アロマテラピーとは?エッセンシャルオイルの使い方は?初心者におすすめアロマテラピーの基本

アロマテラピーとは?エッセンシャルオイルの使い方は?初心者におすすめアロマテラピーの基本

アロマ寺ピーと聞くとどんなイメージが湧きますか?おしゃれな雑貨屋さんに入ると、ふわぁっと香ってくるアロマの良い匂い。気持ちも安らいで、とてもいい気分になりますよね。でも、アロマテラピーって何?アロマテラピーのやり方が分からないし、自宅でするのはちょっとハードルが高い、めんどくさそうだなと思ったりしませんか?あるいは、すでに自宅でアロマを使われている方も、何となく時おり香らせているだけ、なんて人も多いのではないでしょうか?今回は、今までアロマテラピーのやり方を知らなかった、自宅でアロマテラピーはやったことがないという方や、アロマを焚いたりしているけれど何となく香らせているだけいう方に、アロマテラピーの基本をご説明させて頂きたいと思います。また、初心者におすすめアロマテラピーやアロマテラピーには欠かせないエッセンシャルオイルの実用的な使い方についてご紹介します。

アロマテラピーとは?アロマテラピーの意味と効果について

そもそもアロマテラピーとは、どういう意味なのでしょうか?
アロマテラピー(あるいはアロマセラピー)とは、日本語では芳香療法という自然療法のことです。

アロマテラピーには、主に2つの効果があります。
アロマテラピーの効果1つ目は、香りを嗅ぐこと「芳香浴」です。
良い香りはそれだけで、リラックス効果を得られたりしますよね。心理的な効果が高いアロマテラピーのやり方です。

アロマテラピーの効果2つ目は、皮膚からの吸収です。
いわゆるアロマトリートメントメントが皮膚からの吸収にあたります。
香りだけではなく、皮膚に塗布することで、皮膚からアロマオイルの成分が吸収されて、身体に良いさまざまな効果を得ることができるのです。
身体的な効果が高いアロマテラピーのやり方です。

このように、香りを嗅いだり、皮膚からエッセンシャルオイルを吸収することで、からだや心の不調を正す効果を期待できるのがアロマテラピーです。
ただし、使用するエッセンシャルオイルについては注意が必要です。
次はアロマテラピーに欠かせないエッセンシャルオイルについてご説明します。

アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルについて

一般的にアロマテラピーで使用するためアロマオイルと言われることの多いですが、「精油」「エッセンシャルオイル」が正しい名称です。
エッセンシャルオイル(精油)をアロマテラピーで使用する際には、十分な注意が必要です。

エステやマッサージなど、アロマトリートメントで使用されるエッセンシャルオイルは、雑貨屋などで販売されているエッセンシャルオイルやアロマオイルとは実は違うものです。
エッセンシャルオイル(精油)は、植物の花や葉っぱ、果の皮、樹の皮や根っこ、種、樹脂などからエッセンスを抽出して作られています。

安価で販売されているエッセンシャルオイル(精油)は、そのエッセンスにアルコールなどを添加して必要以上に薄めたり、あるいは合成した香りを加えていたりしています。
その為、香りを嗅ぐだけならなんら影響はありませんが、基本的に肌に塗布したりはできません。
また、そのように合成された香りを嗅ぐことで得られるリラックス効果についても、さだかではありません。
ですから、初心者がアロマテラピーを始めるときは、必ずきちんとしたエッセンシャルオイルを購入することをおすすめします。
生活の木などの専門店などで店員さんに確認してから購入するのがおすすめです。

これからご紹介するアロマテラピーのやり方、エッセンシャルオイルの使い方についても、きちんとしたエッセンシャルオイルを使用することを前提にしています。

初心者にもおすすめ簡単なアロマテラピーのやり方【芳香浴】

まずは、自宅でお手軽に簡単に出来るアロマテラピーのやり方です。

まずはご自分の好きな香りを探してみてください。
効能でエッセンシャルオイルを探すのならば、リラックスしたいときは、ラベンダーやカモミールなど。
またちょっと元気な気持ちになりたいなって言うときは、レモンやオレンジなどの柑橘系、女性らしい柔らかい気持ちになりたければローズやゼラニウム、頭をスッキリさせたいときにはペパーミントもおすすめです。
効果や効能を気にせず、エッセンシャルオイルの香りを嗅いだときの直感で、アロマテラピーに使用するオイルを選ぶのも良いと思います。

そうやって、選んだエッセンシャルオイルをティッシュペーパーに垂らします。
それだけです。
一人で香りを楽しむのならば、ティッシュペーパーに垂らすだけで、十分です。

ティッシュペーパーはちょっとビジュアル的にも…と言う方は、陶器で出来ている専用の石のようなものを購入するのが良いと思います。
それなら電源も要らず、持ち運びも楽ですし、とても安価に手に入ります。
あるいは、お風呂に入る際に、お湯を張った手桶などに少しだけオイルを垂らすのもおすすめです。
そうすると、浴室内に香りが広がり、さらにリラックス効果を期待できます。
また、これから活躍する加湿器。
加湿器の水にエッセンシャルオイルを垂らす方法もあります。
ただしこれは、加湿器自体がエッセンシャルオイルを入れることの出来る機械であるかどうかを事前に確認してください。

実用的なエッセンシャルオイルの使い方とおすすめエッセンシャルオイル(精油)

少しだけ実用的なアロマテラピーのやり方です。
ここでは、皮膚にエッセンシャルオイル(精油)を塗布したりもします。塗布する際は、必ずキャリアオイルで希釈してください。
キャリアオイルとは、アロマセラピーにおいて、主にエッセンシャルオイル(精油)を希釈するための植物油である。

おすすめエッセンシャルオイル(精油)①ユーカリ

おすすめのエッセンシャルオイルは、ユーカリです。
我が家では、ユーカリのエッセンシャルオイル(精油)をアルコールで溶かし、さらにそれを精製水で希釈したものを虫除けスプレーとして使用しています。
また、風邪を引いて咳や鼻が詰まって辛いとき、エッセンシャルオイル(精油)をキャリアオイルで希釈したものを胸元に塗ったり、枕元にオイルを垂らしたものを置いておくと、すーっと鼻が通ったり、胸が少し楽になったりします。

おすすめエッセンシャルオイル(精油)②ティーツリー

もう1つおすすめなのが、ティーツリーです。強力な抗菌力があるティーツリーはアロマテラピーでは欠かせないエッセンシャルオイル(精油)でしょう。
こちらは風邪の予防に我が家では使用しています。
風邪の時期に部屋の中で香らせたり、人混みに出掛けるときに薫りを身にまとったり、坪がたくさんある足の裏に塗ってから出掛けたりしています。

最後に

いかがでしたか?今回はアロマテラピーの基本、初心者におすすめのアロマテラピーのやり方、エッセンシャルオイル(精油)の選び方や使い方についてご説明しました。
今回の記事を読んで、アロマテラピーのハードルは下がったでしょうか?さらに実用的な使い方も知ってもらうことで、やってみようかなと思ってもらえたら、嬉しいです。
良かったら、一度アロマの専門店に足を運んで、色々と見てみてください。

関連記事

天気・天体にまつわるジンクスとおまじない10個...

家事えもん流♪セスキを使った掃除法を試してみました!...

バッグやポーチのワンポイントに☆フェルトワッペンの作り方...

彼氏と喧嘩した!絶対に謝らない彼氏の心理と彼氏に謝らせる方法...

ウッドボックスで簡単☆サイドテーブルをDIY...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る


ABOUTこの記事をかいた人

ちゅらら

里山の農家に嫁いで、二人の子供を育てています。文章を書くのが大好きで、自分の気になることやお勧めの物を皆さんにお伝えしてきたいです。