【ここに気をつけよう!】婚活サイトに載せる写真のポイント

婚活サイトに写真を記載することについて、以前何回か記事に取り上げました。

これらを読んで実際に写真を掲載してみようかな?と考えた方に、今回はどんな写真が婚活に向いているのかご紹介します。

婚活で写真を使う場面は婚活サイトだけではありません。
婚活アプリでも写真を掲載することが出来ますし、結婚相談所では写真の掲載は絶対です。
必ず載せることになります。

出会う前の写真一枚で印象が決まることもあり、掲載する際はどんな写真を使うか慎重に決めたいところです。

紹介するポイントは私が結婚相談所を利用していたとき、実際に注意を受けたポイントでもあるので参考にしてみてくださいね。

背景は風景がベスト?

まずは写真を撮る場所を決めましょう。
あらかじめ撮影済みの写真からどれを使うか選ぶ場合は、背景に注目してみてくださいね。

婚活に使う写真の背景は出来れば、自然の景色がベストです。
それも夜や夕方ではなく、太陽が出ている昼間に撮られた写真だと更にGood。
これは、自然光の下で撮った写真が一番自然に見えて、なおかつ明るく映っているからです。

蛍光灯の下で撮った写真はなんとなく暗く感じませんか?
そのため、写真加工アプリなどで修正する方もいらっしゃると思います。

しかし、加工すると自分のもとの姿からかけ離れていく危険性も…。
そうすると写真とは違う!と引かれてしまいます。

写真を撮影する際は自然の景色(公園や山など)をバッグに、晴れた日に撮ってみましょう。

笑顔で撮影を

第一印象を良くしようと思ったら、対面でも写真でも「笑顔」が大事です。
仏頂面や怒った顔、澄ました顔などキメ顔はなかなか好印象に繋がりません。
婚活サイトでは写真に笑っている顔を採用している方が多いです。

しかし、その笑顔が失敗していることもあります。

自分で写真を撮る場合、笑顔で撮ろうとしたら顔を作ることが多いでしょう。
鏡の前で「はい、笑顔!」と言われたら、どんな顔を作りますか?
おそらくは口を閉じたまま、口角を上げて笑顔を作ると思います。

これだと、ちょっと笑顔には遠いです。
澄ました笑顔を写真に撮って、自分ではいい笑顔が採れたと思っても、他の人から見たら「澄ましちゃって」と思われるかも。

カメラを意識していないとき、友達と楽しそうにしている瞬間の自分の笑顔の写真を見てみてください。
たぶん、カッと目が見開いていることはないでしょうし、口は開いていると思います。
楽しそうな、好印象の笑顔とはそういうものです。

自撮りだとなかなか難しい笑顔なのですが、そんな感じの笑顔に一度チャレンジしてみてくださいね。

他の人に撮ってもらう

婚活で使う写真の一番のポイント、それは他の人に撮ってもらうことです。

意外と他人の目はシビアです。
自分ではいい感じに撮れたと思っても、人から見ると「いや、このポイントが良くない」と言われることがあります。

他の人から好印象を持たれるための写真です。
第三者の意見を取り入れるためにも、自撮りではなく、誰かに撮ってもらうのが一番良い方法でしょう。

そうすると、自然と笑顔も出てきます。
外で写真を撮っていても、一人ではないので恥ずかしくありません。

協力してくれる友人がいるなら、応援要請を出してみてください。
もちろん、結婚相談所のお見合いで使うような写真はプロに頼むのが一番です。

Pocket
LINEで送る