豆腐の賞味期限切れはいつまで食べられる?3日?5日?一週間?

豆腐の賞味期限切れはいつまで食べられる?3日?5日?一週間?

賞味期限切れの豆腐を食べたことはありますか?賞味期限が設けられているということは、それ以降の保証がないということですが、そうは言っても数日間賞味期限が過ぎたからといって、捨てるのはもったいないですよね。賞味期限が切れた後の豆腐は、一体いつまで食べられるのか気になる方も多いでしょう。
今回は、豆腐の賞味期限について、賞味期限切れの豆腐がどうなるのか、食べてはいけない豆腐の特徴についてご説明します。

賞味期限と消費期限の違い

まずは、賞味期限と消費期限の違いについてご説明します。賞味期限とは条件(未開封の状態で保存方法を守ったうえで保存など)を守ったうえで記載されている年月日まで「美味しく食べられる期限」をいいます。賞味期限が過ぎたからといってすぐに腐るというわけではないので、たちまち破棄する必要はありませんが、早めに食べたほうがよいです。

賞味期限と消費期限の違い

消費期限は条件を守ったうえで記載されている年月日まで「安全に食べられる期限」です。ですので、その期限を超えると腐ってしまう可能性が高くなります。
どちらにせよ、期限はできるだけ守ったほうが美味しく安全に食べられます。開封すると食品の保存条件が変わってしまうため、表示されている期限に関係なく早めに食べなくてはなりません。

豆腐の賞味期限はどれくらい?

豆腐は常温保存に向いていない食材ですので、冷蔵庫(10度以下)で保存しなくてはなりません。また、豆腐には賞味期限・消費期限どちらの記載もあるので、よく見て購入する必要があります。さらに、豆腐には「普通豆腐」と「充填豆腐」があるという部分についても押さえておきましょう。

豆腐の賞味期限はどれくらい?

普通豆腐の賞味期限

普通豆腐とは、水と豆腐がパックに詰められた商品です。こちらはパック詰めをした後に熱で殺菌処理をしています。殺菌処理をしていますが、賞味期限は長くて5日ほど。それほど日数は持ちません。それは密閉していても水は少しずつしみ出しますし、パック内で灰汁が溜まると腐敗しやすくなるからです。

充填(じゅうてん)豆腐の賞味期限

充填豆腐とは容器に豆腐を注入し密閉させた商品のことです。スーパーなどで見かける3個パックの小分け豆腐などがこれにあたります。充填豆腐はほぼ無菌状態の環境で機械によって作られているため、メーカーによっては賞味期限が1年近いものもあります。

賞味期限内でも注意!食べられない豆腐の特徴

賞味期限に関係なく、豆腐が以下の状態ならば食べるのは止めて破棄しましょう。賞味期限内でも、保存状態が悪いと腐ってしまうことがあります。

賞味期限内でも注意!食べられない豆腐の特徴

  • 豆腐が黄色い
  • パック内の水が白い
  • 豆腐が糸を引いている
  • 未開封の豆腐が膨張している
  • 酸っぱい臭いがする
  • 異臭がする

豆腐の劣化は味見で確認するのではなく、見た目や臭いなどの様子を観察し判断するようにしましょう。パックが膨張する理由は、豆腐が発酵されガスが出ているためです。

豆腐の賞味期限切れ!いつまで食べられる?

豆腐の賞味期限切れ後、いつまで食べられるのか、その目安について日数別に解説します。

豆腐の賞味期限切れ!いつまで食べられる?

豆腐の賞味期限切れ1日

未開封で冷蔵保存していたという条件であれば、賞味期限を1日超えたくらいならば腐敗している可能性は低いので食べることができます。ただし、食べる前に豆腐そのものをよく観察しなくてはなりません。開封している場合は豆腐の状態をよく観察したうえで、火を通して食べることをおすすめします。

豆腐の賞味期限切れ2日

未開封で冷蔵保存していたという条件であれば賞味期限を2日過ぎていても食べられる可能性は高いです。ただし、冷奴で食べるのは止めて、火を通す料理に使用しましょう。
パックを開けてよく観察し、少しでも違和感があれば潔く破棄したほうがよいです。

豆腐の賞味期限切れ3日

未開封で冷蔵保存していたという条件であれば賞味期限を3日くらい過ぎていても食べられる可能性はあります。ただ、賞期限切れ2日目と同様に、パックを開けてよく観察し違和感があるならば食べるのは止めましょう。

豆腐の賞味期限切れ5日

SNSには賞味期限5日過ぎた豆腐を食べてもお腹を壊さなかったという投稿がありますが、一般的にはおすすめしません。季節や持ち帰る際の環境、さらには豆腐の保存環境が異なるからです。
賞味期限から〇日ということよりも、豆腐の状態をよく見てください。大丈夫そうに思えても雑菌が繁殖している可能性があります。

豆腐の賞味期限切れ一週間

豆腐の賞味期限切れ!いつまで食べられる?-2

賞味期限が切れてから一週間が経過している豆腐は、たとえ未開封で冬季あっても食べるのはおすすめできません。賞味期限切れから一週間も経てば臭いや感触(糸を引く)などが普段と異なるはずです。

豆腐の賞味期限切れ2週間

賞味期限切れになり2週間が過ぎると、見た目や臭いに変化があらわれ食べようとは思えない状態になるはずです。食べるのはやめましょう。

豆腐の賞味期限切れ1ヶ月

賞味期限切れ1ヶ月以上の豆腐は、見た目に変わりがなくても破棄しましょう。健康に害を及ぼす危険があります。開封するのも止めましょう。

豆腐の賞味期限切れ「未開封」でも要観察

豆腐は、未開封であっても、お店から持ち帰る際の状態(気づかないうちにパックが破損する可能性)や保存環境(冷蔵庫に収納されていた位置など)によって豆腐が腐ってしまうケースがあります。充填豆腐は無菌状態で作られますが、家庭での保存状態によって未開封でも腐敗することがあります。どちらのタイプの豆腐においても、賞味期限切れのものは状態を観察し、食べることが可能なら加熱調理しましょう。

賞味期限切れの豆腐におすすめのレシピ

賞味期限切れの豆腐は早く消費しなくてはなりません。賞味期限切れの豆腐1丁を加熱調理し効率よく消費する簡単レシピを2つご紹介します。

賞味期限切れの豆腐におすすめのレシピ

豆腐のがんも

がんもは180度の油で揚げるので、万が一雑菌が繁殖していても死滅させることができます。

【材料】
豆腐 1丁
好みの野菜(人参や枝豆など)
ひじき 大さじ1杯
薄力粉 大さじ3杯
醤油 大さじ1/2杯
砂糖 大さじ1/2杯
揚げ油

豆腐はキッチンペーパーで包み、耐熱皿に乗せてラップをせずにレンジで加熱し、水けを切っておきましょう。ひじきは水でもどしておきます。野菜を細めにカットし、ひじきと一緒に耐熱皿に入れてレンジで加熱しましょう。ボウルに野菜・ひじき・豆腐・調味料・薄力粉を入れて練り潰します。小判上に形成した材料を180度の油で揚げたら完成です。

豆腐のグラタン

賞味期限切れの豆腐におすすめのレシピ-2

豆腐のグラタンも高熱で調理するため雑菌を死滅させることが可能です。

【材料】
豆腐 1丁
ブロッコリー 100g
卵 1個
マヨネーズ 大さじ1杯
コンソメ顆粒 小さじ1/2杯
ビザ用チーズ 70g

ブロッコリーは茎を切り落とし子房に分け、耐熱皿に入れてラップをして加熱します。豆腐はキッチンペーパーで包み耐熱皿に乗せてラップをせずにレンジで加熱し、水けを切りましょう。ボウルに卵を入れて溶き、マヨネーズとコンソメ顆粒を混ぜ、そこに豆腐を入れて粗く潰します。耐熱皿に味付けをした豆腐を入れブロッコリーを飾り付けします。最後にピザ用チーズを乗せ、トースターできつね色になる程度に焼いたら完成です。

豆腐は賞味期限だけでなく状態を観察し加熱調理する

豆腐の賞味期限が少し過ぎていても食べることは可能ですが、それは製造元の指示する条件下にあることが前提です。賞味期限切れの豆腐を食べる場合は状態をよく観察し、食べられると判断した場合も加熱して食べるようにしましょう。味噌汁や冷奴にした後、余った豆腐は次の日に使い切るメニューにすると賞味期限切れや腐敗を心配する必要がありません。アレンジレシピも参考にしてください。

関連記事

酢だこのカロリーってどれくらい?たこのカロリーや栄養、酢だこさんやかこ...

ルイボスティーのダイエット効果って?飲み過ぎは太る!飲む時間や回数...

食事制限なしダイエット?!運動なし食事制限もしないダイエット方法とは...

私嫌われてるかも?職場で嫌われる女性の特徴7選!対処法はある?...

お金をかけなくても楽しめるカップルの過ごし方5選...