2024年の世の中(4)7月下旬から11月頭まで【辛口オネエ】

2024年の世の中(4)7月下旬から11月頭まで【辛口オネエ】

※こちらはダイジェスト版です。本編は電子書籍『2024年の星占いby辛口オネエ』に収録。配信時期は決定後にお伝えします。

(1)(2)(3)はこちらから↓
辛口オネエの2024年占い (キュンコレ)

7月21日-9月4日:火星双子座期

7月21日には火星が双子座入りをして9月頭まで『風の時代』の風がハリケーン化(笑)良くも悪くも『SFの未来』感が一気に進んで、強まる時期に。

双子座は知的だし本来娯楽大好きで好奇心が強くて、新しいこと大好きだし逆に古いものにもアンティークの価値を見出したり新しい価値を見出したりもする。でも、今期は他の天体や感受点との組み合わせで『物質的な価値』を軽んじる方向に先鋭化される可能性があるのよね。

火星牡牛座期のところで話したように、AI導入が進んで人が手をかける機会が減ったからこそ、人が対応することや心をこめた手仕事が見直されるし価値が上がると話したわよね。さらには、零細でデジタルには疎いけど地域密着で必要とされている仕事なんかもある。

でも、今期はコスパだの効率だのばかり求めて価値を数字や金額でしか判断しない人達の声が大きくなるかもしれない。彼らが、「時代についていけない、稼げない仕事ならやめて企業に所属しろ」「正社員になれないなら派遣になるなりすればいい」なんて叫んで、それに同調する人達も庶民レベルでも増えてしまうかもしれない。

そのあたりがちょい心配ではあるけど、9月にはまた『揺り戻し』がありそう。

9月2日、冥王星はまた山羊座へ。9月5日-11月3日:火星蟹座期

9月2日、冥王星はまた山羊座に戻って、火星も5日には蟹座へ移動。ここから一旦、それまでのいろんな意味での『未来志向』は落ち着いて、どこか『反省』ムードも出てきそう。

人間の仕事を見直す動き、人間関係の結び直し、あらゆる業界、産業で闇雲に進めてしまった新規の物事は反発する人達や『勢力』の影響もあって、中断や中止をすることも多くなるかも。

特に9月中旬は乙女座太陽と牡牛座天王星、山羊座冥王星の地の星座のグランドトラインが形成。山羊座運行のグランドフィナーレを迎えた冥王星は、ここ数年で破壊しきれなかった既得権力者達に引導を渡す役割を果たすかもしれない。

★参考:2023年下半期占い(4)冥王星はまた山羊座へ。崩壊した城壁の再構築と徹底破壊の同時進行 | cyuncore (キュンコレ)

国際社会レベルでは、来る水瓶座の時代の平等精神にそぐわない独裁者、陰の支配者だった大富豪や王族や宗教指導者が『退場』するか、密かに退場していたことが明るみに出てくるかも。

一般庶民が『このままではディストピアになる』と恐れていた制度や仕組みが、彼らと共に消えていくこと、見直されることもあるんじゃないかと。・・・日本についてはちょっと甘く見られないけど(汗)

(1)(2)(3)はこちらから↓
辛口オネエの2024年占い (キュンコレ)

**. **. **. **. **. **. **.**. **. *

占いアプリ『辛口オネエの開運占い』

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)

関連記事

2024年の新月・満月一覧(時刻・星座付き)【辛口オネエの西洋占星術】...

【2024年】天体逆行スケジュール【辛口オネエの西洋占星術】...

2024年の世の中(1)年明けから2月中旬まで【辛口オネエ】...

Gemini(1)【AGIの噂】Googleの次世代AIモデル『Gem...

電子書籍【辛口オネエ】2024年の星占い☆今回は全体運・恋愛運・世の中...