今年は戌年!犬にまつわるまじない・言い伝え

今年は戌年ですので、犬モチーフのものがすでにたくさん売られていますね。
最近はネコブームに押され気味でしたが、犬ブームも再燃しそうな予感がします。
犬は昔から私たち人間の身近な存在でしたので、犬にまつわる言い伝えもたくさんあります。
今回は犬に関するまじないや言い伝えをご紹介します。

 

① 犬が遠吠えすると人が死ぬ

犬は霊感が強く、死にまつわる凶事を察知して吠えると言われていました。
それほど本能を残している動物であり、昔から家を守ってきた歴史があります。
また「犬が遠吠えすると火事がある」とも言われていました。
こちらも身の周りの危険を察知する本能にあやかりたいと願って生まれたジンクスです。

② 葬式で犬が吠えると、続いて死人が出る

①と同じように、犬の「死を嗅ぎつける能力」を表したものです。
犬は今では私たちを癒し家族として一緒に暮らす存在ですが、日本の歴史の中では家を守るのが犬の仕事でした。
目に見えないものをキャッチできるとされていたため、幽霊が見えるとも言われていました。
お葬式に来ている「死神」が見えているのかもしれません。

③ こよりで犬の形を作り、尾の部分から火をつける。完全に燃えれば待ち人は来るが燃え残れば待ち人は来ない

遊郭で流行した待ち人占いです。
昭和初期まで行われていました。
犬を待ち人、つまり自分の好きなお客さんに見立ててこのような占いをしました。
来て欲しいという強い念が通じると犬は燃え、通じなければ燃えないという結果です。
まじないの要素も入っている遊女の占いです。

④ 赤ちゃんの産着に「赤ん坊の産毛」と「犬の毛」を混ぜた毛玉を作って縫い込むと、悪魔を祓える

中国のまじないです。
かつて中国では「ちゅう生鬼(ちゅうせいき)」という悪魔が生まれたばかりの赤ちゃんの魂を奪うという言い伝えがありました。
「ちゅう生鬼」は未婚のままで亡くなった女性が悪魔になったもので、自分が赤ちゃんに入り込んで生まれるチャンスを狙っていると言われています。
赤ちゃんを乗っ取られないために産毛と犬の毛でお守りを作ったのがこのまじないの始まりです。
このお守りは「狗毛符(くもうふ)」と言います。
日本でも犬張子と同じ発想のまじないとされます。

⑤ 犬が屋根に上ると大凶事がある

朝鮮の言い伝えです。
これは「犬が屋根に上がって逃げるほどの危険が地上に起きる」という意味と、「屋根に上がられた家の運気が犬の魔力でどんどん落ちていく」という意味があります。
どちらにしても屋根に上がられてしまった家には近々不運な出来事がありそうです。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

大柴あまね

タロットアドバイザー。12歳からタロットを始める。鑑定では心理学とタロットを組み合わせてアドバイスを行う。占いの他多彩な経験を活かし歯科医療やアクアリウム、風俗業の記事も執筆中。趣味はアメリカンヴィンテージと毛のないペット。