関わると大けが!本当にハマってはいけない男とは?!

かけ引きをしているときは猫をかぶるので本性が見えません。
それはお互い様ですが、関係が深まったときに本性を知っても既にハマっているので悪い部分が見えていて見えなくなるという経験はありませんか?!

「あれれ?」と思っているうちに自分ばかり頑張らなくてはならない恋愛をズルズル・・・そんなことにならないために、今回は本当にハマってはいけない男性についてご紹介します。

 

目に見えるダメンズではない

お金遣いが荒い人や乱暴な人は見た目や言動から推測できます。

例えば稼げる職業ではないのにファッションをブランドもので固めていたり広く浅い友だちが多かったり、物の扱いが雑だったりお酒を飲んだら態度が変わったりする人です。
そういった男性とはかけ引きのときにわかった段階でこれ以上好きにならないよう距離を置けばいいことです。

今回ご紹介するのは目に見えるダメンズではなく、つきあってハマったら心底後悔するダメンズです。

 

見た目はごく普通の人

ハマってしまうと抜け出ることが難しい本当のダメンズは社会に紛れ表面的には常識を持った好青年を演じています。
だから初対面の人や付き合いが浅い人からの印象がとてもいい、女性に対してもちょとしたプレゼントや特別感を味わえるような気回し、駆け引きの段階で「こんな素敵な人と出会えるなんて奇跡」と思うくらい幸せな気分を味わうことができます。

闇が深い

かけ引きをしているときはパーフェクトな男性ですが深い関係になると彼女を私物化、これまで奉仕したぶんの回収が始まります。

 

どんなことが始まる?!

■自分の代わりに何かをさせる

甘え上手なので言葉巧みに彼女を誘導し「私がしなくては」という気持ちにさせて自分の代わりにあれこれ雑用を言いつけます。
例えば一人暮らしの場合は家事やクリーニングは当たり前、また時間がなくて買いに行く暇がない場合は代わりに買いに行かされます。
酷い男性は新発売の物(スマホやゲームなど)の購入で並ばされるなどの私物化が始まります。

■彼の都合で物事が決まる

かけ引きをしているときは時間厳守でどちらかというとレディファーストなのですが、手に入ると逆転、自分ルールに合わさせようとします。
デートの待ち合わせは彼が起きた時点で決まるし、約束をしていても友だちとの予定が入るとあれこれ理由を付けてドタキャンされることもあります。

 

自分にハマるまではとても大切に扱われる

家庭環境から自然にそうなった人もいれば女性経験を通して得た人もいるけれど、女性の心理を理解し上手に利用しています。
例えば自分にハマることが大切というのを押さえているので、好きでたまらなくなるまでお姫様のように大切に扱います。

また、抵抗された場合はボディタッチと「好き」や「君しか頼れない」など特別感を出す甘い言葉でなだめるのが有効ということもよく知っています。
さらに理不尽と思いながらもズルズル交際を続けてしまうことも知っています。だからハマってはいけないのです。

本当にハマってはいけない男の特徴

一見普通の人なのでどういった人にひっかかってはいけないのかわかりにくいですが、下記を押さえておくと自分へのストッパーになります。

■外面がいい

老若男女関係なく外面がいいので初対面の人や広く浅い関係の人にはとても好印象です。
付き合いが深くなるとその人の本性が露呈しますが、こういった外面がいい人は第一印象で好印象を得ているので「悪い奴」という評判がなかなか表面化しません。

■エスコートが上手

前述したように潜在ニーズを把握しているので、お姫様のような扱いなど女性の「あったらいいな」を現実にします。まるで夢のような扱いをされたときは客観的になって相手を見てください。
※潜在ニーズとは簡単に言うと目には見えない漠然とした「あったらいいな」という欲求です。

■家族にパンチのある女性がいる?!

またすべての男性がそうではないから一概には言えませんが、女性が強い家庭環境で育てられた男性は幼い頃からパンチある母親やお姉さん(複数の場合は最強)と接し女性特有の多くの理不尽を味わって鍛えられていることが考えられます。
周りの男友達に照らしてみてください、複数のお姉さんがいる人は女性の扱いに慣れていて優しいですよね?!

ただ、家庭環境に関係なく女性経験の豊富な男性は今回のハマってはいけない男性に当てはまります。

気が利いて女性の求めることを理解している人は魅力的ですが、ロックオンして突き進むのではなくこういった男性こそ一歩引いて観察してから駆け引きをしてみてください。

Pocket
LINEで送る