【芦屋道顕】10月、神無月は、出雲以外の神社には神様はいなくなる?

【芦屋道顕】10月、神無月は、出雲以外の神社には神様はいなくなる?

10月、神無月は、出雲以外の神社には神様はいなくなる?

答え: 迷信じゃ。

万一本当だったとしても、ここでいう神無月の10月は、旧暦の10月なので、新暦では11月8日以降。

神無月に出雲に神様が集まるのは、出雲大社が言い出したこと。実際は、

神無月は当て字だった!

無、は昔の「の」にあたる。

水無月は水の無い月どころか、昔も梅雨じゃった。この神無月の無、も、「の」という意味。
神無月と呼ばれる旧暦の10月は、一年の収穫に感謝する大事な神事、神嘗祭が執り行われる「神の月」なのじゃ。

ゆえに、10月は出雲大社以外の神社に参っても神がいなくてムダ、ということはないのじゃ。安心して詣でるがよいぞ。

関連記事

【芦屋道顕】霊的相談「死相が出ている」と言われました【辛口オネエ】...

(1)猫は異界の生き物【芦屋道顕】...

最も不幸を呼ぶ厄介な呪い『嫉妬』の原因と祓い方...

【霊的相談室】不幸な人生は前世の罰?どんな努力も無駄で一生不幸?【辛ス...

Xmas・冬至パワーで恋を叶える☆おまじない3選【芦屋道顕】...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。