2038年大預言(2)【辛口オネエ】2024年11月『冥王星水瓶座時代』本格スタートまでの世の中

2038年大預言(2)2024年11月『冥王星水瓶座時代』本格スタートまでの世の中

★2038年大預言シリーズ

(1)2038年問題って?星回りも観てみたけど
(2)2024年11月『冥王星水瓶座時代』本格スタートまでの世の中☆こちらの記事
(3)未定

↓こちらから
辛口オネエの預言バックナンバー

**. **. **. **. **. **. **.

■AI・アンドロイドの進化とこれからの星回りと

アンドロイド

今回は前置きなしでタイトルの件、本題ね。SF映画なんかではすでにアンドロイドやAIがあらゆる仕事を人間の代わりに行ってて、その恩恵を受けて悠々と暮らしている富裕層もいれば、かつての仕事をアンドロイドに奪われた貧困層もいたりして。

辛口オネエの貧困地帯

二極分化社会になってるような話がアタシの知る限りだと多いんだけど。

2019年現在でも、まだ完全に人間の代わりを務めるのは難しいみたいだけど、すでに病気の診断やら投資判断やら仕事マッチングサイトでの仕事の判定やら、いろんなところでAIが導入されてきてるわよね。

この数年で「◯年後にAIに奪われる仕事・生き残る仕事」みたいな雑誌の記事はよく見かけるようになったけど、正確性が要求される定型的な仕事はもうすでにAIうんぬん以前に「自動化」されてるし。

自動化とキャッシュレス化はもうどんどん進んで、あとはそれこそ映画レベルの天変地異で電気が年単位でまったく使えなくなるとかがない限りは(数日、数週間レベルだとあるかもだけど。それはまた後の記事で)2038年時点では本当に2019年時点で存在する人間の「仕事」はかなり減ってると思うのね。

でも、SFのような未来になるまではもちろん段階がある。だから、ターニングポイントがいつになるかしらってことで、めちゃめちゃざっくりこれから2038年までの天王星以遠の動きと世の中の変化を占ってみたわ。

関連記事

世代別【辛口オネエ】2038年大預言(5)冥王星乙女座世代(1957年...

2038年大預言(6)【辛口オネエ】冥王星天秤座世代(1972年-19...

2038年大預言(1)【辛口オネエ】すでに問題じゃないけど一応2038...

2038年大預言(7)【辛口オネエ】冥王星蠍座世代(1983年-199...

2038年大預言(4)【辛口オネエ】ドリーマーを笑うな。人間全員『職業...