2022年上半期(1)【辛口オネエ】新しい生活様式・リベラルへの反発と保守派の巻き返し

2022年上半期(1)★新しい生活様式・リベラルへの反発と保守派の巻き返し

2022年の世の中はこちら↓
辛口オネエの2022年占い一覧

ここからは2022年上半期の話。

■巻き起こる2021年までの変化への反発

2021年はもう聞き飽きた『新しい生活様式』が何度もあらゆる場所で推奨されて、人と人との繋がりがまず物理的に希薄になって、それが直接であれ遠因であれ人の心にも影を落としてきた。世界では『地球環境のため』『持続可能な生活』なんていう大義名分のもとに、これまでの人間社会の消費や生産活動に大きく影響する世界的なルール、制約ができた。

ほかにも具体例を挙げればキリがないけど、そんな世界の変化、時代の流れは星の動きを鑑みれば『いかにも木星土星が水瓶座にある時代』的ではあるのよね。LGBTQ+の権利拡充や配慮も政策から一般企業の取り組みから、もっと前から少しずつ準備が進められてきたとはいえ、やっぱり木星が水瓶座入りしていた期間に注目を浴びるようになってきた。通勤せずテレワークで、テレビ会議で進められる仕事は進めるようになって、飲食店は営業を制限されて、「飲みニケーション」なんて過去の遺物になった。

水瓶座は多様性、ダイバーシティを象徴する星座であると共に、個々の個性や独立性を尊重する。ただ、人類の誰もが例外なく「誰かと直接合わなくても、まったく寂しくない」と感じるなら、水瓶座的な独立性、物理的な接触がなくても社会参加している意識を失わずにいられるならいいんだけど、現実はそうじゃない。

だから「友達と机を並べて学びたい。恋人とは会って直接手を繋ぎたい。上司と向き合って相談したい。仕事仲間でも飲み食いしながら話したほうが心が通じて仕事もうまくいく」みたいな人達にとっては、新型コロナ騒動を発端として世界が不可逆に変化してしまうことは受け入れがたいはずだった。

2022年上半期(1)【辛口オネエ】新しい生活様式・リベラルへの反発と保守派の巻き返し
でも木星が魚座入りすると、そんな人と人との繋がりが希薄になる流れがあったからこそ「人間性を取り戻そう」「繋がろう」「私達はバラバラに存在するのではなく、本来は同じ人間、一つなんだ」・・・って。それはそれでまた弊害も多いんだけど、人間的な感情を優先する動きが出てくるのよね。

続きは次のページ▶︎

関連記事

2022年上半期の『全体運テーマ』12星座セット☆先行配信中【辛口オネ...

【辛口オネエ】2022年の天体逆行スケジュール【西洋占星術】...

2022年4月のボイドタイム一覧【辛口オネエの4月スペシャル】新年度だ...

2022年上半期の新月・満月一覧(時刻・星座付き)【辛口オネエの西洋占...

2022年の世の中(1)【辛口オネエ】木星は魚座と牡羊座を行き来ほか影...