金運を上げる風水!お金との付き合い方5つのポイント

金運を上げる風水!お金との付き合い方5つのポイント

金運に恵まれている人は、お金に対する考え方や使い方といった「お金との付き合い方」にある種の共通点があるようです。ここでは、金運を上げる風水として、そのポイントを5つに分けて解説していきたいと思います。

金運を上げる風水①「欲しい」より「楽しい」を優先したものを買う

裕福な人ほど、「人を楽しませたい」という気持ちを強く持っている傾向があります。
そして、自分も「楽しい!」と思えるものや笑顔になれるものにお金を使うことが多くあるのです。
自分の心がワクワクするようなお金の使い方をすると、「楽しい!」というプラスのエネルギーが、さらに良い運気を呼び寄せるためですね。
誰かを喜ばせるためにお金を使うと、循環して戻ってくるという法則があります。
ですから、臨時収入が入った時こそ、人のためにお金を使いましょう。
誰かに何かをプレゼントするという行為は、感謝の気持ちを届けることになり、そんなお金の使い方ができる人ほど金運はアップするものなのです。
相手の喜ぶ顔を想像しながら、プレゼントを選ぶという行為は、自分の心にも喜びを与えます。

金運を上げる風水②自分へのご褒美も重要視する

裕福な人は、自分へのご褒美を忘れません。
なぜならば、それは次へのモチベーションアップにつながるためです。
お金に困っている人は、ついつい「自分のものを買うなんて勿体ない」そう考えがちですね。
ですが、風水や引き寄せの法則では、自分を大切にすることができない人は、他の人を幸せにすることができないと考えるのです。
ですから、自分へのご褒美として、一流と思えるものや、高価なものを選びましょう。
そうすることで、自分の価値基準が上がります。
そして、もっと上を目指すようになっていくのです。
心が豊かになり、人にも優しくなるでしょう。
このように、裕福な人は自分へのご褒美をモチベーションアップにつなげるという賢いお金の使い方をしているのです。

金運を上げる風水③お財布にこだわりを持つ

「裕福になりたいのなら、安いお財布を使わない方が良い」
このことは、風水が注目される今、多くの人が耳にしていることでしょう。
「お財布のグレードをアップしたら、年収がアップした」というケースは非常に多く、お財布と金運の関係は切っても切れない関係にあるということが分かります。
お財布と稼ぎはリンクすると考えられており、目標年収の200分の1くらいの財布を使うと良いとされています。
また、裕福な人はお金を大切に思い、感謝しています。
ですから、お金を丁寧に扱い、お財布の中のお札はきれいに揃えます。
これは、スポーツ選手が道具を大切に扱うことと同じであり、裕福な人はお金を大切な道具として考えていることの表れです。
私たちが暮らす環境が快適であれば気持ちが良いように、お金にとってお財布の中は居心地の良い環境であることが理想的なのです。

金運を上げる風水④「お金がない」という言葉を使わない

運気を上げるために、普段から使う「言葉」はとても大切です。
「言霊(ことだま)」とは、言葉に宿る魂のことであり、発した言葉どおりの結果をもたらすというものです。
ですから、裕福な人は「お金がない」という言葉は使いません。
実際、お金が無いときほど、人とのつながりを大切にしなければいけないのですが、「お金がない」といってお付き合いを断ってしまうことで、チャンスを逃してしまうこともあるのです。
中には口癖のように「お金がない」といっている人がいますね。
その人は本当にお金に困っているためにそう言ってしまうのですが、「お金がない」と言っていることで自己暗示をかけてしまうことや、マイナスのエネルギーを引き寄せていることが多いのです。
「お金がない」という言葉は「運気が悪い」というように捉えられるため、運からも人からも避けられてしまうということを頭に入れておきたいものですね。

金運を上げる風水⑤通帳とATMの賢い使い方

裕福な人は通帳を上手に使い分けています。
貯金用・生活費用といったように、目的を明確化することで貯金に手を付けることを避けることができます。
収支が曖昧になることも防ぎ、目標を持って貯蓄することを後押ししてくれるのです。
また、ATMでお金をおろす際も、必要以上におろすことを防ぐため、2万7千円必要な時もキリのいい3万円をおろすのではなく、ピッタリの額でおろします。
千円札にくずしておいた方が、いくら使ったかが明確になり、使い過ぎを防ぐためにも有効的です。
このように、一見、些細と思えることを意識するだけで、お金の残り方に変化が表れるのです。

最後に

今回は金運を上げる風水のポイントを5つ、ご紹介しました。このように、裕福な人はお金に感謝し大切に扱うからこそ、お金は居心地が良くなり、そこにとどまるということがわかります。
私たち人間も同じように、大切にされるところに長くとどまりたいと思うものですね。実際、裕福な人ほど、たとえ安いものでも不良品を返品・交換する傾向があります。「安いからいいや」という考えは、お金に対して失礼な行為になるためですね。

関連記事

【4コマ漫画】こもる充電中(26)...

男子にモテモテ!モテ女の条件5つ♡...

月の満ち欠けに合わせたおすすめ食材!陽性食品と陰性食品とは...

願いが叶うハーブを使ったおまじない3選!金運を引き寄せるハーブとは...

この体位はちょっと苦手…。彼氏が彼女に言いにくい実は苦手な体位6選...

あそこの臭い・かゆみ対策ってどうしてる?デリケートゾーンの臭いケ...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る