運気の節目(1)電池切れや家電の故障などが重なるときは自分も家族も病気やアクシデントに要注意【芦屋道顕】

運気の節目(1)電池切れや家電の故障などが重なるときは自分も家族も病気やアクシデントに要注意【芦屋道顕】

運気の節目(1)電池切れや家電の故障などが重なるときは自分も家族も病気やアクシデントに要注意【芦屋道顕】

運気の節目にはモノが壊れる!?

運気の節目にモノが壊れる、壊れてはいなくとも動かなくなる話は7年も前に辛口オネエが『年末にモノが壊れる』のはなぜか、とすでに話しておるゆえ、まずはそちらをお読みくだされ↓

運気の変わり目に『身の回りのものがよく壊れる』人はピカチュウ体質?by辛口オネエ

運気が大きく変化するときって、身の回りのものがよく壊れる人っているのよね。(壊れない人もいる)

それって、ピカチュウ体質な人ね。ふだんから、エネルギーを溜め込んでるんだけど、ふだんはそれなりにうまく発散してるから、特に何も環境に影響しない。

でも、何かを我慢してたりしてエネルギーが溜め込まれてると、気づかないうちに漏電してるのね。

ピカチュウ

怒りとか「まだまだ自分はもっとやれるのに!」とかの攻撃的・積極的なエネルギーだと、家電に影響するし、逆に悲しみや虚しさ「このままでいいのかなぁ」って不安や恐れみたいな消極的なエネルギーだと水回りに影響する。

で、そんなときは自分の中でグルグルしてたエネルギーが放出されてそういう事象として起きた、ってだけじゃなく、それを岐路に運気の流れは変化していくことが多いわ。

【辛口オネエ】年末に家電や水回りが壊れた~!!のスピリチュアルな意味って? – 2ページ目 (3ページ中)

漏電ではなく『我慢の限界で火山が噴火するように』家電の故障と体調・運気の変化が同時に来ることも

火山

辛口オネエの話は『年末に』となっており、我慢やその他でエネルギーが溜まって、それが漏電して電化製品などに影響を起こす、とあった。

が、年末に限らず『何かを我慢し続けている』と、やがて限界に至り火山が噴火するようにそのエネルギーが放出される。電化製品に影響が出ることもあれば、急に体調を崩すことも、運気がガラリと変わることもあるのじゃな。

何より『ずっと続けていた我慢』に『限界がくる』ときというのは、運気の節目、変わり目なのじゃ。

日本では昔の人々が『弱り目に祟り目』『泣きっ面に蜂』『二度あることは三度ある』などの言葉を経験則から生み出したが『運気の節目』には、実際、そう表現したくなるようなこともある。

例えばエアコンのリモコンの電池切れになる、LEDにも関わらずまだ2年も経っていないのに電灯が切れる、レンジが壊れるetc.などの『電池切れや故障』が、1つではなく複数重なる。

実際の経験談では、

『エアコンのリモコンの電池切れ、マウスの電池切れ、部屋のLED電灯が切れて、さらにその日電車に乗ろうとしたらSuicaが磁気以上、電車は人身事故で数時間動かず、会社ではPCがWindowsアップデートに失敗し再起動して来ず、会社のシステム担当者に頭を下げ……。その日、実家の親の重病が発覚、さらに本人は帯状疱疹が顔に出て危うく失明の危機』

『これまで一度も割れたことのなかったスマホの画面が初めて落として割れ、エアコンのフィルタを掃除したらなぜかぬるい風が出るだけで冷暖房も除湿もできなくなり、そんなとき母がレンジが壊れた上に布団乾燥機も壊れたと連絡をしてきて、その同じ夜に心筋梗塞で救急搬送され、急いで病院に向かう車で事故を起こしてしまった』

などがある。『なんでこんなにツイていないのか』と嘆息したくなるようなことが重なったときには、毎年やら3年に1度程度ではなく、この10年で初めてやら人生で1度、あるいはせいぜい2、3度しか起きない健康面の問題やアクシデントが自分あるいは身内の身に起きることがあるのじゃ。

壊れる・動かなくなるものによって意味が異なる!?

同じ『ツイていない』でも、エアコンのリモコンの電池切れとエアコン自体の故障ではその深刻度はまるで異なる。また、正直なところ生活必需品ではあっても壊れたら買い替えるだけのエアコンの故障と、愛車が車上荒らしで窓を割られる、事故るなどでは精神的なショックの度合いも異なる。

そのような、いずれにしても『ツイていない』出来事でも、それが起きた意味はそれぞれに異なっていることがある。

★電池を変えれば済むような、少しの手間で修理可能な場合は自身や家族に何か起きる予兆の可能性。ただしそれほど大きなアクシデントではない

リモコンの電池切れ、専門家を呼ばずに自力で修理やパーツ交換可能な程度の困り事がいくつか重なる場合は、その当日から2-3日以内に自身あるいは家族の病気やアクシデントが起きる予兆やもしれぬ。「大したことじゃないけど、なんかツイてないことが続くなぁ」と思うたら、まず自身が無理をせず『いのちだいじに』モードで過ごすこと、家族の予定や体調なども確認しておくことじゃ。それでも起きることは避けられぬ場合が多いが、いざ何かが起きたときにすぐに対処できるであろう。とはいえ、この『少しの手間で済む』ことならば重なっても、大きなアクシデントではないようじゃ。

★買い替えるにも高額で痛い出費の家電や生活必需品、愛着のあるものが立て続けに壊れる場合は自身も家族も健康面・アクシデント要注意

買い替えなどで大きな出費を伴う家電や生活必需品、愛着のあるものの故障は大きめの警告であると同時に『本来なら自身や家族に降りかかる厄の一部または大部分を肩代わりしてくれた』可能性がある。

逆に、自身や家族が大病やアクシデントに見舞われて苦しんでいるときに、愛着のあるものや高額のものの故障が起きることもあろう。「よりによって、こんなときに」と気落ちしがちであろうが、やはり、すでに背負ってしまった厄を『肩代わりしてくれたんだ』と思うて、壊れたり使えなくなったりしたものに感謝できると良いな。

続く。

↓ブックマークしておくと便利↓
キュンコレの開運占い軍団記事一覧はこちら

★関連記事★【辛口オネエ】年末に家電や水回りが壊れた~!!のスピリチュアルな意味って? – Verygood2016年の記事

ロングセラーになりました★芦屋道顕の電子書籍『現代の呪(しゅ)』

おぬしの不幸は呪いのせいじゃ!解けるのじゃ!・・・懸命に努力すれど、報われぬ想いばかり。天に愛されるべく、善行を日々心がけているのに、己の周囲にはむしろ悪行をはたらく人々ばかりが集う。生まれ持った運命によると運気が良い時期であるにも関わらず、まったく良いことなど起きぬ……。

そのような悩み、憤りを抱えているおぬしには特に、この書に書き記されていることの中に原因を見つけ取り除くことができるやもしれぬ。

現代の呪 | 芦屋道顕 | モビぶっく(Mobibook)

関連記事

不運を断ち切る(1)悪運浄化の待受画像付き☆不運を断ち切る覚悟の呪い(...

不運を断ち切る(2)金運待受画像付き☆金運アップの『呪い(まじない)3...

金運待受画像付き☆金運を上げる果物4選☆【芦屋道顕の開運風水】...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。