男のホンネ!発言に隠された衝撃の本心7選

人の心にはウラとオモテが必ずあるもの。

特に男性はプライドが高かったり見栄を張るのが大好きな生き物です。
普段から、女の子に直接言い辛いことや、自分の評価が落ちそうな発言をうまくオブラートに包んで表現しているのです。

今回は、そんな男の発言に隠された本音発言をズバッと大暴露しちゃいます。

*「モテそうだよね」=遊んでるのかな?


合コンや初対面の場で「モテそうだよね」なんて言われたら、なんだか褒められているような気がして嬉しくなっちゃいますよね。

でも、要注意です。
実は、遊んでるのかな?なんて疑われているのかもしれません。

モテそうという発言はつまり男受けを意識してそう、とか派手なファッションをしているなという気持ちの表れなのです。

男ウケ意識のファッションを取り入れている方やぶりっこ系の女子はモテそうだよね、と言われても素直に喜ばず、自分を見直した方がいいかもしれません。

*「口下手でごめんね」=俺の気持ちをもっと汲んでくれ


無口や口下手男子は自分の思ったことを素直に口に出すことができません。
とはいえ気持ちは口に出さないと伝わらないこともあります。

「口下手でごめんね」というのは謝っている気持ちと同時に、だからもっと察してくれといった察してチャンな要素も持ち合わせているのです。

相手の気持ちを汲んで世話を焼くのが好きな女子なら大丈夫ですが気持ちをはっきり伝えてほしいタイプの女子は「口下手を理由に意思疎通から逃げずに気持ちを伝えてほしい」とはっきり伝えておきましょう。

*「しっかりしてるね」=1人でも生きていけそうな女性だな


男性は守ってあげたい、いわゆる庇護欲を掻き立てられる女子が大好きです。
よって、男性から女子に伝えられる「しっかりしてるね」というのはあまり誉め言葉にはなりません。
自立した強い女が好きな男性もいるかもしれませんが、大抵の男性はか弱い女の子が好きなのです。

男性からしっかりしている認定をされてしまったら2次会の帰り道も一人で帰れるだろう、仕事も家事もバリバリできて俺の出る幕はないかな、付き合ったら俺よりしっかりしてそうでヘコまされそう、と思われてしまいます。

一生懸命毎日を頑張っている女子には辛い現実ですが、1人で生きていける強い女を男性は恐れ引いてしまうのです。

*「まだ時間大丈夫なの?」=キリもいいし早く帰りたいな


この「まだ時間大丈夫なの?」には3パターンの意味があります。
1つは、本心から終電などの時間を心配して聞いてくれているパターンです。

親御さんが心配するんじゃない?とか明日の仕事は大丈夫なの?などと続くときはこのパターンの可能性が高いです。

2つ目は下心から終電の有無を確認しているパターンです。
「帰りたくないな」とか「今日は帰らなくて大丈夫」などの回答が返ってくるのを期待しての発言です。

最後の3つ目は早く帰りたいなと思っているときです。
まだ大丈夫なの?と聞いておきながら本音はもう帰ろうよ、帰った方がいいんじゃない?というか俺が帰りたい、といった気持ちが隠されています。

彼の表情や態度から見極められるようになりましょう。

*「大丈夫/わかってるよ」=はやくこの話終わらないかな


相談や悩みごとをしたときにこの返事が返ってきたら彼はあんまり話を聞いてくれていない可能性があります。

男性の中にも「男は解決策が、女は共感が欲しい」という認識を持っている人は多いです。
ですので、女子の相談に対してとりあえず同意しとけばいいんでしょ?という乱暴な考え方をしているときがあります。
会話の内容にたいして触れずにとりあえず同意や共感の言葉を並べているときは、きちんと話を聞いているかどうかチェックしましょう。

ただし、反対意見や自分のミスを指摘されても逆切れしないことが大切です。
そんなことをしてしまうと「結局ハイ、ハイ言わなきゃ納得しないんじゃん!」と思われてしまいますよ。

*「甘えていいよ」=イチャイチャしたい


「甘えていいよ」という言葉は男性と女子で大きく認識が異なります。
女子にとっての甘えたいとは辛いときに愚痴を聞いてほしかったり、代わりに家事をしてほしかったりということですよね。

ところが、男性にとって「女子に甘えられたい」というのはイチャイチャしたいだけだったりします。
甘えていいよといったのになんだか彼が素っ気ないと思ったらこのようなすれ違いが起きているかもしれません。
彼からしたら、ただイチャイチャしたいだけだったのに愚痴や長話が始まったと驚いている状態なのです。

*「どっちでもいいよ」=どっちでもいいよ


最後は本音と建前が全く同じなパターンです。

例えば食事やデートの行き先など女子にとって「どっちでもいいよ」は、あなたの好きな方にしていいよ、という思いやりや一緒に入れたらなんでも楽しい、といった気持ちですよね。

ですが、男性のどっちでもいいは本当にどっちでも良いのです。
両方好きなパターンや、本当にどちらも興味がない場合もあります。

彼に「どっちでもいいよ」と言われたときは、気にせずに自分が好きな方を選んじゃいましょう。

 

相手の発言を鵜呑みにするのはNG


どんなに嬉しいことを言ってくれたとしても素直に受け取るのはちょっと不安になりそうな発言の数々でしたね!

相手の発言を鵜呑みにすることなく真意を汲み取れるようになりましょう。

Pocket
LINEで送る