キッズスペースDIY④マットレスとカラボでボールプールをDIY

今回は滑り台の次に楽しみと言っていたボールプールを、押入れの中に作ってみました!
本来であればホームセンターで木材を購入して作りたかったのですが、様々な事情から断念。
ネットで安く手に入れても送料が高くついてしまいます。

そこで目に入ったのが、破棄予定だったカラーボックス!
そして買い替える前まで使用していたベッドマットレス。
これらをカットしてボールプールにリメイクします〜♪

ボールプールをDIY①カラーボックスをカットする


まず、不要になったカラーボックスの側面の板をカットします。破棄する予定だったカラーボックスの板は全部で7枚。
このカラーボックスの板がボールプールのベースとなります。

①59cm→カットなし
②59cm→48.0cm
③71.8cm→40.0cm
④71.8cm→40.0cm
⑤107cm→カットなし
⑥107cm→80.0cm
⑦107cm→104.6cm

長方形のボールプールでも良かったのですが、今回は滑り台を滑るときに座れるスペースを確保したかったので、テトリスのような形のボールプールを作ります。

ボールプールをDIY②カラーボックスを組み立てる


カラーボックスを組み立てていきます。左から、①→③→②→④のカットしたカラーボックスを階段になるように組み立てていきます。


⑤と⑥も組み合わせて形にしたら、⑦を底にはめてボールプールの枠を固定するようにビス留めします。


一度押入れの中に置いて確認してみましょう。


カラーボックスにリメイクシートを貼っていきます。
今回使用したリメイクシートはセリアのものです。
使用枚数は2.5枚ほどで、見えるところだけに貼りました。

ボールプールをDIY③マットレスをカットする


カラーボックスだけでは角が痛いので、買い替え時に不要になったマットレスを使って保護していきます。


マットレスのカバーから中に入っているマットレスを取り出しました。
防ダニスプレーをして、1日〜2日ほど風通しの良い場所に置いて乾燥させておきました。


ベースとなるカラーボックスの内寸を測り、マットレスをカットしていきます。
マットレスは定期的に防ダニスプレーや消臭スプレーをかけるなどして手入れするため、カラーボックスにはめ込んだ時にぎゅうぎゅうになるくらいのサイズ感でカットした方が◎。

底に敷くマットレスはそのままの厚さ、そのほかは9cmでは厚いので、半分の4.5cmになるようスライスしています。
マットレスのカットはカッターよりも包丁がおすすめです!
実家に古い包丁があったので、それでマットレスをカットしました♪

ボールプールをDIY④マットレスをはめ込んだら完成!


カラーボックスで作ったボールプールのベースに、カットしたマットレスをはめ込んだら完成です!
今回購入したボールプール用のカラーボールは、直径が約7cmと通常よりも大きめのもの↓

【楽天市場】室内遊具 直径7cmの大型サイズ♪ カラフルボール150球セット | カラーボール おもちゃ 室内用 子供 遊具 カラー カラフル ボール ボールプール ボールプール用ボール キッズ 男の子 女の子 3歳 誕生日プレゼント キッズコーナー キッズスペース キッズルーム 幼児:スーパーマーケットオンライン

150個入りのカラーボールを購入したのですが、このボールプールにちょうど良いくらいです。

ボールプールは思いっきり遊べるのでおすすめ!

片付けが大変そう、手入れが大変そう、といったイメージからボールプールの設置は気が進みませんでしたが、実際に置いてみると子供が大はしゃぎ!
投げ散らかすだけと思い込んでいたのですが、マットレスの消毒やカラーボールを拭く作業も一緒になってやってくれます。

ぬいぐるみを持ち込んで遊んだり、滑り台からボールを転がして拾いに行って戻ったり。
今後は空きスペースにボール転がしや段ボールのショベルカー等を作って設置する予定です♪

部屋の中に置いてしまうと場所を取りがちなボールプールも、押入れの中に作ってしまえば省スペースで済みますよ〜!
気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

絵本も雑誌も収納できる!100均の「すのこ」で作るベッドヘッドボード...

生後1ヶ月の赤ちゃん!新生児が生後1ヶ月で出来ること・やること...

丁寧な暮らしを。シンプルに生きるための暮らしのヒント10...

雨の日や暑い日のおうち遊びにも(1)段ボールで水族館を作ろう!...

【ニトリの衣装ケースが超優秀って知ってた?】使った感想をレポ☆...

Pocket
LINEで送る