立夏☆月蝕◯5月1日-5月7日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2023年】

立夏☆月蝕◯5月1日-5月7日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2023年】

立夏☆月蝕◯5月1日-5月7日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2023年】

アプリに芦屋道顕の占いメニュー追加☆
この時期、おぬしが最も魅力的に映る瞬間・異性からはどんなアプローチを受ける?

芦屋道顕が名前とその週の運気の相性から恋愛運を占う『音魂占い』です。

占いの見方: ファーストネーム(下の名前)の始めの文字の母音と、その週の運気との相性から占います。

例:あさみ、かおる、さきえ、たりさ、ななこ、はるな、まみ、やえこ、らん、わかな→あ行/いくよ、きみえ、じゅんこ、ちえ、にこる、ひな、みか、りな→い行/うらん、くみこ、すずか、るな、ゆいこ→う行/えれな、けいこ、せりな、てるよ、ねね、へれん、めい、れいな→え行/おとは、このみ、そにあ、とうこ、のあ、ほほこ、ももよ、ようこ、ろい→お行


5月1日-5月7日の世の中

うつけもの

『うつけ者(逆位置)』

5月6日には二十四節気の立夏と、月蝕となる満月を迎えるこの週は、例年でもこの6日がまさに季節の切り替わりで6日をピークに天地双方の気が強まりバランスが変化し、ゆえに不穏な時期ともなる。日本はGWにあたるゆえ、この時期に旅行に行く人々も多いが、本来であればこの時期はあまり遠隔地への移動はおすすめできぬのじゃ。

まして、今年のこの6日は月蝕となり、ふだんよりも天地のうねりが強まり、予期せぬことが起きやすい。人の世も大きなうねりの中にあり、男女仲もマンネリ、安定、泣かず飛ばず……。それぞれの状況は異なれど、いずれも動かぬ状況が動き、戸惑いや嬉しさや、さまざまな感情がまたうねりを大きくする。そんな激動の週となるようじゃ。

あ行 恋愛運

相手が関わることではなく、おぬし自身で決断すべき人生の問題が持ち上がってくる週となるようじゃ。とはいえ、すでに良き仲の相手がいるならば、今後のことを考えて相談しておくことも大事。全ての責任をおぬし一人で抱え込むのでは、相手は「頼ってくれない=信頼されていない」と、がっかりするやもしれぬ。相談し、とんちんかんなアドバイスや解決法を提示されたとしても、相手の愛と思いやりゆえと思うて、従うかは別として感謝することじゃな。

そのような相手がいない場合、苦しき恋の相手に話せば「重い」と思われるに決まっている、などの場合はこの週はおぬしの生まれ持った決断力を活かして、一人で問題を解決に向ければそれも良い経験となる。いずれ出逢う運命の伴侶に話すときには、相手はおぬしの自立心、たくましさに「この不穏な時代を共に歩むにふさわしき女性」と思うであろう。

い行 恋愛運

二週続けて注意事項ばかりとなり申し訳ないが、この週もまた、引き続き体調注意の暗示。さらにこの週は世の中で騒動、ハプニングがあればその渦中に身を置く可能性もあるが、それもまた愛情関係の絆を確かめるきっかけともなる。いざというときに頼りになるかならないか、すでに良き仲の相手の今まで知らなかった一面が見えるやもしれず、長い春だった相手がおぬしに手を差し伸べ、この機会にと将来の話し合いができるやもしれぬ。

一方、絆ができていかなかった関係もまた、それが露わになるが、それはそれでおぬしにとっては良き旅立ちのきっかけとなろう。新たな出逢い運は少々低調ではあるが、次の機会に向けて心機一転、イメチェンをはかるなどにも良きときじゃ。

う行 恋愛運

愛情関係に至る前の段階で、人と人として大切なことが守られているかを確認する週となるようじゃ。愛しき人とは「親しき仲にも礼儀あり」でありつつ、愛情関係でなくとも例えば家族なら、親友ならば当然のごとく利害を無視して手を差し伸べたか、差し伸べてくれたかを意識し、行動できるとき。

これがもし、苦しき恋の仲であれば、愛ではなくただの執着や欲望、あるいは愛と見せかけていただけの都合良き関係であったならばそれが露呈するであろう。もちろん、ここで本物の愛、思いやりがあると分かればめでたきことじゃ。

さて、新たな出逢いを望むおぬしは、この週は世の中全体では遠隔地への移動や新たな始まりには適さぬ週とはいえ「少し先の出逢いのための準備、下調べ」はしておくと良いとき。入りたいジムや婚活サービス、趣味のSNSなどをお試ししておくと次週以降の動きが楽になるようじゃ。

え行 恋愛運

この週は6日をピークにその前後、心が不安定になるやもしれぬが、それは恋愛状況のせいや相手の態度がどうだから、は関係しているようで実は関係しておらず、飽くまでおぬしの『身体的な状況』由来のものである暗示。

ゆえに、とても占いとは呼べぬ平々凡々なメッセージで恐縮ではあるが、この週の恋愛運を上げる以前にまず調えるには、よく眠ること、風邪やら皮膚炎やら腹痛やら、不調があれば呪い(まじない)ではなく医学の世話になること、それらが問題なければ好物を食べ、夜はゆっくり湯に浸かること、サウナや岩盤浴なども良い。さらには好きな音楽を聴くでも、可能であれば公園などでもよいゆえ樹々に囲まれて深呼吸することetc.が大事じゃな。

そうして心身が整うてくれば、不安や不満も流れ去り、運気も切り替わり新たに清々しい関係を結び直せるようになるのじゃな。

お行 恋愛運

特に問題なく過ごせればいつも通りに過ごせば愛情関係も穏やかに、やはり特に問題なく愛しき人との時間を楽しめる週となる。しかし、もし何か問題を抱え、あるいは不安や不満が募ってきた場合は、常日頃とは異なる選択、行動をすることで運気を切り替えることができるであろう。

すでに安定した関係であっても、この週の世の中のうねりと共に大きな波風に翻弄されるやもしれぬ。が、行動を変えることで波風は二人の船の追い風となり、荒波も推進力に変えられる。苦しき恋も、恋愛関係以外で互いに共通しその苦難を理解できることがあれば、共に乗り越えれば新たな絆が生まれる暗示。

新たな出逢いを求めるおぬしは、この週は「誰かを頼る・感謝する」訓練に良いとき。邪険にしてくる輩もおろうが、めげずに、一人では無理なことを一人でやろうとしてより大きな問題にしたり、知らぬことを知ったかぶりしてしまうより、これぞと思う相手には頼り、教えを請うてみることじゃ。うまくいけば、問題解決と新たな恋の始まりが同時となるであろう。

☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★ ☆★☆

開運占い軍団記事一覧はこちら

キュンコレ占い / 金星×火星で観る『恋愛相性・片想い編』【144パターン星占いテキスト付き】

占いアプリ『辛口オネエの開運占い』

アプリに芦屋道顕の占いメニュー追加☆
この時期、おぬしが最も魅力的に映る瞬間・異性からはどんなアプローチを受ける?

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)

関連記事

12星座別☆1/9から1/15までの1週間の運勢とアドバイス...

12星座別☆8/7から8/13までの1週間の運勢とアドバイス...

12星座別☆12/19から12/25までの1週間の運勢とアドバイス...

12星座別☆9/4から9/10までの1週間の運勢とアドバイス...

12星座別☆9/11から9/17までの1週間の運勢とアドバイス...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。