をかけないようにどちらかの自宅でゆっくりDVD鑑賞をしたり、ゲームをして過ごすなどするのも良いのではないでしょうか。

生理中デートの過ごし方②長距離歩いたり、寒いような場所は避ける

生理中は貧血気味になる女性が多いので、運動などはもっての他ですが、長時間歩いたり冬場に寒い場所に出かけるなどは、症状が悪化する場合があるので避けてあげるようにしまよう。

生理中デートの過ごし方③長時間のデートは控える

生理中でも会いたいのは好きだから当然のことと思います。彼女も大丈夫とデートに行くことになっても、彼女の体調には配慮してあげてください。
男性から見れば病気じゃないのに、と思うかもしれませんが出血した状態が続いているわけですから、いつもの状態とは少なからず違うということは頭に置いて欲しいものです。

生理中デートの過ごし方④無理はしないでデートはやめる

あまり調子が良くないようなら、無理せずデートは無しにするのも仕方ないでしょう。
楽しみにしているデートだし、生理でキャンセルするのは・・・と思う人もいるかもしれませんが、彼女が本調子でなく無理に出かけて下手してケンカになってしまってもつまらないです。

体調が良くないなら無理しないで休んだほうがいいよ、という優しい彼氏の心遣いのほうが彼女には嬉しいのではないでしょうか。

彼女の生理痛が辛いとき彼氏にできることとは

女の姉妹がいる人は、日々の生活の中で女性と接しているので、多少はそういった知識もあるかもしれませんが、男の兄弟のみだと生理の知識なんか無いに等しいですよね。彼女が生理中に彼氏にして貰って嬉しい気遣いとはどんなものがあるでしょうか?

生理中の彼女に彼氏ができること①出かけ先で疲れてないか気にしてくれる

長時間歩いているときや移動しているときに、「疲れてない?休む?」と気を遣ってくれるのは嬉しいです。
定期的にトイレに行くようなタイミングを作ってくれるなども、嬉しい気遣いでしょう。

生理中の彼女に彼氏ができること②薬や飲み物などの差し入れ

症状が酷い人は生理中寝込んで動けない人もいます。一人暮らしだと外出もままならないです。
そんなときに、押し付けがましくなく「薬買っていく?」「欲しいものある?」などと気に掛けてくれるのは体調が悪く、心細くなっていますのでさりげないやさしさが嬉しいので合う。

生理中の彼女に彼氏ができること③そっとしておく

生理中はイライラしやすくなることもありますので、色々構われるより放っておいてほしい人もいます。
一度聞いて、「大丈夫だから」といわれたら様子だけ見てあまりしつこくしないのも手です。

生理は病気ではないからこそ扱いが難しい

毎月女性が経験する生理は、確かに病気ではありませんが、将来子どもを産む為には必要な体のサイクルなのです。
生理に伴う体調の変化も、個人差がありみんなが同じわけではありませんので、他の人と比較したりするのもしないようにしてあげてください。

調子が悪いのは一時的なものだと割り切って貰って、その期間が終わればまた楽しくデートできるようになります。
付き合いが短いうちはお互い気を遣うかもしれませんが、付き合いの期間が長くなれば生理のときのデートや対応も慣れてくるはずです。

関連記事

魂を成長させるスピリチュアルな心がけとは...

今すぐ出来る!おすすめのメンタルトレーニングの方法4選...

デリケートゾーンのかゆみだけなら市販薬でも治せる?おすすめサプリも...

シンクロニシティとは?「共時性」(シンクロニシティ)の法則と引き寄せ体...

ゴーヤの栄養素!癌にも効くって本当?効果的な食べ方・レシピも紹介!...

あそこの臭い・かゆみ対策ってどうしてる?デリケートゾーンの臭いケ...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る