その日のやる気につながる!朝のルーティンに取り入れたいこと12選

みなさんはどのようにして1日のやる気を出していますか?

私は、もともと朝起きることが苦手で、ひどいときは朝起きて10分ほどで家を出ている日もありました。
しかし、起きてから外出するまでの朝の時間をルーティン化したことによって、朝の過ごし方はもちろん変わりましたし、1日のパフォーマンスも上がりました。

寝たりなくて目覚めが悪い朝や、仕事や勉強のやる気が起きない日もありますよね。
そんな日も活動的に過ごせるような朝の過ごし方を今回はご紹介いたします。

あくまでも私自身が行っている朝のルーティンになりますが、ぜひ参考にしてみてください。

1. 窓を開け、換気をする

まずは朝起きたら、カーテンと窓を開け、空気の入れ替えをします。

朝の新鮮な、少しひんやりとした空気を部屋全体に取り入れてみましょう。
気分がすっきりしますし、自然とやる気が湧いてきます。

雨の日は無理に窓を開けると室内湿っぽくなってしまうので無理には開けませんが、1日の始まりを明るい気分でスタートするために晴れている日は窓を全開にします。

2. 天気が良ければ布団を干す

晴れている日はベランダに布団を干し、日光消毒をします。

布団カバーは自宅でも洗うことができますが、布団本体はなかなか洗うことができません。
クリーニングに何回も出すのもお金がかかりますし、返ってくるまでの時間もかかりますよね。

そのため、代わりに布団を毎日外の太陽に当て、消毒をします。
夜、寝る時に布団がふんわりして気持ちがいいです。

雨の日は残念ながら外に干すことが難しいですが、室内のソファなど、布団をかけられるところにかけて広げておくだけでも布団がふんわりしますよ。

3. 洗濯機のスイッチをいれる

洗濯物が溜まっている場合は、洗濯機のスイッチを入れ、回しておきます。
私の場合は洗濯が好きなので、洗濯物がさほど溜まっていなくても回すのでほとんど毎朝回しています。

朝に洗濯機を回すと、柔軟剤の香りが部屋中に広がって、1日爽やかな気分に包まれます。

そして洗濯をしている間は、他のことに取り掛かります。

4. うがい&歯磨き

寝ている間に口の中に菌が増えているのでそれをうがいで洗い流します。
そのあとに歯磨きをします。

朝食を食べたらまた歯磨きをするので朝に2度歯磨きをすることになりますので、ここではうがいのみでもOKかと思います。

5. 洗顔&スキンケアをする

特に特別なことはしていませんが、しっかり洗顔をし、寝ている間にかいた汗や余分な皮脂をきれいに洗い流します。

スキンケアに関してですが、私はお肌がベタベタすることが好きではないので、夏は化粧水、美容液で整えて終了です。冬は乾燥してきたなぁと感じたら、乾燥を防ぐために保湿クリームや乳液を使用しています。

6. 私服に着替え、ヘアセット&メイク

私はこのタイミングで私服に着替え、ヘアセットし、メイクもしてしまいます。
朝はどうしても眠い日や、体の活動スイッチが入らないことが多いですが、早めのタイミングで身なりを整えることで、やる気スイッチが入り、そのあとの活動に意欲的に取り組むことができます。

メイクをしてしまえば、そのあと横になってしまったり、二度寝してしまうことを大幅に防げます。
特に朝が弱く、準備に時間がかかってしまったり、やる気がなかなか出ない方にはおすすめの方法です。

7. 床掃除&トイレ掃除

床掃除とトイレ掃除は朝の日課です。家全部の掃除はさすがにできないので、この2つを必ず毎朝行うようにしています。

掃除と言っても、床掃除はフローリング用シートで床を磨くだけ。
トイレ掃除は、床を磨き、便器を磨くだけです。

これだけで毎日綺麗に保つことができますし、細かいところの掃除は週末や休日の日に行うだけです。しっかり

帰ってきたときに、トイレと床がピカピカなだけで気分があがります。

8. 朝食

朝食を作って食べます。朝は簡単なものですが、血糖値を緩やかに上昇させ、頭の働きを活発化させるために、なるべく白米を摂るように心がけています。

炊飯器は、前日寝る前にタイマーでセットしておきます。

9. 食器洗い

朝食を食べ終わったら、食器を洗います。仕事から外出先から帰ってきた際にシンクに食器が溜まっていると夕飯を作る気力がなくなってしまいますよね。

それを防ぐために、朝食で使用した食器は朝のうちに頑張って洗います。

そのため、朝はワンプレートにおさめたり、使う食器を極力少なくすることを心がけています。
そうすることで、洗い物に対する億劫な気持ちを抑えることができます。

10. 歯磨き

2度目の歯磨きです。
1度目の歯磨きは起きたときにしているのでここでの歯磨きはさっと1分くらいで済ませます。

この時に洗面所も軽く洗い流してきれいな状態にします。
こうすることで、週末の掃除などの手間が少し省けますので、歯磨きをしながらのちょこっと掃除はかなりおすすめです。

11. 洗濯物を干す

最後に、回していた洗濯物を干します。

下着類など以外は、なるべく外に干すようにしています。外に干したほうが乾きも早いですし、生乾きの嫌な臭いが発生することを防ぐことができます。
特にバスタオルなど厚手のものは室内で干すと菌が繁殖しやすいそうので、天気の良い日は必ず外に干すようにしています。

あまりに風が強い日などは飛ばされないように注意してくださいね。

12.  外出

戸締りをして家を出ます。

家を出るまでにかかる時間は、起きてから約1時間半です。洗濯物がない日はもう少し早く済むこともありますが、だいたいは1時間半かかってしまいます。

しかし、このルーティンを行うと、晴れやかな気分で外出することができるので、早起きする価値はあるのではないかと考えています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
特に変わったことはしていませんが、1日のリズムを作るために毎朝同じことをして行動をルーティン化することを心がけています。

朝は意外と活動がはかどる時間帯です。時間に余裕がある方は、資格の勉強を挟んだり、本や新聞を読んだりすることも良さそうですね。
ぜひみなさんも、朝の活動をルーティン化してみてください。

関連記事

結婚を意識し始めた時の風水(5)寝室のポイント2つ!...

すぐにやってみよう!即効性がある金運アップ風水3選...

夏にオススメ!100均アイテムで作る虫除けサシェ...

【英語講師はくじけない!】意外な海外赴任先...

栄養満点!畑のキャビア「とんぶり」を使ったレシピ②<5選>...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ