無意識にやってない?恋愛対象外な女性の言動5つ

男性の「これやったら無理でしょ」という行動ありますよね。
もちろん男性も同じで女性がやっている言動を見て恋愛対象かそうでないかを判断しています。

自分はできているから大丈夫と思っている人ほど実はアウトなことが多い・・・

今回は客観的な立場になって恋愛対象外な女性の言動を見ていきましょう。

 

前歯に口紅

女性なら経験があると思いますが、なぜか口紅が前歯についてしまうことってあります。
出っ歯でなくても何かの拍子についてしまうこの現象、男子は特に嫌だそうです。
気持ちが悪い、食欲が失せる、回し食べなんてなり得ない、一緒にいるのが生理的にムリ、そう思っています。


男性だって歯にネギやのりが付いていることがあるくせに、誰にでも起こり得ることですが、たった1回のことで恋愛対象外にされるのは不服ですよね。

鼻水の塊が付いている

風邪気味で鼻水が出ているときはたくさん鼻をかんで周りに不快な思いをさせないよう努めていますが、それがアダとなることがあります。
鼻をかんだ後、どうしても小さな鼻くその塊が入り口に残ったり、鼻水が乾燥し入り口にカピカピになって残ったりしているのを見つけてしまった男性は、ゲンナリし、その女性を恋愛対象外とみなします。
この現象だって誰にでも起こることで理不尽ですが、異性にはあってはならないことなのです。

鼻毛が出ている

自分ではとても気にして当たり前のように処理しているのに、鼻毛が出ていることってありますよね。
無表情のときは見えないけれど、口角を上げたときに出てくる複数の塊は、一気に異性という気持ちをなくします。
また、意外と見逃しがちなのが横から見た入り口の鼻毛、再確認してみてください。

喉ぼとけに産毛

お顔に多少産毛があってもナチュラル派でいいという寛容な男性は少なくないけれど、喉ぼとけに産毛があるのは許せません。
意外と見逃しがちですが、蛍光灯の下でご自身の喉ぼとけを見てください。
これまでその存在に気づくことなく生きてきた方々は長く育っているはずです。

言葉遣い

職場で若者言葉を使う人は減ってきましたが、プライベートではまだ卒業出来ていない人はたくさんいると思います。
例えば「それな」この後、どうやって会話をつなげるのでしょう。


また「ヤバい」「パネェ」という言葉、最近は活用方法が多岐にわたるけれど「何が?」と聞いて「ダサい男」「真面目な男」と思われるのではないかと口に出せない、どう反応していいか困っている人はたくさんいます。
もちろんアラサーに近づいてもまだ使っている女性を恋愛対象とは思っていません。

 

不可抗力は気を付けるしかない

前歯に口紅が付かないために口紅を塗らないなんて社会人としておかしいし、自分の力でどうすることもできない部分はあるけれど、デスクの引き出しやカバンに小さな鏡を入れておいて誰かと話す前にチェックすることは可能です。
また、口腔内が乾燥していると口紅が前歯に付きやすいことがわかっているので、まめに水分を摂るなどし口腔内を潤すことで予防になります。
鼻をかんだ後や鼻毛や産毛もチェックすれば防げることですよね。
不可抗力もあるけれど自分で防げることは取り組んで「生理的にムリ」をなくすのは可能です。

 

言葉遣いは逆の立場になったらわかる

若者言葉を指摘されたら自分は何も話せなくなると言いたい方もおられるでしょう。
また若者言葉を使えるほど相手を信頼しているのだとも言えます。

しかし男性側はどうでしょう?!
社会人になっても学生気分が抜けない人を恋愛対象とするでしょうか。
親に「彼女です」と会わせることができると思いますか。
逆の立場になったらわかりますよね。
自分の親に「パネェ」を使われ「色んな場面で使える言葉なんだよ」と彼を擁護できますか?!

年齢を重ねたら次第に使わなくなる若者言葉、つい使ってしまうこともあるけれど少しずつ卒業しましょう。

 

関連記事

生物学的に好き♡男性が年下女性にときめく瞬間8選...

彼氏のアソコがたたない原因は?女子がエッチのためにできる解決策♡...

男性が身体目当てか否かを見極める4つのポイント...

握手で見抜く心理術!手の平で相手を知る4つの方法...

【タロット占い】近いうちに、片想いのあの人との関係は変わる?...

Pocket
LINEで送る