失恋から早く立ち直るためにすべき7のこと

イケると思って告白したのにフラれてしまうことがあります。
また彼氏と上手くいっていると思っていたのにいきなりフラれてしまうこともあります。

大人になってからフラれるのって辛いですよね。
こんなに好きだったのに、この想いをどうすればいい?!
わからなくなることがあります。

今回はフラれたとき、失恋の痛手から一刻も早く立ち直る方法をご提案します。

 

  1. 声を出して泣く

まずは悲しいという気持ちに素直になりましょう。
声を出して泣くことはストレス解消につながります。
恥ずかしいなら布団に包まると少しだけ声が漏れにくいです。
泣くのを我慢すると失恋を引きずってしまうのでここは「もういいや」と思えるまで泣きます。

 

  1. フラれた原因を分析する

自分はどうしてフラれたのでしょう。
彼の浮気でしょうか?!
彼を不快にさせていたことを直さなかったからでしょうか?!
好きな人の好みでなかったのでしょうか。
わかる範囲で分析すると繰り返さないよう気を付けることができます。

  1. 関連のものを処分する

彼の連絡先はもちろん消去、告白をしてフラれたのがたとえ社内の方であっても連絡先を消します。
また、彼からもらった物や一緒に使っていたもの、好きな人のために手に入れて使っていた化粧品など思い出してしまうようなものはすべて処分します。
質に入れたりフリマアプリなどで売ったりしてお金に変えましょう。

  1. これも経験として前向きに

きれいごとではなく、自分に別れを告げた彼や好きだった人をいくら恨んだり惜しんだり、魅力があり素晴らしい人であったことに違いはありません。
しかしいつまでも引きずっては自分の価値観や好きだった期間を否定することにつながるので、いい勉強になったと相手に感謝し前に進みましょう。

  1. どんな自分になりたいか再確認

思いきり泣いて彼関連の物を処分し身の回りがすっきりとしたら次は自分について考えます。
その彼と結婚を考えていた場合はこの先進むべき道が大きく変わってきますよね。

恋愛はもちろんですが今後についてどうしたいか具体的なイメージを持つと立ち直りが早まります。
例えばフラれた原因が「ケバい」や「太っている」場合はファッションや髪色を少し落ち着きのあるものに変えたりダイエットをしたりしてイメチェンするのも良いですね。
また、今は共働きが当たり前の時代だし結婚がゴールではないので、これからの自分のために資格をとるのもいいです。

  1. 環境を変える

どんな自分になりたいか考えたときに必要となったことを実行してみましょう。
例えばダイエットのためにウォーキングを始める、そのために歩きやすい公園を開拓する、場所が変わることで新しい出会いがあるかもしれません。
その出会いが女性でも近い将来素敵な男性とつながる可能性があります。
ファッションを変えたいならこれまで入らなかったお店の店員さんにアドバイスをもらうなど環境を変えてみましょう。

  1. 深呼吸

気持ちを切り替えたり環境を変えたりすることで前向きになれますが、時折思い出しモヤモヤすることもあるでしょう。

そんなときは何度か大きな深呼吸をしてみてください。
いつかこんなこともあったと笑って言えるときが来るし、大小に関係なく、すべての人に平等に幸せがあるのです。健康な身体、友だちがたくさんいる、肌が綺麗など、とても恵まれていることに気付けるはずです。
だから好きだった人を無理に忘れる必要はなく思い出したら深呼吸し心を落ち着かせて周りを見渡せばいいのです。
また、園芸や工作など無心になれる作業もおすすめです。

時間が経てば元気になって新しい生活を始められるのは女性の方。

しばらく経ってから振り返り「やり直したい」「やっぱり付き合わない?!」と連絡をしてくるのは男性側です。

もしも連絡があったら「間に合っています」と突き返してやりましょう♪

Pocket
LINEで送る