2月5日-2月11日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い】

芦屋道顕が名前とその週の運気の相性から占う『音魂占い』

2月5日-2月11日の恋愛運です。

占いの見方: ファーストネーム(下の名前)の始めの文字の母音と、その週の運気との相性から占います。

例:あおい、かな、さなえ、たかこ、なみ、はづき、まみ、やえこ、らら、わかな→あ行/いくみ、きらら、じゅり、ちえ、にいな、ひかる、みか、りな→い行/うらん、くみこ、すずか、るな、ゆうこ→う行/えみこ、けいこ、せりな、てるよ、ねね、へれん、めい、れいな→え行/おりえ、このみ、そら、とうこ、ののか、ほのか、もも、ようこ、ろーら→お行


2月5日-2月11日の世の男女の運気

「修行僧(正位置)」

冬の土用が明けて立春を過ぎ、いよいよ東洋暦での新年を迎えてあらゆる物事が望むと望まざるとに関わらず刷新される週である。

しかし、その切り替えが起きたことに気付くまでにはタイムラグもあろう。「どうせ、また向こうから来る」とタカをくくっていた誰かの音信が途絶えても、さてはインフルエンザか、新年の仕事が忙しいのかと気にも留めぬが、相手はもはや新たな人の元へ向かうているやもしれぬ。しかし、それはおぬしもまた同じであろう。

Pocket
LINEで送る