サテンパジャマをリメイク①ステラ・ルーのおやすみアイマスクの作り方

就寝時になると必ずステラ・ルーとダッフィー、ジェラトー二をお布団に持っていく息子。
中でもお気に入りなのが今年になってゲットしたステラ・ルーのぬいぐるみ。
しかし、「ステラ・ルーがまだ起きているから寝たくない!」と主張するようになったのです。

就寝時にステラ・ルーが目を瞑るなんて無理な話なのですが、アイマスクをつけてあげたら寝ているように見えるかも?ということで、ステラ・ルーのおやすみアイマスクを作ることにしました。

そこで今回は、不要になったサテンパジャマを使ったステラ・ルーのおやすみアイマスクの作り方をご紹介します♪

サテンパジャマ以外は全て100均で材料をそろえたので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね〜!

 

ステラ・ルーおやすみアイマスクを手作り!用意したものは?

・不要になったサテンパジャマ

断捨離時に取っておいたサテンパジャマです。
丁度3色揃っていたので、持っているステラ・ルーとダッフィー、ジェラトー二のおやすみセットを作ります♪

・ダイソーで購入したフリルテープ

サテン生地を扱うのが下手なので、縫い目を目立たなくするためにフリルテープを購入しました(笑)

・ダイソーで購入したソフトゴムテープ

ぬいぐるみのアイマスクようなので、3〜7mmのものが扱いやすいと思います。

 

作り方①アイマスクの本体部分を作る

顔の大きさを測って生地をカットする

ステラ・ルーの顔の大きさを測り、型紙を作っておきます。
はじめは長方形にカットし、あとから角に丸みをつけ、鼻にあたる部分に溝をつくると型紙を作りやすいですよ。
縫い代を1cm程度つけて生地をカットします。

フリルテープを縫い付ける

生地とフリルテープを中表にして、周囲を縫い付けます。
フリルテープの向きに注意しましょう。
また、アイマスクに目を刺繍したい場合はこの時点でしておきます。

 

作り方②アイマスクのゴム紐を作る

後頭部のサイズを測って生地とゴムをカットする

ステラ・ルーの後頭部の長さを測り、生地とゴムをカットしておきましょう。
生地は後頭部の長さの1.5〜2倍ほどの長さに、ゴムは両端を数センチ残しておくと後々作業がしやすいです。

生地を筒状になるように縫い合わせる

生地を半分に折って、下部を縫って筒状にします。
筒状にしたら裏に返し、上部と下部の両方を縫って生地を落ち着かせましょう。

ゴムを通してギャザーを作る

筒の中にゴムを通します。
黒い線を引いてある箇所が、筒の始めと終わりにあたる部分です。

 

作り方③本体部分とゴム紐を縫い合わせる

本体部分を中表にしてゴム紐を挟む

出来上がったギャザーがこちら。
これを中表にした本体生地の中に挟んで、周囲をミシンで縫い合わせていきます。この時、返し口を開けておくのを忘れずに。

表に返して返し口を縫ったら完成!

写真の返し口から表に返し、返し口を縫ったら完成です!
はみ出ているゴム紐はカットしてかまいません。

 

ステラ・ルーのおやすみアイマスクの完成!

アイマスクが完成しました!
つけてみるとあまり気になりませんが、中心部分が少し突っ張っています…。

後頭部のギャザーはこんな感じの仕上がりに。

しかし、ステラ・ルーに実際につけてみると…

目が見えなくなっただけで「かわいそう!」と叫ぶ息子。
仕方がないので返し口を一度開けて、瞑っている目を刺繍しました。

作り方①のフリルテープを縫い付ける手順のところにも記載しましたが、アイマスクに目を刺繍する時はこの時点で行ってください。

これにてステラ・ルーのおやすみアイマスクは完成です〜!

次回は違う色のサテンパジャマを使用してダッフィーとジェラトーにのおやすみ帽子を作ります♪

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

aki17

2歳の息子を育てるシングルマザー。将来息子に不自由させないよう、プチプラアイテムを上手く使って日々節約に励んでいます。 『シンプル・お洒落』な生活がモットー。 100均で作るDIY、ニトリやIKEAを利用した片付け術、しまむらやコストコなどのおすすめプチプラアイテムなどを紹介します。