【苦闘期占い】匂わせキャバ嬢との不倫で離婚に至る彼は苦闘期というかズバリ離婚期【辛口オネエ】

【苦闘期占い】匂わせキャバ嬢との不倫で離婚に至る彼は苦闘期というかズバリ離婚期【辛口オネエ】

※有名人占いは敬称略

こっちを先に読んでね↓
【再出発占い】夫の浮気で離婚へ。でも本人はノーダメージ!話題の強運女優の今の運気は?【辛口オネエ】

ということで、今回はせっかく男の憧れ・元グラドルでアラフォーになっても美女で稼ぐ妻がいるのにキャバ嬢と不倫してて、しかもそのキャバ嬢が『匂わせ』をやっちゃって、週刊誌に書かれて離婚へ、となってる夫婦の夫側ね。

kj×週刊誌取材日夜の二重円

内円:kj:1979年2月9日 東京生まれ
外円:週刊誌取材日夜・2023年9月23日20:00(仮)
※出生時間不明のため月の度数とハウスは考慮せず
MEGUMI離婚へ

ネイタルとトランジットの天王星が……。で、ズバリ離婚期

kjは水瓶座19度で太陽水星合、火星も水瓶座であとは4大小惑星のうち、パラス・セレス・ベスタの3つが水瓶座で、ジュノーが魚座。そしてドラゴンアッシ、、、じゃなくて(しつこくてゴメンね 苦笑)ドラゴンテイルが魚座17度。

夫婦の相性は後で観るけど、ざっくりまあ妻側が天秤座ステリウム持ちで夫側は水瓶座に天体集中となると、星座単位でトラインになるし、妻の月火星が両方とも獅子座だとしたら夫が水瓶座太陽で、これは刺激的で惹かれ合う組み合わせ。妻→夫のほうが強く惹かれる。

ただ、kjのネイタル天王星は蠍座20度で太陽天王星のスクエア持ち。これってぶっちゃけ『離婚する可能性』がそもそも人より高いのよ。

でも、もちろん全員が全員離婚を経験するわけじゃなくて、遠距離の別居婚もあれば海外の人と結婚、引っ越しが多い、本人がとっても個性的、珍しい職業、技術者etc.いろんな出方があるわ。

kjの水瓶座太陽水星合スクエア天王星とトランジットの牡牛座天王星がスクエアで『Tスクエア』

一度は縁あって夫婦になって子供まで授かっても、不仲になっちゃって、でも子供が小さいうちはお互いに我慢して夫婦を続けるいわゆる仮面夫婦も多いみたいよね。

この2人の場合は2人とも芸能人だから周囲も似たような夫婦が多くて、それだと逆に割り切っていられたのかもしれない。で、子供が大人の事情を理解できるくらい成長したら、話し合って別れることにする、と。

女優Mとkjはさっきも話したけど天秤座と水瓶座の風星座優勢カップルだから、そのあたりは割り切って、これまではドライにやってこれたのかもね。

で、水瓶座19度に太陽水星を持つkjは、ズバリ『既婚者は、これがライツに合やハードアスペクトを取る時期は離婚注意』な天王星がスクエア中。ネイタル水瓶座太陽蠍座天王星スクエアで、トランジットの牡牛座天王星が太陽にスクエア、ネイタル天王星にオポジジョンでTスクエアが出来上がる。

これは『あちら立てればこちら立たず』で、心身共にかなりのストレスがかかるし、そもそも高めの離婚運にさらに離婚したくなる強力なエネルギーが注がれる。

ちなみに、2023年9月の取材日時点では天王星は牡牛座22度まで進んでるけど、2022年の時点では15度前後をうろついていたから、彼の水瓶座15度にある火星とスクエアを取って仕事運や健康運にまず影響が出てきたんじゃないかと。必ずしもダメージというわけじゃなく『路線変更したい』とかもあったかもだけどね。

そしてこの2023年5月頃に天王星は牡牛座19度に進んで彼の太陽と正確なスクエア、Tスクエアもタイトで力強いものに。この時期には、離婚への衝動がそれまでより急速に高まったかもしれない。

星回りって特定のアスペクトが形成される少し前から影響が出始めて、気持ちの上で一番影響が強まるのはタイトなアスペクトが出来る前(アプライ)の時期だけど、現実が動くのはアスペクトを組んだ後でまた天体や感受点同士が離れていくとき(セパレート)になること、タイムラグが生じることが多いのよね。

水瓶座土星期の2年半・水瓶座冥王星のお試し期を経て『離婚』は新たな人生のための通過点

で、この9月の時点では土星はもう魚座を運行してるけど、2020年末から2023年3月までって土星が水瓶座を運行してたわよね。kjだけじゃなく水瓶座の人達はみんな平等にしんどい思いをしてきて、苦渋の決断なんかもしてきたんじゃないかと思うのね。

で、この3月には土星は去ったけど冥王星がやってきて6月までいて、本当に人生が激変すること、家族構成や居場所や仕事がガラッと変わるか、変わらなきゃと思うことがあった人もいるだろうし、人によっては健康面での大きな節目があったかもしれない。

冥王星は逆行で6月には山羊座に戻ってて、この9月の取材時点もまだ山羊座。年内はずっと山羊座にいて、次に水瓶座入りするのは2024年1月。西洋占星術を知っている人、信じてる人、活用している人はもちろん、西洋占星術を知らない・信じない人でも、この数年は時代が大きく変わっていく過渡期にあることは感じてると思うのね。

kjも、もちろん直接の原因は不倫相手の存在や冷えた夫婦仲や、子供の成長なんかがあると思うのね。でも、心の奥深くでは新たな時代の到来を感じていて、すでに別々の方向を向いている伴侶とは離婚という形できちんとパートナーシップを解消して、新たな世界に踏み出したいのかもしれないわ。

【再出発占い】夫の浮気で離婚へ。でも本人はノーダメージ!話題の強運女優の今の運気は?【辛口オネエ】

ソウルメイトとツインソウル~前世からの縁の真実~by辛口オネエ | 辛口オネエ | モビぶっく(Mobibook)

辛口オネエの相性占星術~有名人カップル占い~ | 辛口オネエ | モビぶっく(Mobibook)

関連記事

ジュリー元社長(2)栄華を極める星回り。でも特殊な身内運の結果が今の状...

マジ恋占い(8)蝋燭夫が山羊座29度太陽に冥王星ダイレクトアタック喰ら...

【苦闘期占い】誰とは言えないけど「社会的に大変なことになっている女性の...

【苦闘期占い】藁人形で反ワクを呪う女医はやはり苦闘期?【辛口オネエ】...

【苦闘期占い】山崎まさよし『30年のライブ人生で初』ファンとのトラブル...