もう後悔しない!人生に迷った時に大切にしたい5つのこと

みなさんは人生に迷ってしまったことはありますか?

人生の中にはたくさんの選択肢があり、私たちは常に選択を迫られます。
そんなとき、どちらを選べばよいのか悩んでしまうことは日々の中でたくさんありますよね。

進学、就職、結婚、この三つの大きな選択以外にも、人生の中には分岐点がたくさん存在します。
どの道を進んでいくべきか、または、どう進んでいくべきか、分からなくなってしまうことが私にもよくあります。

今回は、人生に迷ってしまった時に私が大切にしていることを皆さんに紹介いたします。

1. 自分の気持ちを考えてみる

まずは自分を大切にしましょう。一旦、自分のことだけを考えてみましょう。
周りを一切気にしない、周りに何も咎められないとしたら、あなたは何をしますか?何を選択しますか?

それがきっとあなたの本当の望みなのです。
迷ってしまった時、自分の本当にやりたいことや信念を自分で分かっていることが大切です。

もちろんこの世の中は、さまざまな価値観や文化が溢れていて、その中で生きなくてはなりません。本当はやりたくないのにやっていることもあるかもしれません。
本当に自分の好きなことだけをして生きていける人はおそらく存在しません。

日常生活の中のちょっとした事柄でも人の目や世間体が気になってしまい、思うように動けない事がたくさんありますよね。

しかし、心に何か自分の芯の部分を持っていることができれば、自然と実現へ近づくのです。また、勇気が伴った時に自分の後悔しない選択をすることができるのです。

2. 自分のやりたいことは何か

自分が人生の中でやりたいこと、成し遂げたいこと、挑戦したいことはありますか?
もしくは、会いたい人はいますか?行きたい場所はありますか?

生きる意味は人それぞれにあります。道に迷ってしまった時には、自分のやりたいことが何なのか一度立ち止まって考えてみましょう。

人間が生きる意味は、誰も未だに分かりません。生命維持のためと言われていますが、では何のために生命維持をするのかと問えば、本当の答えは誰も答えられません。

でも私たちは生きなければならないのです。不思議ですよね。

また、生きる目的を見出すこともなかなか難しいことです。

「なぜ仕事をするのか」という問いに対して、生きるためにお金が必要だから、と答える人もいれば、仕事が楽しいから、と答える人もいます。
または、地位や名誉のため、と答える人もいるでしょう。

「なぜ結婚をするのか」という問いに対して、子孫を残すため、と答える人もいれば、愛する人と暮らしたいから、と答える人もいます。

当たり前のことではありますが、やがて終わりを告げる人生なのに、人間が生きる意味が明確にされていないことは不思議です。しかし、今、確実に私たちは生きているのです。

私も「どうせ、自分なんか。」「目的もないのに生きなくちゃいけないのか。」と悲観的考えてしまっていたことがありました。

もしそんな風に悩んでしまった時には、「どうせ生きているなら何をしようか」と自分のやりたいことを自由に楽観的に見出すことが大切です。

3. 何のために生きるのか

愛する人のために生きる、子どものために生きる、人それぞれ理由があると思います。

その中でも、「自分のために生きる」というのが本来ならば最も楽な生き方ですよね。
しかし、本当に自分のためだけに生きている人はいないのです。

なにより、人間にとって、「孤独」というものは一番怖いものです。
どんなにひとりでいることが好きな人でも、集団が苦手な人でも、本当にひとりになってしまったら生きていけません。
自然と何かのために誰かのために、人は生きているのです。それが、生きている実感を得る一つの方法でもあります。

人は、誰かのために生きること、何かのためにいきることで、最大の力が発揮できるのではないでしょうか。
もちろん、家族や恋人、友達以外にも、動物であったり、世界平和であったり、その「何か」はさまざまあります。

「幸せになりたい」と誰もが日々思い描きながら生きていますが、その自分にとっての「幸せ」のゴールとは何なのか、その「幸せ」には誰がそばにいることで叶うのかを考えてみてください。

おのずと答えが見えてくるかもしれません。

4. 10年後の自分に胸を張って話せるように

何かを選択する際に、一番私が利用する考え方です。

人生に迷ったとき、何かの分岐点にぶつかったとき、10年後、またはその先の未来の自分に、自分が今まで選んできた道とその理由を堂々と胸を張って話せるような選択をするようにしています。

この考えをいつも念頭に置いておくことで、勇気のいる選択でも、自分の強い思いがあれば思い切って選ぶことができます。

もちろん時には失敗することもありますが、その失敗もきっと胸を張って未来の自分に話すことのできるような思い出となります。

5. 道は自分で決める

人生に迷ってしまった時、「自分の人生は自分のものだから自分で決める」と強く思えないときもありますよね。
しかし、今生きているのはまぎれもなく「あなた」すなわち「自分」です。

自分の生きる道を自分で決める権利は必ずあります。
迷った時、家族や恋人、友達に相談することは大切なことだと思います。

しかし、最終的に決断するのは自分ひとりなのです。
自分で自分の道を決めることだけが、きっとあなたの自信につながります。そしてそれが後悔しないための唯一の方法です。

誰かのために決意する、何かを成し遂げるための決断、すべては自分が選ぶものです。

迷ってしまった時こそ、最後は人に委ねるのではなく、自分自身で決断をしてみましょう。
気持ちが伴っている決断であれば、どんな結果になろうとも後悔することはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。選択肢が多ければ多いほど、大きければ大きいほど、自分の気持ちがおろそかになってしまうことがありますよね。

人生に迷ってしまった時は、ぜひ今回ご紹介させていただいた5つのことを思い出して、道を選んでみてはいかがでしょうか。

きっと、あなたらしい、後悔しない決断をすることができると思います。

関連記事

すぐにやってみよう!即効性がある金運アップ風水3選...

【4コマ漫画】鯨岡くんと。。(5)...

夏にオススメ!100均アイテムで作る虫除けサシェ...

【英語講師はくじけない!】意外な海外赴任先...

【4コマ漫画】鯨岡くんと。。(1)...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ