たった一手間で旨味アップ!簡単おにぎりの具8選<子ども向けおにぎりレシピも♪>

おにぎりが大好きな子どもって多いですよね!
我が家も息子がおにぎりを食べるようになってから、ほとんど毎日おにぎりを作るようになりました。

しかし、定番の具をローテーションしていると飽きてくるのです…。
そこで今回は、簡単に作ることができるおにぎりの具を紹介します!

一手間プラス♪な朝ごはんおにぎりレシピ

①いつものゆかりおにぎりに納豆をプラス!


デパ地下で見つけて食べて以来、ゆかりおにぎり×ひきわり納豆の組み合わせに大ハマり!
ゆかりを混ぜ込んだご飯を作り、包むときに納豆をプラスするだけなので簡単に作ることができます。
本当に美味しいので、納豆好きの方は是非お試しください♪

②味噌の焼きおにぎりは大葉でアクセントを


味噌味の焼きおにぎりを作る際、海苔の代わりに大葉を巻くことが多いのですが、食べ方が下手なのか大葉が噛み切れないことも。
そこで、大葉をみじん切りにして味噌と混ぜ合わせた大葉味噌をおにぎりに塗って焼くようになりました。

普段は味噌とみりんが2:1の割合で大葉味噌を作るのですが、子どもも食べるときは味噌4に対してみりん・砂糖・麺つゆを1ずつ入れて大葉味噌を作っています。

③梅干しおにぎりにはわかめとごまをちょい足し♪


写真が見づらいのですが…矢印の部分にあるのが、梅・わかめ・ごまの混ぜ込みおにぎりです。
水で戻して小さくカットしたわかめ、種を除いて包丁で叩いた梅、炒りごまをご飯と混ぜ合わせるだけ!
この日はスティックおにぎりにしていたので、梅とわかめだけを混ぜ込み、ごまを表面にトッピングしています。

④間違いない!たらこパスタ風おにぎり


こちらはたらこ、バター(マーガリン)、刻んだ大葉を、温かいご飯に混ぜ込むだけの簡単たらこパスタ風おにぎりです。
今回はご飯にもたらこを少量混ぜ込み、具としても入れました。
我が家ではたらこをトースターで半焼きにしたものを混ぜ込んでいるので、それもまたアクセントになります♪
子どもに作る際は、バターを敷いたフライパンでたらこを炒めて完全に火を通してからおにぎりにしています。

ピクニックにも!子ども向けおにぎりレシピ

⑤余った牛丼に生姜をプラスでおにぎりの具に!


牛丼やすき焼き等、甘辛く味付けをして余った牛肉も、生姜をプラスすればおにぎりの具材に!
牛肉のしぐれ煮に似ているので、子どもも大好きな味付けです。
タレを少量ご飯に混ぜ込んでおくともっと美味しくなりますよ〜♪

⑥鶏胸肉の甘辛炒め♪お酢をちょい足しで暑い日にも◎


牛肉の甘辛い味付けがおにぎりに合うのなら…と、鶏胸肉でも甘辛炒めを作ってみました。
こちらは歯ごたえがあるので食べ応え抜群です!
お酢をちょい足しして煮込んで甘酢煮にすると、暑い日でもモリモリご飯が進みます。

⑦トッピングはチーズがおすすめ♪余りカレーで焼きおにぎり


カレーを作って余った翌日は、ご飯に混ぜ込んでおにぎりを作っています♪
ただし、そのままだとポロポロと崩れてしまうこともあるため、チーズを乗せて焼きおにぎりにすると◎
スティックおにぎりにすればピクニックに持っていっても食べやすいですよ〜!

⑧簡単味付け卵をおにぎりに!マヨネーズでコクもアップ


ゆで卵を水を足した麺つゆに浸しただけの簡単味付け卵も、おにぎりの具にしちゃいます!
マヨネーズをプラスしてコクを足し、黒胡椒でアクセントを。

写真では忘れてしまっているのですが、味付け卵に使用した麺つゆを白ご飯に混ぜ込んだ方が断然美味しいです!
海苔で巻くのも忘れずに♪

おわりに

シンプルに見えるおにぎりも、毎朝握るのは少し面倒…。
そんなときは、前日夜のご飯を多めに炊いて、あらかじめ握っておくと朝がラクになりますよ〜!

我が家ではおかずを作り置きしているので、朝は味噌汁を作っておにぎりとおかずをお皿に盛り付けるだけです♪

少し変わったおにぎりの具を試したいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

絵本も雑誌も収納できる!100均の「すのこ」で作るベッドヘッドボード...

生後1ヶ月の赤ちゃん!新生児が生後1ヶ月で出来ること・やること...

これで財布スッキリ!ポイントカードを賢く収納するコツ5選...

握手で見抜く心理術!手の平で相手を知る4つの方法...

【ニトリの衣装ケースが超優秀って知ってた?】使った感想をレポ☆...

Pocket
LINEで送る