【真夏の怪談】後編:意地悪女と願いの叶う井戸【芦屋道顕】

【真夏の怪談】後編:意地悪女と願いの叶う井戸【芦屋道顕】

【真夏の怪談】後編:意地悪女と願いの叶う井戸

前編はこちらから↓
夏の余興記事★真夏の怪談シリーズ
芦屋道顕の真夏の怪談

■願いの叶う井戸?

芦屋道顕の怪談

真正面に井戸が見えた。暗がりの中でも目の前に井戸があることは、はっきりと分かった。

「え?ここ?」

女は驚くと同時に、祖父母から聞かされていた昔語りを思い出した。この地域をほんの短い期間だけ治めていた武将が、怪しげな僧に心酔し言われるまま寺を建て井戸を掘らせ、戦の度に「贄」を投げ入れていたと言い伝えのある井戸だった。

「なんなの?ここって願いが叶うどころか、人がたくさん死んでるとこでしょ?どういうつもり?」

女は自分の取り巻きだったはずの集団に向かって叫んだ。しかし、返事がない。暗がりの中に数人、女と1mほど離れたところにいたはずが、周囲には誰もいない。

「・・・◯◯さん。私はここだよ」

「どこ?」

「ここだよ。私の願いがようやく叶うんだ。嬉しい」

その声は井戸の中から聞こえていた。女が井戸を覗き込むと、真っ暗な井戸の底から、見覚えのある少女がこちらを見上げていた。小学生時代に集団無視をして、不登校になりその後自殺した同級生だった。

芦屋道顕の怪談

女は悲鳴をあげて、全力で逃げた。小学校近くの店からここまで来るときは遠く思えたが、戻るとなると案外と近いようだった。数分もしないうちに、店のあった場所に戻ることができた。しかし、店は営業時間が過ぎていたのか、すでにシャッターが降りていた。

時計を見ると夫に迎えを頼んだ時間よりまだ1時間以上早かった。今電話をしても到着まで20分程度はかかる。一刻も早くここを離れたいと思った女は、タクシー乗り場から一台のタクシーに乗った。

数分ほどでタクシーはその町から離れ、

関連記事

【真夏の怪談】前編:意地悪女と願いの叶う井戸【芦屋道顕】...

【真夏の怪談】顔がまるで思い出せない男【芦屋道顕】...

準備編【真夏の怪談】『ホラー映画や怖い話を好む=運気が下がる』とは限ら...

【真夏の怪談】ある男の突然死の前に起きた幾つもの怪異【芦屋道顕】...

ABOUTこの記事をかいた人

開運占い軍団

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。