8時間ダイエットは本当に痩せるの!?効果と正しいやり方を教えて!

8時間ダイエットは本当に痩せるの!?効果と正しいやり方を教えて!

目次

8時間ダイエットというダイエット法があることをご存知でしょうか?文字を見ただけだと、どんなダイエットが想像がつかない方も多いと思います。そこで、今回は8時間ダイエットが初めての方でもわかりやすいように、効果や正しいやり方、ポイントなどをご紹介しますね。1つ1つ紐解きながらご紹介するので、一緒に順を追ってチェックしてきましょう。

8時間ダイエットってそもそも何?

8時間ダイエットとは、簡単に言うと朝食から夕食までの時間帯を8時間以内にしようというダイエット法で、2014年にアメリカを中心に流行しました。1日は、24時間ありますが、通常は8時に朝食を済ませて、12時に昼食、19時や20時に夕食という流れですが、8時間ダイエットは違います。

8時間ダイエットってそもそも何?

9時に朝食を摂ったら、13時に昼食、17時に夕食という具合に、3食を8時間以内に摂らないといけないというルールが。この時間配分だと夕食を食べ終わる18時以降は、飲み物以外は口にできないということになります。

8時間ダイエットの仕組み

8時間以内に食事を終えたら、それ以降の時間は飲み物以外は口にしないことがルールです。これにより、内臓機能が休まる時間が生まれます。しかし、エネルギーは必要なので、溜まっている脂肪を分解して使い始めるのです。空腹時の方が、脂肪の燃焼率が高いので、これを利用してダイエットに繋げる仕組みとなっています。

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットの基礎知識や仕組みをご紹介しましたが、一番気になるのはその効果です。8時間ダイエットをすることで、どんな効果が得られるのでしょうか?

8時間ダイエットの効果①代謝酵素を活発にする

人間の体内にあるのは、「消化酵素」と「代謝酵素」の2つの酵素。この2つの酵素は、どちらかが多く分泌されるとどちらかが少なくなるという性質を持っています。そのため、食べ過ぎていたり、カロリーの高いものばかりを好んでいると消化酵素をたくさん分泌して消化しなければいけません。

そのため、代謝酵素の分泌が滞って痩せないという現象が起きるのです。そのため、8時間ダイエットをすると食べない時間で、プチ断食のような状態が作られるので消化酵素よりも代謝酵素の分泌が活発になります。

8時間ダイエットの効果②胃腸の機能を回復させる

8時間ダイエットの効果

胃腸は、第二の脳と言われているほど大切な部位です。毎日遅い時間まで食べ続けていると胃腸が休まらず、不調が生まれます。8時間ダイエットを実践すると、8時間以内に食事を摂って、16時間は何も食べないというサイクルが生まれるので、その時間帯は、胃腸を休ませることが可能。

最初は、お腹が空いて辛いと感じることもありますが、これは胃が荒れている証拠です。胃腸を休ませると消化機能もアップするので一石二鳥ですよ。

8時間ダイエットの効果③脂肪が燃焼しやすい環境づくり

8時間ダイエットの仕組みのところでも少しご紹介しましたが、8時間以内に食事を済ませることで胃腸の機能が休まって、元々蓄えられている脂肪を燃焼しようという動きが始まります。この環境を作ることで、自然と代謝が上がって、痩せやすい体質になっていくのです。

脂肪が燃焼しやすいのは、空腹時。最初は、お腹が空いて辛くてもグッとこらえてダイエットに取り組んでみましょう。

8時間ダイエットのやり方

続いては、8時間ダイエットのやり方をお届けします。8時間ダイエットのやり方は、至ってシンプルです。早速ご紹介していきましょう。

8時間ダイエットのやり方①朝食から夕食まで8時間以内にする

8時間ダイエットのやり方

これは8時間ダイエットの基本中の基本ですが、朝食から夕食までは必ず8時間以内で済ませることです。朝食が9時なら、そこから17時までの間に夕食を済ませましょう。8時間ダイエットでは、その時間内だったら何を食べてもいいというルールもあります。しかし、「時間内であれば何を食べてもいい」というルールには、落とし穴があるので、後ほどそちらにも触れていく事にしましょう。

8時間ダイエットのやり方②同じ時間に行う

8時間ダイエットを実践する時は、毎日同じ時間帯に行うようにしましょう。これは、体内にある「時計遺伝子」に話しかけるという特徴があるそうです。時計遺伝子とは、体内のリズムを司る遺伝子のこと。そのため、8時間ダイエットを行う時間帯がバラバラでは、効果が発揮されないと言われています。

時計遺伝子を利用して、8時間以内ダイエットのリズムを覚えさせれば、それが習慣となり、8時間以降の時間が平気になってきますよ。

8時間ダイエットのやり方③筋トレなどの運動を取り入れる

8時間ダイエットのやり方-2

8時間ダイエットは、それだけやっていれば痩せるというものではありません。8時間ダイエットと並行して、1日8分の有酸素運動を取り入れてあげましょう。ウォーキングやジョギングを取り入れてもいいですし、時間が取れないという方は、家から駅までを歩くことやエスカレーターの代わりに階段で上り下りする方法もGOOD。日常を運動の場所に変えてみましょう。

8時間ダイエットを成功させるポイント

8時間ダイエットは、成功する人と失敗する人で違いがあります。せっかく始めようとしている8時間ダイエットを成功させるためにも、成功者から学ぶいくつかのポイントをチェックしていきましょう。

8時間ダイエット成功のポイント①水分補給をしっかり行う

8時間ダイエットを成功させるポイント

8時間ダイエットでは、8時間以降の食べ物は禁止されていますが、飲み物は24時間いつでもOK。しかし、飲んで良い飲み物と飲まない方が良い飲み物があります。飲んで良い飲み物は、カロリーが少なく、甘味料が使われていないもの、NGな飲み物は、甘さのあるもの全般です。

OKな飲み物

・水
・白湯
・ブラックコーヒー
・ストレートティー(ノンシュガー)
・ハーブティー
・お茶
・炭酸水

NGな飲み物

・コーラ
・ジュース
・野菜ジュース

8時間ダイエット成功のポイント②効果的な食べ物を2種類は取り入れる

8時間以内ダイエットを実践する際に痩せるポイントは、8種類の食材の中から2種類を選んで取り入れることです。この食材を取り入れると8時間ダイエットを効率的に進めることが可能。

その食材は、「乳製品(ヨーグルトやチーズなど)」「ナッツ類(アーモンドやクルミなど)」「豆類」「ベリー系の果物」「明るい色の果物」「葉野菜や穀類」「卵と脂身の少ないお肉」です。この中から選んで食事の中に加えて挙げましょう。

8時間ダイエット成功のポイント③睡眠をしっかり取る

8時間ダイエットを成功させるポイントは、睡眠にもあります。睡眠は、身体にも脳にも欠かせないもの。最近では、夜更かししたり、帰りが遅くて一定の睡眠時間が確保できない人も少なくありません。しかし、8時間ダイエットを成功させるには、11時頃には、ベッドに入って7時間ほどの睡眠を取りましょう。

8時間ダイエットで失敗!?痩せない理由

中には、8時間ダイエットを失敗してしまったり、何も効果が得られなかったという人がいます。しかし、結果には、理由が原因がつきものです。ダイエットを成功させるためにも、痩せない理由を知って注意しましょう。

8時間ダイエットで痩せない理由①規則正しい食事ができていない

8時間ダイエットで失敗!?痩せない理由

ダイエットと言っても、食事はバランス良く、一定量を摂る必要があります。ダイエットに失敗してしまう人は、食事の量が少な過ぎる場合です。ダイエットだと言って、食事の量を減らし過ぎると、脳が飢餓状態と勘違いして栄養素をたくさん蓄えようとします。さらに、老廃物を外に出すために有効な栄養素も不足してしまうので、便秘になって代謝が滞り、基礎代謝までも落ちてしまうのです。これにより、代謝が上がらず、痩せにくくなったり、体調不良を引き起こすこともあります。

8時間ダイエットで痩せない理由②運動しない

先ほども少し触れたように、8時間ダイエットだけでは痩せません。これに加えて運動が必要なのですが、痩せない人は、運動を並行していないケースがあります。運動を行わないと筋力が落ちて、脂肪燃焼がスムーズにいかなくなるのです。

筋力が低下することで、代謝が落ちて痩せにくい体質へと変化していくので、運動は必ず取り入れましょう。

8時間ダイエットで痩せない理由③カロリーオーバー

8時間ダイエットでは、8時間以内なら何を食べてもいいというルールがあります。好きな物を食べてもいいということから、無理なくダイエットができますが、カロリーの高いものを食べ過ぎていいというわけではありません。「8時間以内なら何でも食べていいのなら、おやつにトンカツでも良いの?」という方もいますが、これはNOです。

何でも食べて良いと言ってもやはり限度があります。痩せて美しいボディになるという目的を忘れずに、食事は適度に摂りましょう。

8時間ダイエットで痩せない理由④夕食から寝るまでの時間が短い

8時間ダイエットで失敗!?痩せない理由-2

8時間ダイエットで、失敗してしまう原因の1つに、夕食から寝るまでの時間が短い点が挙げられます。例えば、昼の13時に初めて食事をしたと仮定して、最後にご飯を食べ終えるのが21時です。その後、23時に寝たとしたら夕食から就寝までの時間は、2時間ということ。

食べてすぐ寝てしまうと食べた物が消化できないので、すぐ脂肪に変わって蓄積されてしまいます。夕食を摂ってから寝るまでの時間は、最低でも4時間開けることをおすすめします。

最後に

8時間ダイエットは、他のダイエットに比べてストレスが少なくて簡単に始めれるところがメリットです。初めて数日間は、16時間の空腹の時間帯に耐えられず、挫折してしまいそうになりますが、最初から毎日8時間ダイエットを行うのではなく、1日ごとや週末のみというところからスタートさせてみるのもGOOD。すぐに結果が出るというわけではありませんが、8時間ダイエットが習慣になれば、痩せれることに加えて、健康面や美容面でもプラスになります。ぜひ、気軽な気持ちで8時間ダイエットをスタートさせてみましょう。

関連記事

転職するなら慎重に!20代・30代で転職するときのポイント3選...

酢だこのカロリーってどれくらい?たこのカロリーや栄養、酢だこさんやかこ...

ルイボスティーのダイエット効果って?飲み過ぎは太る!飲む時間や回数...

私嫌われてるかも?職場で嫌われる女性の特徴7選!対処法はある?...

食事制限なしダイエット?!運動なし食事制限もしないダイエット方法とは...