白紙でもOK?婚活パーティーで提出する中間印象カードの使い方

婚活パーティーで使われるアイテム、中間印象カードはご存知ですか?

中間印象カードは上手く利用すると、カップリングする可能性が上がります。
それなのに、白紙で提出するのはもったいないです!
が、場合によっては無記入もアリなのではないかと思います。

今回は中間印象カードの使い方について、書いていきたいと思います。

中間印象カードって?

まずは、中間印象カードについて。
以前の記事で軽く触れたことがありますが、改めてご紹介します!

中間印象カードは婚活パーティーの途中に提出するカードです。
自己紹介タイムが終わったあと、全員とお話してみて「気になる」「いいな」と思う人がいれば、その人の番号を記入します。

自己紹介タイムのあとはフリータイムがあるので、そのときに中間印象カードは大活躍します。
「自己紹介タイムでは気にならなかったけれど、中間印象カードに記入してくれたから気になってきた」という可能性があるのです。

気になる人からチェックをもらえたら嬉しいけど、誰からもチェックをもらえなかったら寂しい中間印象カード。
自己紹介タイムの間にカードに番号を記入してもらえるかどうかが変わるので、パーティー開始から気合いを入れていきましょう!

婚活パーティーでカップリングするには?

婚活パーティーでカップリングするために、中間印象カードを上手く活用していく方法があります。

先にも書いた通り、「自己紹介タイムでは気にならなかったけれど、中間印象カードでチェックをもらったから気になってきた」ということがあるのです。

パーティーでは、自己紹介タイムの次にフリータイムがあります。
大体、フリータイムは自己紹介タイムで気になった人のところへ行くようになるのですが、フリータイムの回数と気になる人の人数が同じということはなかなかありません。
余った時間、他の人とも話してみたいなと思うのです。

そんなとき、利用されるのが中間印象カードです。

中間印象カードにチェックを入れてくれた人の中から、改めて自分も気になるかもと思い始めた人のところに行くのです。

なので、中間印象カードはちょっとでも気になる人の番号を記入しておくのがベスト。
もしかすると、思いがけないカップリングに繋がるかもしれません。

白紙でもOK?

カップリングするなら、中間印象カードは白紙で提出しない方がいいでしょう。
「あの人とカップリングしたい!」と思わなくても、「もう一度話してみたいな」という人にチェックを入れておくといいです。

ですが、白紙で提出するのが絶対にダメ!とは言えません。

婚活パーティーの目的はカップリングすることと言っても、会場内に気になる人がいないときもあります。
そんなとき、無理やり中間印象カードに番号を書いて、カップリングカードにも番号を書いてカップリングしたら、どうなるでしょうか。

うまが合えばいいですが、まったく気にならない人とのカップリングであとから気になる存在になるのは、なかなかありません。
カップリングした場合、相手からは好意を持たれている可能性があるので、相手の気持ちを傷つける結果になることも。
それはよくありませんよね。

少しも気になる人がいないなら、白紙で提出もアリだと思います。

まとめ

婚活パーティーで中間印象カードは、カップリングに繋がるためのキーアイテムです。
自己紹介タイムでは気になっていなかった人でも、中間印象カードにチェックをもらったら「気になってきたかも」になる可能性もあります。

なので、少しでも気になる人がいるなら、中間印象カードに番号を書いておきましょう。

ただし、まったく気にならない人ばかりだという場合は、白紙で提出もアリだと思います。
カップリングへの可能性を残すための記入なので、カップリングしなくていいというときは、無理して番号は書かなくてもいいでしょう。

関連記事

初対面から印象が決まる!婚活パーティーは一目惚れが大事!?...

なんで返信がこない!?婚活中にあるメールの返事がこない理由...

婚活パーティーの第1印象カード。番号を書かずに提出はアリ?...

婚活してるときって人の意見がほしくなるけど、誰に相談すればいい?...

見た目に手を抜くのはNG!外見から始まる婚活パーティー...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ