こんなジンクス知ってる?天体・天気編

あなたはジンクスを信じますか?

人間は昔から生きるために天気を予測する能力が必要でした。
そのため気象観測や天体観測を通して未来を予測することが重要視されてきました。
しかし気象予報技術が進んでいなかった時代には雲や太陽の動きで予測していたため、たくさんのジンクスが生まれました。

今でも語り継がれている天気や天体に関するジンクスをご紹介します。

 

  • 卯の時雨に傘はいらない

    「うのしぐれ」とは午前6時ごろに降る雨という意味です。この時間の雨はすぐ晴れるため傘はいらないと言われていました。

  • 雷神は人間のへそを取る

    子供の頃に言われませんでしたか?「うつぶせの者は助かるが仰向けの者は必ず死ぬから」であると江戸の知識人が書き残しています。

  • 火星が他の星を冒すと大凶

    火星は災い星と呼ばれ、その運行が乱れると疫病や戦乱、飢饉などが起こると言われていました。明治10年に西郷隆盛が西南戦争を起こして散った年に、火星が赤々と光り「西郷星」が現れたという噂が広まりました。戦争と結びつけられたいい例です。

  • 星の光がキラキラ揺れて定まらない時は、翌日風が吹く

    他にも「星が赤い輪を生じる時は風の前兆」という風にまつわるジンクスがあります。

  • 昼に雨が降り、その夜に星が出ると翌日も雨

    他にも「天が低く星が明らかに近く見える時は近日中に雨が降る」というものもあります。

    Pocket
    LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

大柴あまね

タロットアドバイザー。12歳からタロットを始める。鑑定では心理学とタロットを組み合わせてアドバイスを行う。占いの他多彩な経験を活かし歯科医療やアクアリウム、風俗業の記事も執筆中。趣味はアメリカンヴィンテージと毛のないペット。