ピーナッツの糖質、カロリーや栄養は?糖質制限中のおやつに最適?

ピーナッツの糖質、カロリーや栄養は?糖質制限中のおやつに最適?

糖質を気にする女性の間で、ピーナッツが話題になっていますよね。ピーナッツには、100gあたり約12gの糖質が含まれています。ご飯の糖質約37gに比べれば低いのですが、ピーナッツを含めナッツ類は糖質が高めの食品と言えます。では、ピーナッツはどうして糖質を気にする人の間で話題になっているのでしょうか?ここでは、ピーナッツの糖質やカロリー、栄養について解説します。

ピーナッツの糖質やカロリー、栄養は?

ピーナッツの糖質は、冒頭でもご説明したとおり100gあたり約12gですが、ピーナッツは糖質だけじゃなくカロリーも気になりますよね?ピーナッツは高カロリーだというイメージがありますが、実際、ピーナッツのカロリーは100gあたり約585kcal。イメージ通り高カロリーですね。ですがピーナッツを1度に100g食べる人はそう多くないため、それほど心配することもないでしょう。

ピーナッツの糖質やカロリー、栄養は?

もともとピーナッツは、栄養豊富な食品として知られています。ピーナッツに豊富に含まれるポリフェノールは抗酸化作用があり、代謝をアップさせダイエットに効果的です。また、脂肪を燃焼してくれるアミノ酸や、脂肪の吸収を抑えてくれるカルシウムも豊富に含まれています。
ピーナッツは、そのカロリーや糖質だけでなく、栄養による効能も、ダイエットに一役買っているのです。

ピーナッツは糖質制限中のおやつに最適?!

ダイエットのために糖質制限をしていると、食べていいもの、いけないものの制約があって大変です。しかし、ピーナッツは糖質制限中も食べてOKの食材と言われていますので、糖質制限ダイエットをしている方は、おやつにピーナッツを選んでみてください。

糖質制限ダイエット中に注意したいおやつの食べ方

ピーナッツは糖質制限中のおやつに最適?!

糖質制限中のおやつとしてピーナッツを食べるときは、塩分や糖分の取りすぎに注意が必要です。ピーナッツのおやつと言えばチョコレートに入ってものや、塩やバターで味付けされたものが多いです。これらを食べてしまっては、糖質制限効果は期待できません。糖質制限中のおやつとしてピーナッツを食べる時は、殻が付いたままの落花生や、茹でピーナッツがおすすめです。

自分で作ろう!糖質制限中のおやつレシピ!

糖質制限中は料理を自分でする!と言う方も多いのではないでしょうか?そんな方のために、糖質制限向けのおやつレシピをご紹介します。

ピーナッツとブロッコリーで血糖値ダウン

自分で作ろう!糖質制限中のおやつレシピ!

せっかく糖質制限をするのですから、ついでに血糖値を下げる食材を使ったおやつにした方がお得です!そこでご紹介したいレシピが「ピーナッツペーストとブロッコリーの和え物」です。
作り方は簡単です。ピーナッツペーストとマヨネーズを1:1で混ぜ、食べやすい大きさに切って茹でたブロッコリーと和えるだけです。ここで注意して欲しいのが、無糖のピーナッツペーストを使うことです。砂糖たっぷりのピーナッツペーストでは、せっかくの糖質制限レシピが台無しです。おやつといえども、無糖であることが大切です。
このレシピはご飯の付け合せにしてもOKですが、あえて甘いものを避けたおやつを食べることで、糖質制限の効果アップもねらえます。作り方も簡単なので、お試しください。

糖質制限中のおやつレシピは、ここに注意!

糖質制限中の方は、食後の急激な血糖値の上昇を抑える必要があります。そのためおやつレシピを選ぶときは「血糖値の上昇を抑える食材を使っているか」や、「無糖の食材か」に注意をしてください。

コンビニで発見!糖質制限者向けのおやつ!

いくらレシピを知っていても、糖質制限用のおやつを自分で作るのは大変!と言う方に朗報です。糖質制限者向けのおやつはコンビニにも売っています。ここでは、コンビニで発見した糖質制限者向けおやつをご紹介します。

コンビニで発見!糖質制限者向けのおやつ!

低糖質で安心、ライザップとコラボのおやつ!

コンビニでは他社とのコラボ商品がよく売られていますが、ファミリーマートでは、ライザップとコラボした食品がいくつかあります。その中にはおやつに最適なスイーツもラインナップされていますので、糖質制限ダイエット中の方にもおすすめです!

糖質制限者向けコンビニ、ローソンのおやつ

糖質制限中の方には知られていますが、ローソンでは糖質量や食物繊維量を表示した商品が販売されています。ビスケットやナッツ類が袋詰めされたシリーズなのですが、カロリーの低さや食物繊維の豊富さも人気です。またローソンは、コンビニのなかでも低糖質にこだわった商品が多いと言われています。糖質制限中のおやつ探しには、うってつけのコンビニと言えそうです。

糖質制限中でも食べられるプリン

森永乳業が製造販売している「おいしい低糖質プリン」も、糖質制限者に人気です。こちらは「コンビニスイーツ」と言うわけではありませんが、糖質制限中のおやつとして嬉しい商品です。有名シェフの辻口博啓さんがプロデュースした商品で、低糖質ながら満足できる味わいなのだとか。

ピーナッツの上を行く!?とうもろこしの糖質

ピーナッツの糖質と並んでよく耳にするのが、とうもろこしの糖質です。野菜の中でも甘味が強く、糖質が多いイメージがあるとうもろこしですが、糖質制限には向いているのでしょうか?

とうもろこしの糖質量は?

ピーナッツの上を行く!?とうもろこしの糖質

他の野菜に比べて甘味の強いとうもろこしですが、その糖質はやはり多めです。野菜の平均糖質が100g当たり約3.6gなのに対し、とうもろこしの糖質は約13.8gです。これは、ピーナッツの12gを1.8g上回る数字です。糖質が多い分カロリーも高いとうもろこしは、食べ過ぎるとダイエットの邪魔をしてしまうようなので注意が必要です。しかし、とうもろこしにはビタミンB群も多く、代謝の促進や疲労回復効果があると言われています。食べ過ぎない程度に味わいましょう!

かぼちゃの種の糖質も気になる!

とうもろこし以外にも、糖質の気になる食材があります。それは、かぼちゃの種です。その糖質は100g当たり約4.7gで、種実類の平均17.9gを大きく下回ります。そのため、最近では糖質制限中のおやつとしてもかぼちゃの種が注目されています。実はかぼちゃの種は漢方にも使用されるほど栄養価が高く、アンチエンジング効果も期待されているそうです。ただし、かぼちゃの種は、食品全体の平均と比較してもカロリーが高めです。糖質が低いと言っても、食べ過ぎは禁物です!

最後に

ピーナッツの糖質、カロリーや栄養についてご初会しました。糖質制限をされる方の中には、病気の治療や予防のために制限をする方もいらっしゃいます。そのような方に、高糖質食品であるピーナッツを安易におすすめすることはできません。しかし、ダイエットや健康を意識して糖質制限をされるのであれば、ピーナッツはうってつけの食材と言えます。糖質だけを気にするのではなく、ピーナッツ全体の栄養素と組み合わせて楽しみたいものです!

関連記事

タロット占いで相手の気持ちを知る方法とは?タロットとタロットカードの占...

グラウンディングとは何?瞑想?グラウンディングの効果とやり方...

転職するなら慎重に!20代・30代で転職するときのポイント3選...

卵焼きのカロリーは?卵2個だと?卵焼きはダイエット向きメニュー...

付き合う前のおうちデートエピソード!距離を縮めるたったひとつの方法...