【芦屋道顕】結婚できない霊的原因(3)神への捧げ物として生まれた娘の話【現代の呪2】

【芦屋道顕】結婚できない霊的原因(3)神への捧げ物として生まれた娘の話【現代の呪2】

前回は良家の主に長男で、古い因習を守り「神との結婚」をして、生涯独身を貫かねばならぬ家系の者がいるという話をした。今回は、もう一つこちらはより恐ろしい「神への捧げ物」にされた娘の話じゃ。

■娘を神に捧げ村や一族を災いから守る因習

本来ならば人が住むに適さぬ土地というものがある。川が氾濫し濁流に飲まれる土地、痩せ枯れて作物が育たたぬ土地、地震が起きれば土砂崩れに埋まる谷間の土地、沼が腐り瘴気が充満し死に至る病の絶えぬ土地……。

これらは神の怒りであり、それを鎮めるために様々な儀式が行われてきた。平成も終わろうとするこの時代、すでにそのような因習のあった村などは廃村となっておろうが、神の怒りを鎮めるために最も効果的とされたのは生贄を捧げること。動物ではなく人間を、穢れなき赤子か7歳を迎える前の幼子の命を差し出すことで、他の村人達は難を逃れていた。

【芦屋道顕】結婚できない霊的原因(3)神への捧げ物として生まれた娘の話【現代の呪2】

また、村ではなく「家」単位で生贄を捧げていた一族もある。先祖が誰やらの恨みを買い、その怨霊に祟られて、あるいは何やら邪神の怒りを受けて……。

本来ならば一族全員が命を落とすところ、生贄を差し出すことでほかの一族が命拾いをするのじゃな。

関連記事

【芦屋道顕】結婚できない霊的原因(1)家系にかけられた呪いとは【現代の...

中編【芦屋道顕】町で偶然何度も遭遇する見知らぬ人のちょい怖な話【現代の...

前編【芦屋道顕】受け継がれた雛人形を手放したら結婚できた名家の娘【現代...

【芦屋道顕】結婚できない霊的原因(2)知らぬ間に「神様と結婚済み」長男...

後編【芦屋道顕】受け継がれた雛人形を手放したら結婚できた名家の娘【現代...

デリケートゾーンのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けな...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る