大好きな彼との将来のために「妥協」すべき5つのこと

せっかく縁あって巡り合った恋人同士なのに、ちょっとしたことがきっかけでケンカをしてしまったり、険悪ムードになってしまったり。どれだけ仲のいいカップルにも当てはまることですが、お互いの頑固な部分が表面化してくると「私は悪くない、あいつが悪い」「いやいや、あなたが悪いんでしょう」と、譲れなくなってしまうこともしばしば。けれど、せっかく縁あって巡り合った2人ならば、将来のために「妥協」した方がいいこともあるのではないでしょうか。もしくは、「妥協」することによって恋人との関係が以前よりもよい方向へと向かうことだってあるのかもしれません。

そこで今回は、大好きな彼との将来のために「妥協」すべき5つのことをシェアします。

1:恋人同士のけんかに「善悪」はいらない

大きなケンカの最中や言い争いがエスカレートしてくると、「私の言っていることが絶対正しい、あなたの考え方が絶対に間違っている!」という二元論に走ってしまいがち。けれど、恋愛において“善悪”の基準を持ち込み始めてしまうと、どれだけ小さなケンカであったとしても2人の関係がこじれやすくなってしまう可能性があります。

本来、ケンカといえば「どちらかが正しい、そしてもう一方は間違っている」という絶対的な正しさを求めるものではありません。食い違った意見や考えを通じて、「どうすればお互いが心地よく付き合うことができるのか」を探ること。

だからこそ、お互いに納得できる妥協点を探り合うべきではないでしょうか。つい感情的になってしまうことは、誰にだってあること。けれど、自分の主張にこだわるだけではなく、相手の言い分にも耳を傾けられるだけの冷静さと柔軟さを持ち合わせたいところです。

 

2:過去のトピックスを掘り返さない


「前は、私が妥協してあげたんだから、今回は私の言うことを聞いてくれてもいいんじゃない?」

ケンカや言い争いをしていると、「あの時は」「前回は」などと、過去の話を掘り返してしまうことがあるかもしれません。けれど、過ぎ去ってしまったことをあれこれ返してみたところで、何か解決することはあるのでしょうか。少なくとも私は、過去のことを掘り返すようなケンカに価値はないと考えます。

2人で話し合い(もしくはケンカ)をしている時は、いま問題となっていることだけにフォーカスオンしましょう。過去のトピックスを持ち出し始めてしまうと、何について揉めているのかがブレてしまいますし、「こんなはずじゃなかった」という取り返しのつかない事態を防ぐことができます。

3:意地は張り続けるほど「ブス」になる

意見が食い違った状態が続いてくると、何だか自分が妥協するのがバカバカしく感じられる瞬間があるかもしれません。けれど、そんな時ほど少しだけ深呼吸をしてクールダウンしてみる必要があります。

そう、少しクールダウンしてみると、意外と自分が意地を張っていることって「大したことない」という場合も多々あるもの。

それに、すべてのことにおいて100点満点望むことは正直なところ、非現実的な部分もあるのではないでしょうか。あなたが目をつむっている部分もあれば、彼のほうが目をつむってくれていることだってあるはずです。

時には、「こうした方がいいよ」「ここだけは許せない」というべき瞬間はあるはずです。けれど、目をつむってスルーできそうなことはスルーする。そして、それ以外の楽しいことや彼の尊敬できる部分にフォーカスオンした方が何十倍も幸せではないでしょうか。

意地は、張り続ければ張り続けるほど「ブス」になってしまうので注意が必要です。

Pocket
LINEで送る