【怖い話】結末編:『祖父』の行方【芦屋道顕】

【怖い話】結末編:『祖父』の行方【芦屋道顕】

前編:【怖い話】前編:祖父が医師からの死亡確認後、半日経って生き返った【芦屋道顕】後編:【怖い話】後編:死亡確認後に生き返った祖父は別人になっていた【芦屋道顕】

家の外へ走り出していった『祖父』は行方不明に。その後……。

「その日、母を振り切って外へ飛び出していった『祖父』は、そのまま行方不明になってしまった。親族と、事情を分かってくれる近所の限られた人達と、朝も夜も捜索を続けた」

「3日目くらいからは親族も近所の人達も、朝や昼間の捜索はやめて、日が暮れてから近くの山や川沿いを探すことにした。真っ暗になった夜中もだよ。近所の人達も言っていた。『ああいうものは、夜中のほうが動きがあるだろう』とね。みんな、正直なところ、分かっていたんだ。祖父が生き返ったんじゃなくて、祖父の亡骸に、人ではないものが入り込んだんだって」

「結局1週間くらい毎晩捜索を続けても見つからなかった。近所の人達は『申し訳ないけど、これ以上は協力できない』と、捜索を止めた。うちの親族も疲れ果てて『もう、見つからない可能性だってある。我々の生活のほうが大切だ。警察に、祖父は認知症の徘徊で行方不明になったと伝えて、我々は日常生活に戻ろう』と決めて、捜索を止めた」

「警察は、祖父の捜索は『見つかるまで続ける』と口では言っていたけれど、人手も足りないし果たしてどこまでやってくれたやら。結局、翌月に『手は尽くしたけれど、成果がなかった。残念だけど捜索は打ち切る』と連絡があって、それで終わりだった」

「ところが、警察から『捜索を打ち切った』と連絡があった、その数日後に祖父の亡骸が発見された。町に一つしかない、産科のある病院の敷地内。1階の大部屋の窓の外、窓と花壇の間で発見された」

「発見されたときはもう完全に『亡骸』で、それも検死によると『死後、1ヶ月以上』経っていることになっていた。やはり、祖父は家族が看取り、医師が死亡確認をしたあのときに亡くなっていたのだ。その後、生き返ったように見えたのは祖父の亡骸を何者かが動かしていて、なんらかの目的で発見場所までやってきたんじゃないかな」

「でも、それならなぜ他の何処でもなく『産科のある病院』だったのか」

「祖父の亡骸が発見される数日前、その産科では『奇跡』が起きていた。仮死状態で生まれてきて、一度、完全に心臓が止まって”死亡確認”された赤ん坊が息を吹き返した」

「やはり、医師の診断ミスということで落ち着いたらしい。医師も看護師も赤ん坊の父親も、死んだと思った赤ん坊が生き返ったことを『奇跡だ』と喜んでいた。でも、母親だけは違った。息を吹き返し、元気良く泣き始めた赤ん坊を看護師が母親に手渡そうとすると『これは私の子じゃない!』と、叫んで拒否し、その後も意味の分からないことを叫び続けていたんだって」

「赤ん坊は検査で健康状態に問題がないことが分かり、母親と共に退院となった。でも、母親は赤ん坊を拒否し続けて、とても危険な精神状態だったので、精神科にかかることになってしまった。でも、祖父の事件に立ち会ったうちの家族や近所の人達は、その母親は『狂ってなんかいなかったんじゃ?』と、決して口に出しては言えないけれど、皆、心の中では思っていただろう。『祖父の亡骸に入っていた何かが、老いた不自由な身体を脱ぎ捨てて真新しい身体を得た』のだと」

「もしこの仮説が答えだとしたらあまりにも恐ろしいから、誤りであってほしいと思う」

【怖い話】前編:祖父が医師からの死亡確認後、半日経って生き返った【芦屋道顕】
【怖い話】後編:死亡確認後に生き返った祖父は別人になっていた【芦屋道顕】

現代の呪 | 芦屋道顕 | モビぶっく(Mobibook)

★怖い話のバックナンバーはこちら↓
芦屋道顕の真夏の怪談

関連記事

(1)猫は異界の生き物【芦屋道顕】...

【芦屋道顕】猫は異界の生き物(3)神隠しに遭いかけた少年【真夏の怪談】...

【芦屋道顕】猫は異界の生き物(4)死んだ愛猫が異界から救ってくれた【真...

【芦屋道顕の怪談】盆に帰ってきた娘...

【怖い話】後編:死亡確認後に生き返った祖父は別人になっていた【芦屋道顕...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。