お風呂ダイエットの効果って?お風呂でお腹痩せマッサージのやり方

お風呂ダイエットの効果って?お風呂でお腹痩せマッサージのやり方

「特にダイエットはしてないよ」と言う人が、とってもスリムなことって多いですよね。それは、普段の行動がダイエットに効果的で、かつそれが日常化しているからです。今回はそのなかのひとつ、「お風呂ダイエット」の効果的な方法についてご紹介します。お風呂に入るのは毎日のことですから、お風呂をダイエットに活用すれば、きっとあなたもスリム体型の仲間入りです。ダイエットのためにお風呂で半身浴をする人は多いと思いますので、今回は半身浴以外の方法をご紹介します。

お風呂ダイエットって?どんな効果があるの?

お風呂ダイエットとは、その名のとおり、お風呂の中でダイエットに効果的な運動をしたり、マッサージをしたりすることです。お風呂に入って身体があたたまると、血液やリンパの流れがよくなります。身体をあたためることは、ダイエットだけでなく、美肌や美髪、毎日を健やかに過ごすために効果的です。
ただし、お風呂ダイエットには注意点もあります。

  • 水分補給をしっかりする
  • 無理をしない
  • 生理中や妊娠中はしない

入浴は思っているより体力を消耗します。入浴前・入浴中・入浴後は水分補給しましょう。また体調がすぐれないときや妊娠中は、お風呂ダイエットは止めましょう。

お風呂ダイエットの方法①入浴編(高温反復入浴法)

お風呂ダイエットの方法は幾つかありますが、そのなかの1つである高温反復入浴法とは、42度程度の熱めのバスタブに短時間浸かるのを繰り返す入浴法です。水圧を利用して血行を促進させるため、入浴の消費カロリーがグンと増えます。次にご紹介するやり方を1セットするだけで、約300キロカロリーを消費するのだとか。300キロカロリーの消費とは、女性がランニングを30分間行ったのと同じくらいの消費量です。高温反復入浴法は半身浴よりカロリー消費するため、とても注目されている入浴法です。

お風呂ダイエットの方法①入浴編(高温反復入浴法)

まずはコップ1杯の水を飲んでから浴室へ行きます。かけ湯をして身体の汚れを軽く落としましょう。まずは1分間、胸までバスタブに浸かります。次からが高温反復入浴法です。

高温反復入浴法のやり方

  1. 胸までバスタブに浸かる(1分)
  2. バスタブに肩まで浸かる(3分)
  3. バスタブから出て休憩する(3分)
  4. バスタブに肩まで浸かる(3分)
  5. バスタブから出て休憩する(3分)
  6. バスタブに肩まで浸かる(3分)
  7. クールダウン

バスタブに肩まで3分間浸かり、バスタブから出て3分間休憩します。この3分間の休憩は洗髪などをするのもよいし、水分補給しながらゆっくり過ごすのもよいです。高温反復入浴法の後は、心臓より遠い部分から足先にかけて、徐々に水をゆっくりとかけてクールダウンします。

お風呂ダイエットの中でも高温反復入浴法は、たくさん汗が出て体力を消費する方法です。お風呂上りは水分補給をしてゆっくりと過ごしましょう。

お風呂ダイエットの方法②マッサージ編

お風呂ダイエットのなかには、お風呂でマッサージを行うという方法もあります。リラックス効果もあるのでおすすめですが、高温反復入浴法とは別の日に行ってくださいね。

  • 摩擦の抵抗がないのでマサージしやすい
  • 摩擦の抵抗がないので肌に優しい
  • 身体があたたまっているのでリンパを流し排出しやすい

マッサージはバスタブに浸かって行います。摩擦の抵抗がないのでクリームを塗る必要はありません。また身体があたたまった状態でマッサージを行うので血行促進だけでなくリンパの流れもよくなります。

お風呂で脚痩せマッサージのやり方

お風呂ダイエットの方法②マッサージ編

マッサージの基本は、身体をあたためてから行うことです。また心臓に負担をかけないように心臓に遠い部分から始めます。

足の指→足首→足裏→ふくらはぎ→太もも→そけい部

まずは足指を1本ずつ手でつまんでマッサージします。次に5本の足指を手のひらでギュッ握ります。バスタブ内で足首をつかんでグルグル動かします。
足裏も指で刺激しましょう。土踏まずも疲れていますが、意外とかかとが浸かれている人が多いです。かかとをつまんだり押したりしましょう。足裏の真ん中に湧泉というツボがあるので痛くない程度に押すとよいです。ふくらはぎは足先から膝に向かって手のひらで伸ばすようにマッサージします。
太もも部分も同じように膝からそけい部に向かって伸ばしていきます。両手で持って雑巾を絞るように太ももを絞ったり気になるセルライト部分をつまんだりします。
そけい部はリンパが溜まりやすい部分です。付け根の外側から内側・内側から外側に、やや強めにさすります。最後に片足ずつ足先からそけい部まで手のひらを使って一気に伸ばしてリンパを流しましょう。

お風呂でお腹痩せマッサージのやり方

お風呂ダイエットの方法②マッサージ編-2

お風呂ダイエットのマッサージでいちばんに効果が出るのはお腹周りです。お腹痩せのマッサージ方法は次のとおりです。

  • 上半身を左右にねじる
  • 脂肪を掴む
  • ウエストを絞る
  • リンパを流す

バスタブに座り、膝を曲げて上半身を左右にねじりましょう。前傾姿勢になってお腹の脂肪をつかみ、もんでは離すを繰り返します。ウエストの両脇から脂肪をつかんで絞ったりもんだりします。最後に、へそからそけい部、背中からヒップに向けて手のひらで脂肪を延ばしましょう。

お風呂で正座するだけダイエットはズボラな人におすすめ!

ゆっくりバスタイムを楽しむのはよいことですが、現代人は忙しい、入浴に時間をかけられない人にはこの方法をおすすめします。

お風呂で正座するだけダイエットのやり方

身体の筋肉の半分以上が下半身に集中していて、そのなかでも血液を循環させるポンプ役を担っているのがふくらはぎです。ふくらはぎを刺激して血流をよくすれば体中の血行が促進され効率よく老廃物を排出できます。

 バスタブ内で正座(1分程度)
 足を崩して休憩

両手でバスタブのふちをつかんで転倒しないよう気をつけながら正座し1分程度姿勢をキープします。足を崩し1分程度休憩、この作業を5セット繰り返すだけです。

お風呂ダイエットではグッズを使うのもあり!

お風呂ダイエットをより楽しくするために、またモチベーションアップのために活用できるのがお風呂グッズです。

お風呂ダイエットではグッズを使うのもあり!

  • 入浴剤
  • マッサージアイテム

発汗促進を目的とした入浴剤やバスソルト、またお好みの香りの入浴剤をお風呂ダイエットに用いましょう。お肌に優しいシリコーンやへちまなどでマッサージするのもよいですね。ダイエットグッズとしてサウナスーツやフェイスマスクも販売されていますが、脱水症をおこす可能性があるためおすすめしません。

最後に

今回はお風呂ダイエットのやり方や効果についてご紹介しました。いかがでしたか?入浴という当たり前の行動でダイエットができるなら試す価値は大いにあります。スリムな人はこのような行動を無意識にルーティーン化しています。ダイエットは継続することが大事というです。

関連記事

収れん化粧水って何?効果や使い方、ふき取り化粧水との違いも...

天使の輪は美髪の証拠?!髪の毛に天使の輪を作る方法...

水を飲むメリットと一日の水分摂取量【管理栄養士監修】...

好きな人が結婚!?気持ちを整理して失恋から立ち直る方法3選...

付き合う前の遊園地デートを成功させるポイント5つ!気になる男性をキュン...