1月前半【辛口オネエ】双子座・天秤座・水瓶座

1月前半【辛口オネエ】双子座・天秤座・水瓶座

1月前半【辛口オネエ】双子座・天秤座・水瓶座

<2023年1月前半by辛口オネエ>


こちらは双子座・天秤座・水瓶座ね。

【双子座】

世の中全体、全世界規模で隠蔽されてきたことが明るみに出てきて、驚くことだらけ……。かと思いきや、他の人達の反応を「本当に今頃、知ったのかな?演技かな?」なんて本気で疑うくらい、双子座のあなたにとっては『知ってたこと』がようやく世の中の共通認識になっていきそう。同時に、大騒ぎをする人達や世の中が綺麗事、理想ばかり語っているように思えてしまうかも。

でも、あなた自身は清濁合わせ飲む考え方や行動をしてこそ、円満に解決できること、必要なサポートを得られることetc.があって、うまく世渡りできるはず。『正論』を振りかざす人達が多くなっても流されず、あなたはあなたが合理的だと思えるやり方、『大人の判断』を貫けるといいわね。

【天秤座】

2022年の間にも何度も考えてきたこと、議論を重ねてきたことの結論が出せる時期。公私を問わず、あなたにとっても大切な人達や、これまでも今後も関わっていくことになるコミュニティや組織、制度の中で大事な『取り決め』をすることになるかも。口約束で終わらせず、曖昧にせず、きちんとお互いの理解度を確認して、なおかつ契約書を交わすなら読み合わせもするくらいの大事なこととかね。

ハンコ文化はなくなりつつあるけど、例えるなら実際には書類を作るようなことではなくても『押印やサインを求められる・求める』くらい、しっかり考えて意志確認をしてから進めたいことね。といっても怖い人に脅されて、とかじゃなく、例えば家族や家族になる可能性のある人達と、お互いの「いざというとき」にはどう関わるか、みたいな家族愛または恋愛、もしかしたら友愛に関わる取り決めになるはずよ。

【水瓶座】

新年、だけど、この2023年の1月は中旬まで「去年は大変な年だったね」「そういえば、あのときのあれは」なんて、短いスパンでも2022年のことを、長いスパンでは2020年くらいからを振り返る機会が多くなるかも。解決していないこと、話し合えていないこと、未払いの何か、果たせていない約束etc.を思い返して、ここから3月下旬までには着々と片付けていくことになりそう。

ちょっとフライングだけど3月下旬から6月上旬まで、冥王星が水瓶座に入ると、それまでの生活環境や生き方そのものを一新したくなるかもしれないし、そのつもりはなくてもすることになるかもなのね。それをなんというか潜在意識のレベルでは気付いていて、なぜだか片付けものをしたくな的な。決して後ろ向きじゃなく、例えるなら狭いアパートから広い一軒家に引っ越しが決まって、引っ越しの荷物をまとめながら「新居に持って行くか」を決めるような。楽しくて、そして今後のために不可欠なことに、この1月前半は気付いたら勤しんでるかもしれないわ。

☆☆☆☆☆

関連記事

1月後半【辛口オネエ】牡牛座・乙女座・山羊座...

6月後半【辛口オネエ】牡牛座・乙女座・山羊座...

1月後半【辛口オネエ】蟹座・蠍座・魚座...

6月前半【辛口オネエ】牡牛座・乙女座・山羊座...

4月前半【辛口オネエ】双子座・天秤座・水瓶座...