【新月・立春】1月31日-2月6日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2022年】

【新月・立春】1月31日-2月6日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2022年】

【新月・立春】1月31日-2月6日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2022年】

★告知★【開運占い】辛口オネエの2022年上半期+7月分の全体運が12星座分の揃いました☆
占いアプリ『辛口オネエの開運占い』

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)

**********

芦屋道顕が名前とその週の運気の相性から恋愛運を占う『音魂占い』です。

占いの見方: ファーストネーム(下の名前)の始めの文字の母音と、その週の運気との相性から占います。

例:あおい、かな、さゆり、たりあ、ななこ、はづき、まみ、やえこ、らら、わかな→あ行/いおり、きこ、じゅり、ちはる、にいな、ひなた、みか、りな→い行/うらん、くみこ、すずか、るい、ゆうな→う行/えみこ、けいこ、せりな、てるよ、ねね、へれん、めい、れいな→え行/おりえ、このみ、そら、とうこ、ののか、ほのか、もも、ようこ、ろーら→お行


1月31日-2月6日の世の中

芦屋道顕

『極楽浄土(正逆なし)』

2月1日に新月を、4日に立春を迎えるこの週は「始まり」のエネルギーが天にも地にも満ちて、人の世も心機一転、過去は断ち切り前に進まんとする意思が満ちて、明るく前向きな週となる。

男女仲もまた、腐れ縁にはもう執着せず新たな出逢いに気持ちを向ける者が多数。その中には、長く報われぬ片想いや理不尽な立場に置かれたままの関係、恋人や夫婦であってもすっかり愛が冷めた関係なども含まれる。

ゆえにこの週以降は、それまでとは異なる相手との新たな未来を目指す二人はかなり多くなるようじゃ。

名前の頭文字別の恋愛運は次のページ▶︎

関連記事

12星座別☆7/25から7/31までの1週間の運勢とアドバイス...

12星座別☆7/4から7/10までの1週間の運勢とアドバイス...

12星座別☆6/27から7/3までの1週間の運勢とアドバイス...

12星座別☆7/11から7/17までの1週間の運勢とアドバイス...

2022年★新春おみくじ【芦屋道顕】良き内容しか出ない!縁起物の御神籤...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。