前編【芦屋道顕】町で偶然何度も同じ「知らない人」を見る霊的な理由【現代の呪】

前編【芦屋道顕】町で偶然何度も同じ「知らない人」を見る霊的な理由【現代の呪】

町でばったり、何度も同じ人と遭遇するのはそれほど多くはないものの、長く生きているとときどき経験することで、そこに何の意味があるのかと確かに気になるものじゃ。

■知っている人と遭遇する場合

片想いの彼と街中で何度も遭遇したなら、それは運命を感じるのみで、当然何の意味が!というても悪いことを想像する人はおらぬはず。相手が毎回彼女連れ、などであれば別であるが。それもまた、明白な天からのメッセージと受け止められよう。

あるいは、学校や会社の苦手な相手と何度も遭遇したなら気にし過ぎゆえの嫌な引き寄せであろうと推測できるもの。

めったに会わないかつての同級生や故郷の知人、親戚や恩師などと偶然に顔を合わせたなら、それは何やらシンクロニシティなるものであろう。

今の自分あるいは相手に必要な情報交換ができるか、あるいは今好きな会社の同期の彼の名字が山中で、四六時中「山中くん……」と考えていたら、

関連記事

【エッセイ漫画】アラサー主婦くま子のふがいない日常(15)...

【エッセイ漫画】アラサー主婦くま子のふがいない日常(47)...

【エッセイ漫画】アラサー主婦くま子のふがいない日常(71)...

【エッセイ漫画】アラサー主婦くま子のふがいない日常(45)...

【エッセイ漫画】アラサー主婦くま子のふがいない日常(58)...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。