世界線放浪者(2)マンデラエフェクトが増加中なのは『世界線の合流』が起きているから【辛スピ】

世界線放浪者(2)マンデラエフェクトが増加中なのは『世界線の合流』が起きているから【辛スピ】

↓を先に読んでね。
世界線放浪者(1)異なる世界線を日々移動し続ける人が増加中【辛スピ】

(1)の最後に『今後、マンデラエフェクトを経験する人が増える』と話したけど、その理由ね。

★マンデラエフェクトの具体例は記事の末尾に過去記事を引用しといたわ。

世界線移動を繰り返している人は別の世界線を生きてきた人と遭遇する機会も多い

世界線

前回、大規模な集合体単位の世界線の分岐は天変地異や大事件事故がきっかけになることが多いと話したけど、分岐した別々の世界線で異なる世界を生きてきた人達が、最近また『合流』を始めてるのよね。

例えば2011年3月11日-12日の東日本大震災と福島原発の事故。これについては、まず今現在この記事を読めている人はほとんどが『東日本大震災と福島原発事故が起きた』世界線を生きてきた人だと思うのね。

東日本大震災

でも、その頃に分岐した『大震災も原発事故も起きなかった世界線』『大震災は起きたけど原発事故は起きなかった世界線』『大震災は起きずに原発事故だけが起きた世界線』もあって、ごくたまにそっちの世界線をずっと生きてたのにどこかの時点で今私達がいる『東日本大震災と福島原発事故が起きた』世界線に合流した人も最近はいるのよね。

他にもこの数年の間には集合体単位での世界線移動で分岐だけじゃなく『合流』が何度も起きているから、過去の記憶や歴史についての認識が異なる人が大勢いるのよね。単なる勘違いや記憶違いももちろんあるけど、そうじゃない人も大勢いる。

この2023年の時点ではいくつとは分からないけど複数の世界線が合流していて、東日本大震災の記憶以外にも大きく異なる記憶を持つ人達と実は日々、出会ってるはず。家族ですら「幼少期に◯◯へ行って◯◯を観たし写真を撮ったのに、自分以外の家族は覚えていない」なんてことも起きてるのよね。

個人的な世界線も合流へ。『懐かしい』と感じることが増えたら『昔の世界線』に戻っているかも?

集合体単位の世界線が合流してるだけじゃなく、この数年は個人単位の世界線も過去にいた世界線に合流することが増えてるみたいなのね。疎遠になっていた人との再会、離れていた場所にまた行くことになる、昔好きだった漫画がまた流行る、何年もやめていたことを再開するetc.

以前にいた世界が嫌で、努力して別の世界へ移動した人にとっては、または移動しようとした自覚はないけどあるときからそれまでとは違う、より自分にとって好ましい世界に移動できていた人にとっては『元の世界線に』なんて残念に思うかもしれない。

例えば「海外移住をしてその国に住むつもりだったけど自分にはどうすることもできない諸般の事情で日本に戻ることになった」で、日本に帰ってきてみたらいろいろ不自由でがっかり、とか。長い目で見ればちゃんと必要な人生経験なんだけど、そういう『残念な世界線移動』に感じることも少なからず起きるのよね。

でも『昔の世界線に戻る』ことは必ずしも悪いことではなく『戻れて良かった』もあるはずで。現実的で分かりやすい例を挙げるとスピリチュアル感ゼロでつまらないんだけど……。

過去3年近く続いた新型コロナ騒動で在宅勤務になって、同僚との楽しいランチタイムもなくなっていたけど、また出社することになって。ランチタイム復活で、いつも通ってたお店でお気に入りのメニュー頼んで「懐かしい、あの頃みたい」とか、スポーツ観戦で声を出して応援もできるとか。「ああ、こういう日々が好きだった」と思える日常を取り戻せた人にとっては『昔の世界線に戻れて良かった』になるんじゃないかと。

・・・ところが、残念にせよホッとするにせよ『あの頃の続き』の世界線、一度そこにいて、別の世界線を経験してまた戻ってきた世界線では『あの頃と変わりない世界、同じ人達』がいるようで、ちょっとずつ前とは違ってるのよね。ランチタイムに同僚と「久しぶりだね。このメニューまた食べられてよかった」までは笑い合えるけど「そういえば◯◯くん(同僚の彼氏)とは最近どうなの?」と聞いたら「◯◯?そんな人と付き合ってないよ。3年前も△△と付き合ってたし今もだよ」なんて、絶対に自分の記憶違いじゃないと思うけど細かいことが変化してたりするのよねん!

続く。

★マンデラエフェクト具体例

最後に過去記事からと、最近有名になってきたマンデラエフェクトの具体例を挙げておくわね。※辛口オネエおよびKUGAHARAの記事より。

a. ダヴィンチの人体図の手足の数が減った!

『ウィトルウィウス的人体図』と言われてもなんのことやら、かな。(僕も正式名称は調べて知った)恐らくは『レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたことになっているあの人間が両手を広げた人体図』で、漠然とし思い浮かぶと思う。

まずは何も見ずに、その人体図を思い浮かべて、手足の数を数えてほしい。

僕や僕の親しい人達の記憶は全会一致で

『両手両足を広げて【大】に似たポーズで、手の数は片側3本ずつの計6本、脚も同じ』

だった。

だけど、2021年10月現在、正しいそのウィトルウィウス人体図は、『手の数は片側2本ずつの計4本、脚も同じ』

マンデラエフェクト

b. オーストラリアの位置が変わった・ニュージーランドの位置も変わった!

オーストラリア大陸の位置について、少し前まで「日本からかなり離れているはずが、近づいている」地図ばかりになっていた。マンデラエフェクトを調べている誰かが「地図のオーストラリア大陸が、記憶より日本に近い」と、いくつも例を挙げていた。

昔、ニュージーランドはオーストラリアの右上にあった記憶があるし、ほかにも同じ記憶の人達が多いようだ。

マンデラエフェクト

引用元:https://www.verygood.la/?p=247917

★原爆ドームの屋根には青銅色の屋根部分が三分の一くらい残ってたはずが現在は骨組みだけ!

あと、追加で原爆ドームの屋根が違っている、というのもある。昔の記憶だと青銅色の屋根の部分が三分の一くらい残ってたはずが、現在はどんな資料を見ても原爆後は骨組みだけになってことになっている。

世界線放浪者(1)異なる世界線を日々移動し続ける人が増加中【辛スピ】

★人間登場から現代までの「定説」「常識」が違う!

★真偽はともかく万有引力は「ニュートンが、リンゴが落ちるのを見て」発見したと言われている

もっと昔にアリストテレスが、とか具体的でアカデミックなことはともかく「万有引力」「ニュートン」「りんご」あたりをざっくり覚えていればやっぱり今この世界線にいる多くの人達と同じ過去を持ってる、つまり何度か移動してはいるかもだけど、概ね同じ世界線で生きてる仲間が大多数いるわけね。

★第一次世界大戦のきっかけはサラエボ事件だ

このあたりは生まれ年次第では教科書の内容が変わったりそもそも習ってなかったり習ってても忘れてて、ふつうは日常会話に出てこないから「まったく何がきっかけかわからない」なんて人もいるかもだけど。でも、うろ覚えでも「どこかの国の皇太子が暗殺されたとかだっけ?」くらいの認識があればOK。

★世界初の飛行機を発明・操縦したのはライト兄弟

これも細かいことは置いといて、ライト兄弟、と聞いて「世界で初めて/飛行機」と連想できるくらい記憶にあればOK。

・・・信じ難いと思うけど「ライト兄弟がまったく登場しない」さらに日本のゼロ戦も存在しない世界線があって、そこから来てる人もいるのよね。「ただのアホじゃ?」と思うかもだけど、博士号持ってて(以下、消されないように自粛)

★人類はアポロ11号で月面着陸を果たした

引用元:https://www.verygood.la/?p=246872

辛口オネエの世界線の話バックナンバー

関連記事

人間の個体差(1)放射能、電磁波、化学物質etc.耐性は驚くほどの個体...

宇宙AI(4)歴史のほとんどは時の権力者による改変や創作【おしゃべり隕...

宇宙AI(6)超古代文明の技術は徹底的に隠され『それっぽい理論』が考案...

宇宙AI(5)ピグマリオンの神話は超古代文明時代の『ヒューマノイドへの...

世界線放浪者(1)異なる世界線を日々移動し続ける人が増加中【辛スピ】...